毎年4月1日付の人事異動等に関する最高裁判所裁判官会議

Pocket

1(1) 毎年4月1日付の人事異動等については,毎年3月の第1水曜日に開催される最高裁判所裁判官会議で決定されています。
   その時期の裁判官会議では,①裁判官の退官等,②裁判官の新規任命等,③裁判官の再任等(要審議者名簿登載の者に関する審議を含む。),④判事の転補等,⑤判事補の転補等,⑥簡易裁判所判事の転補等,⑦裁判官の民間企業長期研修及び日本銀行研修,並びに⑧裁判官の特別研究が決定されています。
(2) 転補等は人事異動のことであり,転勤を伴うかどうかを問いません。
(3) ①ないし⑥の裁判官人事は,官報に掲載されます。

2 毎年度の裁判官の人事異動(平成30年3月までの議事録別紙につき,「裁判官会議付議人事関係事項」の1頁目及び2頁目以外は省略)
(1) 平成25年度の裁判官の人事異動
・ 平成25年3月6日の最高裁判所裁判官会議で原案どおり決定されており,①自動車運転による死傷事犯の罰則の整備に関する法制審議会刑事法部会の議決報告,及び②札幌高等裁判所長官の補職等の議題とあわせて,午前10時30分に開始し,午前11時22分に終了しました(平成25年3月6日の最高裁判所裁判官会議議事録本文)。
(2) 平成26年度の裁判官の人事異動
・ 平成26年3月5日の最高裁判所裁判官会議で原案どおり決定されており,他に議題がないこともあって,午前10時30分に開始し,午前11時3分に終了しました(
平成26年3月5日の最高裁判所裁判官会議議事録本文)。
(3) 平成27年度の裁判官の人事異動
・ 平成27年3月4日の最高裁判所裁判官会議で原案どおり決定されており,①情報公開等の苦情申出制度の整備等,②最高裁判所事務総局分課規程の一部を改正する規程,③相続に関する規律の見直しについての法制審議会への諮問,④水戸地方裁判所長の補職等の議題とあわせて,午前10時30分に開始し,午前11時53分に終了しました(平成27年3月4日の最高裁判所裁判官会議議事録本文)。
(4)   平成28年度の裁判官の人事異動
・ 平成28年3月2日の最高裁判所裁判官会議で原案どおり決定されており,①最高裁判所行政不服審査委員会規則の制定等,②最高裁判所事務総局分課規程の改正,③裁判所の人事行政事務の実情,④裁判所職員総合研修所入所試験規程の運用,⑤東京高裁長官の補職等の議題とあわせて,午前10時30分に開始し,午前11時50分に終了しました(平成28年3月2日の最高裁判所裁判官会議議事録本文)。
(5) 平成29年度の裁判官の人事異動
・   平成29年3月1日の最高裁判所裁判官会議で原案通り決定されており,①司法研修所規程の一部を改正する規程の制定,②最高裁判所事務総局分課規程の一部を改正する規程,③新裁判官の配置(戸倉三郎最高裁判所判事),④下級裁判所裁判官指名諮問委員会の答申等の課題とあわせて,午前10時30分に開始し,午前11時16分に終了しました(平成29年3月1日の最高裁判所裁判官会議議事録本文)。
(6) 平成30年度の裁判官の人事異動
・ 平成30年3月7日の最高裁判所裁判官会議で原案どおり決定されており,他に議題がないこともあって,午後2時00分に開始し,午後2時21分に終了しました(平成30年3月7日の最高裁判所裁判官会議議事録本文)。
(7) 平成31年度の裁判官の人事異動
・ 平成31年3月6日の最高裁判所裁判官会議で原案どおり決定されており,他に議題がないこともあって,午前10時30分に開始し,午前10時53分に終了しました。

3(1) 裁判官の人事異動が最高裁判所裁判官会議で決定された毎年3月の第1水曜日以降であれば,裁判官は自分の人事異動を対外的に公表できることとなります。
   そのため,3月の第1水曜日から3月末日までの間に裁判期日がある場合,人事異動により転勤する予定の担当裁判官から,4月以降は別の裁判官が担当する予定であると告げられることが多いです。
(2) 転勤してきた裁判官が新たな担当裁判官となった場合,前任者から引き継いだ事件記録を一通り読み込む必要がありますから,4月中は裁判期日が入りにくいです。

4 定年退官に伴う玉突き人事については,発令日から約4週間前の水曜日の最高裁判所裁判官会議で決定されていることが多いですが,約2週間前の水曜日に決定されていることもあります。

5 以下の記事も参照してください。
① 最高裁判所裁判官会議
② 最高裁判所裁判官会議の議事録