その他の裁判官人事

職務代行裁判官

1 最高裁判所が命ずる職務代行裁判官
(1) 最高裁判所は,高等裁判所レベルでの職務代行裁判官の発令だけでは差し迫った必要を満たすことができない場合,自ら職務代行裁判官を命ずることができます(裁判所法19条2項及び28条2項並びに31条の5)。
(2) 最高裁判所が命ずる職務代行裁判官の詳細については,最高裁判所の命ずる裁判官の職務代行について(昭和25年12月28日付の最高裁判所事務総長依命通達)に書いてあります。

2 高等裁判所が命ずる職務代行裁判官
(1) 高等裁判所は,管内の地家裁判事に対し,高裁判事の職務代行を命じたり(裁判所法19条1項),他の地家裁判事の職務代行を命じたりできます(裁判所法28条1項・31条の5)。
(2) 高等裁判所が裁判官の職務代行を命じたり,免じたりしたときは,その旨を最高裁判所に報告する必要があります(「高等裁判所が命ずる裁判官の職務代行の報告について」(昭和60年11月27日付の最高裁判所人事局長の通達)参照)。
(3)   実例として,樋口英明名古屋家庭裁判所部総括裁判官は,平成27年4月1日,名古屋高等裁判所から福井地方裁判所判事職務代行を命ぜられた上で,同月14日,高浜原発再稼働差し止めの仮処分決定を出しました。

裁判官人事の辞令書

1(1) 以下の辞令書には,年月日が記入され,最高裁判所と記載されます(裁判所公文方式規則(昭和22年9月19日最高裁判所規則第1号)5条)。
① 下級裁判所の裁判官の補職
② 支部に勤務する裁判官の指名
③ 簡易裁判所の司法行政事務を掌理する裁判官の指名
④ 特例判事補の指名
⑤ 部総括裁判官の指名
⑥ 下級裁判所の裁判官の報酬
(2) 裁判官人事の辞令書の例として,平成28年3月18日付の辞令書(大阪地裁所長等の玉突き人事)を掲載しています。

2 裁判所における人事の辞令には,「任命する」,「補する」,「充てる」,「命ずる」といった言葉が使用されています。
しかし,「任命する」,「補する」,「充てる」,「命ずる」の違いが分かる文書は,最高裁判所には存在しません(平成28年度(最情)答申第17号(平成28年6月28日答申))。


裁判官の種類

1 裁判官の種類は以下のとおりです(裁判所法5条)。
①   最高裁判所長官(1人)
・   内閣の指名に基づき,天皇が任命します(憲法6条2項,裁判所法39条1項)。
②   最高裁判所判事(14人)
・   内閣が任命し,天皇が認証します(憲法79条1項,裁判所法39条2項及び3項)。
③   高等裁判所長官(8人)
・   最高裁判所の指名した者の名簿によって,内閣が任命し,天皇が認証します(憲法80条1項本文前段,裁判所法40条1項及び2項)。
④   判事
・   最高裁判所の指名した者の名簿によって,内閣が任命します(憲法80条1項本文前段,裁判所法40条1項)。
   通常は,判事補を10年経験した者の中から任命されます(裁判所法42条1項1号参照)。
⑤   判事補
・   最高裁判所の指名した者の名簿によって,内閣が任命しますところ(憲法80条1項本文前段,裁判所法40条1項),司法修習生の修習を終えた者の中から任命されます(裁判所法43条)。
・ 判事補新任日から5年が経過した時点で,判事補としての職権の制限を受けない特例判事補に指名されます(判事補の職権の特例等に関する法律1条)。
⑥   簡易裁判所判事
・   最高裁判所の指名した者の名簿によって,内閣が任命します(憲法80条1項本文前段,裁判所法40条1項)。
・ 通常は,(a)判事補を3年経験した者,及び(b)簡易裁判所判事選考委員会の選考を経た裁判所書記官(裁判所法45条,簡易裁判所判事選考規則(昭和22年9月19日最高裁判所規則第2号)参照)が任命されます(「簡易裁判所判事の採用選考に関する国会答弁」参照)。
2(1)ア 任官時からずっと判事補のままだった裁判官の場合,判事補新任日から10年で任期が満了します。
   これに対して,行政機関等に出向したり(身分上は検事です。),弁護士職務経験をしたり(身分上は弁護士です。)した後に判事補に復帰した裁判官の場合,復帰したときから10年間が判事補の任期になりますから,判事補新任日から10年で任期が満了するわけではないです。
   しかし,判事補,検事及び弁護士の経験期間の合計が10年であっても判事就任資格があります(裁判所法42条1項)。
   そのため,判事になるタイミングは同じになります。
イ 衆議院法制局参事をしていた人の場合,同期と同じタイミングで判事になります(判事補の職権の特例等に関する法律3条の3・裁判所法42条2項)。
(2) 在外公館又は預金保険機構に出向している場合,検事の身分すらありません(在外公館への出向の場合,35期の今崎幸彦裁判官のように例外的に検事の身分を有することがあります。)から,出向期間の分だけ判事就任資格の獲得が遅れます。
3  裁判官の具体的な配属先は,最高裁判所によって定められ(裁判所法47条参照),これを「補職」といいます。

下級裁判所裁判官指名諮問委員会で再任不適当とされた裁判官の数の推移

1(1)  下級裁判所裁判官指名諮問委員会は,平成15年5月1日施行の下級裁判所裁判官指名諮問委員会規則に基づき,最高裁判所に設置されている委員会であり,再任を希望する裁判官の再任が適当かどうか等について,最高裁判所に対して答申をしています。
   詳細については,「裁判官の職務に対する苦情申告方法」を参照してください。
(2) 日弁連HPの「裁判官制度改革」に,下級裁判所裁判官指名諮問委員会のことが書いてあります。

(1)ア 最高裁判所勤務の裁判官の再任等については,「裁判官の再任等に関する事務について」(平成16年6月17日付の最高裁判所事務総局人事局長の通達)に基づいて運用されています。
イ 下級裁判所勤務の裁判官の再任等については,「裁判官の再任等に関する事務について」(平成16年6月17日付の最高裁判所事務総局人事局長の通達)に基づいて運用されています。
(2) 以下の記事も参照してください。
① 下級裁判所裁判官指名諮問委員会委員名簿
② 平成20年度以降,任期終了により退官した裁判官の一覧
③ 裁判官の一斉採用年月日,及び再任の予定年月日
④ 裁判官の退官情報

3  下級裁判所裁判官指名諮問委員会で再任不適当とされた裁判官の数の推移は,以下のとおりです。
   同委員会で再任不適当とされた裁判官は,再任願いを取り下げたか,又は最高裁判所による再任拒否の対象になったと思われます。
(1) 判事再任(任官21年目又は31年目)及び判事新任(任官11年目)の場合(内訳は不明)
ア 平成16年4月における36期等の再任及び46期の新任181人中 6人が不適当(平成15年12月2日の議事要旨3頁)
イ 平成17年4月における37期等の再任及び47期の新任179人中 4人が不適当(平成16年12月3日の議事要旨3頁)
ウ 平成18年4月における38期等の再任及び48期の新任189人中 4人が不適当(平成17年12月9日の議事要旨3頁及び4頁)
→ このとき,48期の井上薫横浜地裁判事が再任拒否されました(外部ブログの「裁判官4人再任拒否」参照)。
エ 平成19年4月における39期等の再任及び49期の新任193人中 4人が不適当(平成18年12月8日の議事要旨4頁)
オ 平成20年4月における40期等の再任及び50期の新任205人中 3人が不適当(平成19年12月7日の議事要旨3頁)
カ 平成21年4月における41期等の再任及び51期の新任166人中 4人が不適当(平成20年12月5日の議事要旨2頁及び3頁)
キ 平成22年4月における42期等の再任及び52期の新任189人中 3人が不適当(平成21年12月1日の議事要旨3頁)

(2) 判事新任(任官11年目)の場合
ア 平成22年10月における53期の新任 75人中 0人が不適当(平成22年7月2日の議事要旨3頁)
イ 平成23年10月における54期の新任 97人中 2人が不適当(平成23年7月8日の議事要旨3頁)
ウ 平成24年10月における55期の新任 90人中 2人が不適当(平成24年7月5日の議事要旨3頁)
エ 平成25年10月における56期の新任 94人中 1人が不適当(平成25年7月8日の議事要旨3頁)
オ 平成26年10月における57期の新任102人中 1人が不適当(平成26年6月27日の議事要旨3頁)
カ 平成27年10月における58期の新任107人中 0人が不適当(平成27年7月3日の議事要旨3頁)
キ 平成28年10月における59期の新任104人中 0人が不適当(平成28年7月6日の議事要旨3頁)
ク 平成29年 9月における現行60期(任官時52人)を含む69人中 0人が不適当(平成29年7月7日の議事要旨3頁)
コ 平成30年 9月における現行61期(任官時24人)を含む71人中 0人が不適当(平成30年7月6日の議事要旨3頁)

(3) 判事再任(任官21年目又は31年目)の場合
ア 平成23年4月における43期等の再任及び判事新任116人中 3人が不適当(平成22年12月3日の議事要旨3頁)
イ 平成24年4月における44期等の再任及び判事新任101人中 2人が不適当(平成23年12月2日の議事要旨3頁)
ウ 平成25年4月における45期等の再任及び判事新任117人中 4人が不適当(平成24年12月10日の議事要旨3頁)
エ 平成26年4月における46期等の再任及び判事新任122人中 2人が不適当(平成25年12月9日の議事要旨2頁及び3頁)
オ 平成27年4月における47期等の再任及び判事新任120人中 2人が不適当(平成26年12月5日の議事要旨3頁)
カ 平成28年4月における48期等の再任及び判事新任121人中 2人が不適当(平成27年12月4日の議事要旨3頁)
キ 平成29年4月における49期等の再任及び判事新任184人中 2人が不適当(平成28年12月2日の議事要旨3頁)
ク 平成30年4月における50期等の再任及び判事新任154人中 1人が不適当(平成29年12月1日の議事要旨2頁)
コ 平成31年4月における51期等の再任及び判事新任126人中 1人が不適当(平成30年12月7日の議事要旨2頁)

弁護士出身の最高裁判所裁判官の氏名の推移(昭和時代及び平成時代)

◯昭和22年8月4日から平成2年1月3日までの,弁護士出身の最高裁判所裁判官の氏名は以下のとおりであり,昭和36年12月30日から昭和38年12月12日までの間,弁護士出身の最高裁判所判事は2人しかいませんでした。
   また,弁護士出身の最高裁判所判事が実質的に5人だった時期は,①昭和22年8月4日から昭和23年6月28日までの間,②昭和26年10月5日から同年11月30日までの間及び③昭和45年7月31日から昭和46年4月26日までの間だけでした(山口厚最高裁判所判事が弁護士出身であるとした場合,④平成29年2月26日から同年3月30日までの間も含まれます。)。

1 昭和22年8月4日,三淵忠彦(元 三井信託銀行法律顧問)が初代最高裁判所長官となる。
① 昭和22年 8月 4日~ :塚崎直義(元 東弁会長),長谷川太一郎(元 一弁会長),真野毅(元 二弁会長),小谷勝重(元 大弁会長),庄野理一(東弁出身)
②   昭和23年 6月29日~:塚崎直義,長谷川太一郎,真野毅,小谷勝重


2 昭和25年3月3日,田中耕太郎(元 文部大臣)が第2代最高裁判所長官となる。
① 昭和26年 2月15日~:長谷川太一郎,真野毅,小谷勝重

② 昭和26年 4月12日~:長谷川太一郎,真野毅,小谷勝重,谷村唯一郎(元 東弁会長)
③ 昭和26年10月 5日~:長谷川太一郎,真野毅,小谷勝重,谷村唯一郎,本村善太郎(一弁出身)
④ 昭和26年12月 1日~:真野毅,小谷勝重,谷村唯一郎,本村善太郎

⑤ 昭和31年11月11日~:真野毅,小谷勝重,本村善太郎
⑥ 昭和31年11月22日~:真野毅,小谷勝重,本村善太郎,河村大助(東弁出身)
⑦ 昭和32年 1月15日~:真野毅,小谷勝重,河村大助
⑧ 昭和32年 1月30日~:真野毅,小谷勝重,河村大助,高橋潔(一弁出身)
⑨ 昭和33年 6月 9日~:小谷勝重,河村大助,高橋潔

3 昭和35年10月25日,横田喜三郎(元 東京大学法学部長)が第3代最高裁判所長官となる。
① 昭和35年12月24日~:河村大助,高橋潔

② 昭和35年12月27日~:河村大助,高橋潔,山田作之助(神戸弁出身)
③ 昭和36年12月30日~:河村大助,山田作之助
④ 昭和38年 6月 2日~:山田作之助
⑤ 昭和38年 6月 6日~:山田作之助,城戸芳彦(東弁出身)
⑥ 昭和38年12月13日~:山田作之助,城戸芳彦,柏原語六(元 東弁会長)

⑦ 昭和41年 4月22日~:城戸芳彦,柏原語六
⑧ 昭和41年 5月10日~:城戸芳彦,柏原語六,色川幸太郎(元 大弁会長)

4 昭和41年8月6日,横田正俊(元 東京高等裁判所長官)が第4代最高裁判所長官となる。
① 昭和42年 1月17日~:城戸芳彦,柏原語六,色川幸太郎,松本正雄(元 二弁会長)

② 昭和42年 9月20日~:城戸芳彦,色川幸太郎,松本正雄,飯村義美(元 東弁副会長)

5 昭和44年1月11日,石田和外(元 東京高等裁判所長官)が第5代最高裁判所長官となる。
① 昭和45年 7月31日~:城戸芳彦,色川幸太郎,松本正雄,飯村義美,藤林益三(一弁出身)
② 昭和45年12月20日~:色川幸太郎,松本正雄,飯村義美,藤林益三
③ 昭和45年12月22日~:色川幸太郎,松本正雄,飯村義美,藤林益三,小川信雄(東弁出身)
④ 昭和46年 4月27日~:色川幸太郎,松本正雄,藤林益三,小川信雄
⑤ 昭和46年12月 6日~:色川幸太郎,藤林益三,小川信雄
⑥ 昭和46年12月 7日~:色川幸太郎,藤林益三,小川信雄,坂本吉勝(二弁出身)
⑦ 昭和48年 1月30日~:藤林益三,小川信雄,坂本吉勝
⑧ 昭和48年 2月 2日~:藤林益三,小川信雄,坂本吉勝,大塚喜一郎(元 一弁会長)

6 昭和48年5月21日,村上朝一(元 東京高等裁判所長官)が第6代最高裁判所長官となる。
① 昭和50年 8月 7日:藤林益三,坂本吉勝,大塚喜一郎
② 昭和50年 8月 8日~:藤林益三,坂本吉勝,大塚喜一郎,本林譲(元 日弁連事務総長)
③ 昭和51年 3月27日~:藤林益三,大塚喜一郎,本林譲,環昌一(二弁出身)

7 昭和51年5月25日,藤林益三(一弁出身)が第7代最高裁判所長官となる。

8 昭和52年8月26日,岡原昌男(元 大阪高等検察庁検事長)が第8代最高裁判所長官となる。
① 昭和52年 8月26日~:大塚喜一郎,本林譲,環昌一,本山亨(元 名古屋弁会長)
② 昭和54年 3月31日~:大塚喜一郎,環昌一,本山亨

9 昭和54年4月2日,服部高顕(元 大阪高等裁判所長官)が第9代最高裁判所長官となる。
① 昭和54年 4月 2日~:大塚喜一郎,環昌一,本山亨,塚本重頼(東弁出身)
② 昭和55年 2月 5日:環昌一,本山亨,塚本重頼
③ 昭和55年 2月 6日~:環昌一,本山亨,塚本重頼,宮崎梧一(一弁出身)
④ 昭和56年10月18日~:環昌一,本山亨,宮崎梧一
⑤ 昭和56年11月 2日~:環昌一,本山亨,宮崎梧一,大橋進(東弁出身)
⑥ 昭和57年 4月12日~:本山亨,宮崎梧一,大橋進,木戸口久治(元 二弁会長)
⑦ 昭和57年 8月11日~:宮崎梧一,大橋進,木戸口久治
⑧ 昭和57年 8月16日~:宮崎梧一,大橋進,木戸口久治,和田誠一(元 大弁会長)

10 昭和57年10月1日,司法官試補30期の寺田治郎(元 東京高等裁判所長官)が第10代最高裁判所長官となる。
① 昭和59年 5月 5日~:大橋進,木戸口久治,和田誠一
② 昭和59年 5月 8日~:大橋進,木戸口久治,和田誠一,島谷六郎(一弁出身)

11 昭和60年11月5日,高輪1期の矢口洪一(元 東京高等裁判所長官)(高輪1期)が第11代最高裁判所長官となる。
① 昭和61年 1月 9日~:大橋進,和田誠一,島谷六郎
② 昭和61年 1月17日~:大橋進,和田誠一,島谷六郎,坂上壽夫(二弁出身)
③ 昭和61年 4月24日~:大橋進,島谷六郎,坂上壽夫
④ 昭和61年 5月21日~:大橋進,島谷六郎,坂上壽夫,佐藤哲郎(東弁出身)
⑤ 昭和61年 6月13日~:島谷六郎,坂上壽夫,佐藤哲郎,林藤之輔(1期・大弁出身)
⑥ 昭和62年 8月 7日~:島谷六郎,坂上壽夫,佐藤哲郎
⑦ 昭和62年 9月 5日~:島谷六郎,坂上壽夫,佐藤哲郎,奥野久之(元 神戸弁会長)
⑧ 平成2年 1月 5日~:島谷六郎,坂上壽夫,奥野久之
⑨ 平成2年 1月11日~:島谷六郎,坂上壽夫,奥野久之,橋元四郎平(6期・元 日弁連事務総長)
⑩ 平成2年 1月24日~:坂上壽夫,奥野久之,橋元四郎平

12 平成2年2月20日,3期の草場良八(元 東京高等裁判所長官)が第12代最高裁判所長官となる。
① 平成2年 2月20日~:坂上壽夫,奥野久之,橋元四郎平,佐藤庄一郎(2期・元 日弁連事務総長)
② 平成2年 8月27日~: 坂上壽夫,橋元四郎平,佐藤庄一郎
③ 平成2年 9月 3日~: 坂上壽夫,橋元四郎平,佐藤庄一郎,木崎良平(3期・元 大弁会長)
④ 平成5年 4月 1日~: 橋元四郎平,佐藤庄一郎,木崎良平,大野正男(6期・元 日弁連理事)
⑤ 平成5年 4月13日~:佐藤庄一郎,木崎良平,大野正男,大白勝(6期・元 神戸弁会長)
⑥ 平成6年 2月16日~:木崎良平,大野正男,大白勝,尾崎行伸(7期・元 一弁会長)
⑦ 平成6年 7月25日~:大野正男,大白勝,尾崎行伸,河合伸一(9期・元 大弁副会長)
⑧ 平成7年 2月13日~:大野正男,尾崎行伸,河合伸一,遠藤光男(7期・元 日弁連司法修習委員会委員長)

13 平成7年11月7日,7期の三好達(元 東京高等裁判所長官)が第13代最高裁判所長官となる。
① 平成9年 9月 3日~:尾崎行伸,河合伸一,遠藤光男
② 平成9年 9月 8日~:尾崎行伸,河合伸一,遠藤光男,元原利文(7期・元 神戸弁会長)

14 平成9年10月31日,9期の山口繁(元 福岡高等裁判所長官)が第14代最高裁判所長官となる。
① 平成11年 4月19日~: 河合伸一,遠藤光男,元原利文
② 平成11年 4月21日~:河合伸一,遠藤光男,元原利文,梶谷玄(11期・元 一弁会長)
③ 平成12年 9月13日: 河合伸一,元原利文,梶谷玄
④ 平成12年 9月14日~:河合伸一,元原利文,梶谷玄,深澤武久(13期・元 東弁会長)
⑤ 平成13年 4月22日~: 河合伸一,梶谷玄,深澤武久
⑥ 平成13年 5月 1日~:河合伸一,梶谷玄,深澤武久,濱田邦夫(14期・元 二弁副会長)
⑦ 平成14年 6月11日~:梶谷玄,深澤武久,濱田邦夫,滝井繁男(15期・元 大弁会長)

15 平成14年11月6日,13期の町田顕(元 東京高等裁判所長官)が第15代最高裁判所長官となる。
① 平成16年 1月 5日:梶谷玄,濱田邦夫,滝井繁男
② 平成16年 1月 6日~:梶谷玄,濱田邦夫,滝井繁男,才口千晴(18期・元 日弁連倒産法改正問題検討委員会委員長)
③ 平成17年 1月15日~: 濱田邦夫,滝井繁男,才口千晴
④ 平成17年 1月19日~:濱田邦夫,滝井繁男,才口千晴,中川了滋(16期・一弁出身)
⑤ 平成18年 5月24日:滝井繁男,才口千晴,中川了滋
⑥ 平成18年 5月25日~:滝井繁男,才口千晴,中川了滋,那須弘平(21期・元 二弁副会長)

16 平成18年10月16日,16期の島田仁郎(元 大阪高等裁判所長官)が第16代最高裁判所長官となる。
① 平成18年10月31日:才口千晴,中川了滋,那須弘平
② 平成18年11月 1日~:才口千晴,中川了滋,那須弘平,田原睦夫(21期・元 日弁連司法制度調査会副会長)
③ 平成20年 9月 3日~:中川了滋,那須弘平,田原睦夫,宮川光治(20期・元 日弁連懲戒委員会委員長)

17 平成20年11月25日,21期の竹崎博允(元 東京高等裁判所長官)が第17代最高裁判所長官となる。
① 平成21年12月23日~: 那須弘平,田原睦夫,宮川光治
② 平成21年12月28日~:那須弘平,田原睦夫,宮川光治,須藤正彦(22期・元 日弁連綱紀委員会委員長)
③ 平成24年 2月11日~: 田原睦夫,宮川光治,須藤正彦
④ 平成24年 2月13日~:田原睦夫,宮川光治,須藤正彦,大橋正春(24期・元 一弁民事訴訟問題等特別委員会委員長)
⑤ 平成24年 2月28日: 田原睦夫,須藤正彦,大橋正春
⑥ 平成24年 3月 1日~:田原睦夫,須藤正彦,大橋正春,山浦善樹(26期・元 日弁連司法修習委員会副委員長)
⑦ 平成24年12月27日~: 田原睦夫,大橋正春,山浦善樹
⑧ 平成25年 2月 6日~: 田原睦夫,大橋正春,山浦善樹,鬼丸かおる(27期・元 東弁高齢者・障害者の権利に関する特別委員会委員長)
⑨ 平成25年 4月23日~: 大橋正春,山浦善樹,鬼丸かおる
⑩ 平成25年 4月25日~:大橋正春,山浦善樹,鬼丸かおる,木内道祥(27期・元 大弁ハーグ条約問題検討プロジェクトチーム座長)

18 平成26年4月1日,26期の寺田逸郎(元 広島高等裁判所長官)が第18代最高裁判所長官となる。
① 平成28年 7月 4日~:大橋正春,鬼丸かおる,木内道祥
② 平成28年 7月19日~:大橋正春,鬼丸かおる,木内道祥 ,木澤克之(29期・元 東弁司法修習委員会委員長)
③ 平成29年 2月 6日~:大橋正春,鬼丸かおる,木内道祥 ,木澤克之,山口厚(期外・一弁出身・元 東京大学大学院法学政治学研究科長)
④ 平成29年 3月31日~:鬼丸かおる,木内道祥 ,木澤克之,山口厚
⑤ 平成30年 1月 2日~:鬼丸かおる,木澤克之,山口厚

19 平成30年1月9日,29期の大谷直人(元 大阪高等裁判所長官)が第19代最高裁判所長官となる。
① 平成30年 1月 9日~:鬼丸かおる,木澤克之,山口厚,宮崎裕子(31期・一弁出身・元 東京大学法科大学院客員教授)
② 平成31年 2月 7日~:木澤克之,山口厚,宮崎裕子
③ 平成31年 2月13日~:木澤克之,山口厚,宮崎裕子,草野耕一(32期・一弁出身・元 東京大学大学院法学政治学研究科客員教授)

*1 宮川光治弁護士(平成20年9月3日から平成24年2月27日までの最高裁判所判事)は,自由と正義2013年6月号20頁において以下のことを書いています。
   我が国の最高裁判事の任期は短い。なかでも弁護士出身の判事,とりわけ私と同じ東京弁護士会出身の判事の任期はこれまで短い人が少なくない。近年でも3年余の人が幾人もいる。その理由について,デヴィット・S・ロー(西川伸一訳)「保守的最高裁の解剖-日本の司法を審査する-」政経論叢79巻1・2号(2010年)は,リベラル派リスクへの対応であるとしている。憶測にすぎないと思う。理由は,一つには弁護士会が候補者の推薦にあたり高裁長官からなる人たちより任期が長くならないよう抑制してきたことにある。二つには,弁護士会枠というのが最近までは厳然としてあって,かつて5人だった弁護士出身の判事が4人となって以降,東京,第一東京,第二東京,大阪の4弁護士会で弁護士出身判事4人のポストを分け合ってきた。最大弁護士会である東京弁護士会は二人から一人となり,適格者が多く任期を短くするほかなかったことがある。任期が7,8年ある人には実際に声がかからなかったのである。近年,弁護士会枠が少し揺らいできて,日弁連が広く日弁連全体に適任者を求める方向にあるのはよいことである。さらに,10年は仕事をすることができるよう,60歳前後の人たちを中心に推薦すべきであろう。数年程度の任期では軌道に乗ったときに退官となる。活力ある最高裁とするためには,ひとりひとりの判事の個性が輝くとともに,国民に名をよく知ってもらうことが必要である。出たり入ったりの回転ドア人事では,いつまでも「名もない顔もない司法」(ダニエル・H・フット)と言われ続けるであろう。
*2 東弁リブラ2012年6月号に「前最高裁判所判事 宮川光治会員」が載っています。

現職裁判官の期別・役職別の分布表

1 現職裁判官の期別・役職別の分布表を以下のとおり掲載しています。
①   平成28年 8月5日時点
② 平成29年12月1日時点
③ 平成30年12月1日時点

2(1)ア 任官して11年目以降の判事補がいるのは,①検事への転官をせずに判事補を依願退官して外務省に出向した人,及び②判事補を依願退官して衆議院法制局,預金保険機構又は日本司法支援センターに出向した人の場合,判事補に任官して10年が経過した時点で,法曹経験10年以上という判事新任の条件(裁判所法42条1項)を満たしていないからです。
イ 判事の任命資格について定める裁判所法42条2項は,「前項の規定の適用については、三年以上同項各号に掲げる職の一又は二以上に在つた者が裁判所事務官、法務事務官又は法務教官の職に在つたときは、その在職は、これを同項各号に掲げる職の在職とみなす。」と定めていますところ,外務事務官等の在職経験に適用される条文ではありません。
ウ   ちなみに,預金保険機構(預金保険法に基づく認可法人)及び日本司法支援センター(総合法律支援法に基づく法人。愛称は「法テラス」)の職員は国家公務員ではありませんが,国家公務員法106条の2第3項・裁判官及び裁判官の秘書官以外の裁判所職員の退職管理に関する規則2条に基づく退職手当通算法人の使用人に該当します。
そのため,裁判官としての退職手当を計算する場合,預金保険機構又は日本司法支援センターの職員であった期間も含まれることとなります。
(2) 裁判官が外務省に出向する際,どのような場合に検事兼外務事務官の身分を取得した上での出向扱いとなり,どのような場合に裁判官を依願退官して外務事務官の身分を取得した上での出向扱いとなるかが分かる文書は,外務省には存在しません(平成27年度(行情)答申第62号(平成27年5月21日答申))。

3(1)ア 分布表末尾の*1に書いたとおり,大規模地裁所長とは,東京地裁所長,横浜地裁所長,さいたま地裁所長,千葉地裁所長,大阪地裁所長,京都地裁所長,神戸地裁所長,名古屋地裁所長及び福岡地裁所長をいうものとし,大規模家裁所長とは,東京家裁所長及び大阪家裁所長をいうものとしています。
いずれも,高裁部総括を経験した後に就任するのが通例となっている所長ポストです。
イ   京都地裁所長及び神戸地裁所長の場合,大阪高裁部総括とどちらが上であるかについては,微妙なところがあります。
(2) 法務省文書決裁規程によれば,検察庁の場合,東京地検,横浜地検,さいたま地検,千葉地検,大阪地検,京都地検,神戸地検,名古屋地検及び福岡地検(9地検)の次席検事の人事の決裁者は法務大臣であるのに対し,その余の地検次席検事の人事の決裁者は法務事務次官です。

4(1) 分布表末尾の*2に書いたとおり,大規模地家裁支部長とは,支部長とは別に部総括が置かれる14支部の長をいい,中規模地家裁支部長とは,恒常的に部総括経験者が就任する15支部の長をいうものとしています。
支部長とは別に部総括が置かれているかどうかは,毎年1月1日時点の部総括裁判官の名簿に基づいています。
恒常的に部総括経験者が就任する支部であるかどうかについては,過去の人事データに基づいています。
(2) 法務省文書決裁規程によれば,検察庁の場合,立川,川崎,沼津,堺,姫路,岡崎及び小倉の7地検支部長の人事の決裁者は法務大臣であるのに対し,その余の支部長の人事の決裁者は法務事務次官です。

5 民間企業長期研修,海外留学,育児休業,介護休暇又は配偶者同行休業をしている裁判官は,裁判官としての身分を保有していますから,分布表の数字に含まれています。

最高裁判所第三小法廷の裁判官(着任順)

◯裁判官枠の現職者については赤文字表記とし,弁護士枠の現職者については青文字表記とし,その他の枠の現職者については緑文字表記としています。

1 平成29年3月14日任命の戸倉三郎最高裁判所判事(34期・第三小法廷)
・ 一橋大学法学部卒業であり,元 東京高等裁判所長官であり,令和6年8月11日に定年退官が発令される予定です。
・ 定年退官する大谷剛彦最高裁判所判事(24期・第三小法廷)の後任として,平成29年2月10日の閣議で,最高裁判所判事への就任が決定しました。
・ 平成28年6月21日,ツイッターに不適切なつぶやきをしたり,縄で縛られた上半身裸の男性の画像を投稿したりした岡口基一東京高裁第22民事部判事について,下級裁判所事務処理規則21条に基づく注意処分をしました。
・ 広島高裁事務局長→最高裁人事局参事官→最高裁審議官→東京地裁13刑部総括→最高裁総務局長→東京高裁3刑判事→さいたま地裁所長→最高裁事務総長→東京高裁長官を経て最高裁判事となりました。
・ 投票行動.comの「戸倉三郎」に,関与した裁判例への投票行動が載っています。
・ 罷免を可とする率は7.86%でした。

2 平成29年4月10日任命の林景一最高裁判所判事(期外・第三小法廷)
・ 昭和26年2月8日生まれであり,京都大学法学部卒業であり,元 駐英大使であり,令和3年2月8日に定年退官が発令される予定です。
・ 平成29年3月31日に定年退官が発令される大橋正春最高裁判所判事(24期・第三小法廷)の後任として,同年1月13日の閣議で,最高裁判所判事への就任が決定しました。
・ 平成29年6月5日付の司法行政文書不開示通知書によれば,大橋正春最高裁判事の後任として,最高裁が内閣に対して提示した候補者の人数,及び日弁連からの推薦の有無が分かる文書の存否を答えた場合,不開示情報である特定の最高裁判所判事の人選に関する情報を開示することとなるので,その存否を答えることはできないそうです。
・ 外務省国際法局長→駐アイルランド大使→外務省大臣官房長→内閣官房副長官補→駐英公使→駐英大使を経て,最高裁判所判事となりました。
・ 内閣官房HP「内閣官房副長官補」に,内閣官房副長官補時代の写真及び経歴が載っています。
・ 在英国日本国大使館HPに掲載されていた,林景一駐英大使の挨拶(2011年1月11日付)にリンクを張っています。
・ 投票行動.comの「林景一」に,関与した裁判例への投票行動が載っています。
・ 罷免を可とする率は7.47%でした。

3 平成30年1月9日任命の宮崎裕子最高裁判所判事(31期・第三小法廷)
・ 昭和26年7月9日生まれであり,東京大学法学部卒業であり,元 東京大学法科大学院客員教授・元 京都大学客員教授であり,令和3年7月9日に定年退官が発令される予定です。
・ 定年退官する木内道祥最高裁判所判事(27期・第三小法廷)の後任として,平成29年12月8日の閣議で,最高裁判所判事への就任が決定しました。
・ 平成30年1月10日付の行政文書不開示決定通知書によれば,木内道祥最高裁判所判事の後任として,最高裁が内閣に対して提示した候補者の人数,及び日弁連からの推薦の有無が分かる文書は存在しません。
・ 日弁連が最高裁に推薦した9人のうちの1人でした(朝日新聞HPの「旧姓使用の最高裁判事が就任 ホテル宿泊拒まれた経験も」参照)。
・ 当初の報道では,戸籍名の「竹内裕子」という氏名が記載されていました(5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)の「【人事】最高裁長官 大谷直人氏起用を閣議決定 来月9日づけで発令 」参照)。
・ 平成29年12月19日付の,「新最高裁判所長官及び新最高裁判所判事の就任に伴う記者会見における写真取材について」を掲載しています。
・ 投票行動.comの「宮崎裕子」に,関与した裁判例への投票行動が載っています。

4 平成31年3月20日任命の宇賀克也最高裁判所判事(期外・第三小法廷)
・ 昭和30年7月21日生まれであり,東京大学法学部卒業であり,元 東京大学大学院法学政治学研究科教授であり,令和7年7月21日に定年退官が発令される予定です。
・ 定年退官する岡部喜代子最高裁判所判事(28期・第三小法廷)の後任として,平成31年2月22日の閣議で,最高裁判所判事への就任が決定しました。

5 令和元年9月2日任命の林道晴最高裁判所判事(34期・第三小法廷)
・ 昭和32年8月31日生まれであり,東京大学法学部卒業であり,元 東京高等裁判所長官であり,令和9年8月31日に定年退官が発令される予定です。
・ 定年退官する山崎敏充最高裁判所判事の後任(27期・第三小法廷)として,令和元年8月2日の閣議で,最高裁判所判事への就任が決定しました。

最高裁判所第二小法廷の裁判官(長官以外は着任順)

◯裁判官枠の現職者については赤文字表記とし,弁護士枠の現職者については青文字表記とし,その他の枠の現職者については緑文字表記としています。

1 平成27年2月17日任命の大谷直人最高裁判所長官(29期・第一小法廷)
・ 東京大学法学部卒であり,元 大阪高等裁判所長官であり,令和4年6月23日に定年退官が発令される予定です。
・ 定年退官する白木勇最高裁判所判事(22期・第一小法廷)の後任として,平成27年1月23日の閣議で,最高裁判所判事への就任が決定しました。
・ 西川伸一オンライン「最高裁事務総局とはいかなる役所か」に,最高裁判所事務総長になるまでの大谷直人裁判官の経歴が書いてあります。
   東京高裁管内から出たのは富山地家裁勤務の1回だけです。
・ 投票行動.comの「大谷直人」に,関与した裁判例への投票行動が載っています。
・ 罷免を可とする率は7.96%でした。

・ Wikipediaの「大谷剛彦」には,「最高裁判所判事には同じ大谷姓の大谷直人(第19代最高裁判所長官)がいるため、混同されやすいが血縁関係は無い。 」と書いてあります。

2 平成28年9月5日任命の菅野博之最高裁判所判事(32期・第二小法廷)
・ 東北大学法学部卒業であり,元 大阪高等裁判所長官であり,令和4年7月3日に定年退官が発令される予定です。
・ 定年退官する千葉勝美最高裁判所判事(24期・第二小法廷)の後任として,平成28年7月26日の閣議で,最高裁判所判事への就任が決定しました。
・ 東京地裁民事部第二所長代行→東京地裁民事部第一所長代行→水戸地裁所長→東京高裁17民部総括→大阪高裁長官を経て最高裁判事となりました。
・ 投票行動.comの「菅野博之」に,関与した裁判例への投票行動が載っています。
・ 罷免を可とする率は8.02%でした。

3 平成30年2月26日任命の三浦守最高裁判所判事(34期・第二小法廷)
・ 東京大学法学部卒業であり,元大阪高検検事長であり,令和8年10月23日に定年退官が発令される予定です。
・ 平成30年1月16日に依願退官した小貫芳信最高裁判所判事(27期・第二小法廷)の後任として,平成30年2月16日の閣議で,最高裁判所判事への就任が決定しました。
・ 法務省刑事局参事官→法務省大臣官房参事官→法務省刑事局刑事法制課長→法務省大臣官房審議官(刑事局担当)→最高検検事→那覇地検検事正→最高検検事→法務省矯正局長→最高検監察指導部長→最高検公判部長→札幌高検検事長→大阪高検検事長を経て,最高裁判所判事に就任しました。
・ 投票行動.com「三浦守」に,関与した裁判例への投票行動が載っています。

4 平成31年2月13日任命の草野耕一最高裁判所判事(32期・第二小法廷)
・ 東京大学法学部卒業であり,元 東京大学大学院法学政治学研究科客員教授・元 慶應義塾大学法務研究科教授であり,令和7年3月22日に定年退官が発令される予定です。
・ 定年退官する鬼丸かおる最高裁判所判事(27期・第二小法廷)の後任として,平成31年1月11日の閣議で,最高裁判所判事への就任が決定しました。

5 令和元年10月2日任命の岡村和美最高裁判所判事(35期・第二小法廷)
・ 早稲田大学法学部卒業であり,法務省刑事局国際課長→東京高検検事→法務省大臣官房参事官→証券取引等監視委員会事務局国際・情報総括官→最高検検事→法務省人権擁護局長→消費者庁長官を経て,最高裁判所判事に就任しました。
・ 定年退官する山本庸幸最高裁判所判事(期外・第二小法廷)の後任として,令和元年9月20日の閣議で,最高裁判所判事への就任が決定しました。

最高裁判所第一小法廷の裁判官(着任順)

◯裁判官枠の現職者については赤文字表記とし,弁護士枠の現職者については青文字表記とし,その他の枠の現職者については緑文字表記としています。

1 平成26年10月2日任命の池上政幸最高裁判所判事(29期・第一小法廷)
・ 東北大学法学部卒業であり,元 大阪高等検察庁検事長であり,令和3年8月29日に定年退官が発令される予定です。
・ 定年退官する横田尤孝最高裁判所判事(24期・第一小法廷)の後任として,平成26年9月19日の閣議で,最高裁判所判事への就任が決定しました。
・ 投票行動.comの「池上政幸」に,関与した裁判例への投票行動が載っています。
・ 罷免を可とする率は9.56%でした。

2 平成27年4月2日任命の小池裕最高裁判所判事(29期・第一小法廷)
・ 東京大学法学部卒であり,元 東京高等裁判所長官であり,令和3年7月3日に定年退官が発令される予定です。
・ 定年退官する金築誠志最高裁判所判事(21期・第一小法廷)の後任として,平成27年3月3日の閣議で,最高裁判所判事への就任が決定しました。
・ 投票行動.comの「小池裕」に,関与した裁判例への投票行動が載っています。
・ 罷免を可とする率は8.56%でした。

3 平成28年7月19日任命の木澤克之最高裁判所判事(29期・第一小法廷)
・ 立教大学法学部卒であり,元 東京弁護士会司法修習委員会委員長・日弁連司法修習委員会委員であり,令和3年8月27日に定年退官が発令される予定です。
・ 定年退官する山浦善樹最高裁判所判事(26期・第一小法廷)の後任として,平成28年6月17日の閣議で,最高裁判所判事への就任が決定しました。
・ 立教大学校友会HPに「木澤克之氏(1974年法学部法学科卒)の最高裁判所判事就任が決定」が掲載されています。
・ 平成25年以降,岡山県の学校法人加計学園(かけがくえん)の監事をしていました。
同学園の理事長である加計孝太郎(Wikipediaの記事によれば,立教大学文学部卒業です。)は,平成28年7月21日,安倍晋三首相と食事をしたり,同月22日,安倍晋三首相とゴルフをしたりしています(外部ブログの「【横車を押す】第二の森友「加計学園」の木澤克之監事が最高裁判事に任命されていた」参照。ただし,リンク先の記事と異なり,弁護士枠出身の最高裁判所判事の場合,判事経験がある人はいませんから,この点では慣例に違反した人事ではありません。)。
・ 私の知る限り,高輪1期以降の立教大学出身の裁判官は,元裁判官で4人(21期の元福島家裁所長,25期の小川敏夫元法務大臣,27期の元横浜地裁刑事部部総括及び32期の元名古屋高裁民事部判事),現職裁判官で3人(29期の木澤克之裁判官,31期の高麗邦彦裁判官及び59期の裁判官)です。
・ 投票行動.com「木澤克之」に,関与した裁判例への投票行動が載っています。
・ 罷免を可とする率は8.02%でした。

4 平成29年2月6日任命の山口厚最高裁判所判事(期外・第一小法廷)
・ 東京大学法学部卒業であり,元 第一東京弁護士会弁護士・東京大学大学院法学政治学研究科長であり,令和5年11月6日に定年退官が発令される予定です。
・ 定年退官する櫻井龍子最高裁判所判事(期外・第一小法廷)の後任として,平成29年1月13日の閣議で,最高裁判所判事への就任が決定しました。
・ 早稲田大学HPに「山口厚教授(法学学術院)が最高裁判所裁判官に」という記事が掲載されています。
・ togetterの「「山口厚最高裁判所裁判官」にざわつくTL」で,山口厚最高裁判所判事就任に関するツイートがまとめられています。
・ 山口厚最高裁判事は,日弁連が最高裁判事として推薦した7人の候補者に含まれていなかったという意味で,最高裁判事の任命に関する従来の慣例を逸脱したものになっています(外部ブログの「安倍内閣が最高裁人事に介入か 山口厚最高裁判事」参照)。
・ 山口厚最高裁判所判事は,平成29年1月25日をもって桃尾・松尾・難波法律事務所を退所しました。
・ 山口厚最高裁判所判事及び小林昭彦福岡高裁長官の人事は当初,平成29年1月27日に発令される予定でした。
しかし,同日に認証式が実施できなかったため,発令が2月6日となりました。
・ 投票行動.com「山口厚」に,関与した裁判例への投票行動が載っています。
・ 罷免を可とする率は7.94%でした。

5 平成30年1月9日任命の深山卓也最高裁判所判事(34期・第一小法廷)
・ 東京大学法学部卒業であり,元 東京高等裁判所長官であり,令和6年9月2日に定年退官が発令される予定です。
・ 最高裁判所長官に昇進した大谷直人最高裁判所判事(29期・第一小法廷)の後任として,平成29年12月8日の閣議で,最高裁判所判事への就任が決定しました。
・ 平成29年12月19日付の,「新最高裁判所長官及び新最高裁判所判事の就任に伴う記者会見における写真取材について」を掲載しています。
・ 投票行動.com「深山卓也」に,関与した裁判例への投票行動が載っています。

幹部裁判官の定年予定日(令和元年10月2日時点)

1 36期 窪木稔 64歳 中央大 2018年1月29日 仙台家裁所長 ( 秋田地家裁所長 ) 2019年10月28日
2 33期 中川博之 64歳 神戸大院 2017年6月25日 大阪家裁所長 ( 大阪高裁3刑部総括 ) 2019年12月8日
3 34期 岸和田羊一 64歳 九州大 2018年1月2日 福岡家裁所長 ( 福岡高裁5民部総括 ) 2020年1月3日
4 34期 森一岳 64歳 東大 2016年4月30日 広島高裁第4部部総括(民事) ( 千葉地家裁松戸支部長 ) 2020年1月25日
5 35期 金村敏彦 64歳 広島大院 2018年10月6日 広島高裁第3部部総括(民事) ( 山口地家裁所長 ) 2020年1月28日
6 33期 小林昭彦 64歳 東北大 2017年2月6日 福岡高裁長官 ( 東京高裁19民部総括 ) 2020年2月5日
7 31期 山下郁夫 64歳 東大 2016年1月1日 大阪高裁11民部総括(民事抗告集中部) ( 神戸地裁所長 ) 2020年2月6日
8 33期 江口とし子 64歳 東大 2014年11月29日 大阪高裁3民部総括 ( 長崎地裁所長 ) 2020年2月26日
9 37期 都築政則 64歳 東大 2017年2月6日 東京高裁19民部総括 ( 新潟地裁所長 ) 2020年2月28日
10 33期 孝橋宏 64歳 京大 2018年1月29日 さいたま家裁所長 ( 名古屋高裁2民部総括 ) 2020年4月15日
11 33期 田中敦 64歳 京大 2014年9月18日 大阪高裁2民部総括 ( 広島家裁所長 ) 2020年4月26日
12 32期 綿引万里子 64歳 中央大 2018年9月7日 名古屋高裁長官 ( 札幌高裁長官 ) 2020年5月2日
13 33期 朝山芳史 64歳 東大 2015年8月6日 東京高裁10刑部総括 ( 高知地家裁所長 ) 2020年5月2日
14 35期 後藤真理子 64歳 慶応大院 2017年12月22日 東京高裁4刑部総括 ( 大阪高裁2刑部総括 ) 2020年6月24日
15 34期 植村稔 64歳 東大 2018年9月7日 札幌高裁長官 ( 横浜地裁所長 ) 2020年7月20日
16 36期 本多俊雄 64歳 京大 2018年12月27日 大阪高裁5民部総括 ( 神戸地裁所長 ) 2020年7月31日
17 35期 阿部潤 64歳 京大 2016年4月9日 東京高裁8民部総括 ( 札幌地裁所長 ) 2020年8月5日
18 34期 秋吉淳一郎 64歳 東大 2017年4月10日 仙台高裁長官 ( 東京高裁6刑部総括 ) 2020年9月19日
19 33期 秋葉康弘 64歳 東北大 2018年8月30日 高松高裁長官 ( 東京高裁3刑部総括 ) 2020年10月12日→令和元年12月27日訂正

20 34期 大門匡 63歳 京大 2018年8月30日 広島高裁長官 ( 東京家裁所長 ) 2020年10月19日
21 35期 稲葉重子 63歳 京大 2018年11月14日 神戸家裁所長 ( 大阪高裁12民部総括 ) 2020年10月24日
22 36期 白石哲 63歳 早稲田大 2018年12月18日 東京高裁23民部総括 ( 福岡地裁所長 ) 2020年10月26日
23 37期 高野輝久 63歳 東大 2018年11月20日 前橋家裁所長 ( さいたま地家裁川越支部長 ) 2020年11月19日
24 34期 石井寛明 63歳 大阪大 2018年11月14日 大阪高裁12民部総括 ( 京都地裁所長 ) 2020年12月7日
25 33期 佐村浩之 63歳 東大 2015年7月1日 大阪高裁1民部総括 ( 和歌山地家裁所長 ) 2020年12月8日
26 36期 村田渉 63歳 早稲田大 2017年3月12日 東京高裁24民部総括 ( 仙台地裁所長 ) 2020年12月15日
27 35期 甲斐哲彦 63歳 早稲田大 2018年8月30日 東京家裁所長 ( 東京高裁7民部総括 ) 2020年12月15日
28 34期 川神裕 63歳 東大 2015年2月17日 東京高裁17民部総括 ( 大津地家裁所長 ) 2020年12月18日
29 33期 大段亨 63歳 早稲田大 2014年11月19日 東京高裁10民部総括 ( 広島地裁所長 ) 2021年1月4日
30 36期 三木昌之 63歳 2017年12月21日 広島高裁第2部部総括(民事) ( 京都地裁1民部総括 ) 2021年1月5日
31 38期 垣内正 63歳 大阪大 2018年12月18日 東京地裁所長 ( 東京高裁23民部総括 ) 2021年1月11日
32 期外 林景一 68歳 京大 2017年4月10日 最高裁判事・三小 ( (辞職) ) 2021年2月8日
33 32期 揖斐潔 63歳 京大 2018年7月10日 名古屋地裁所長 ( 名古屋高裁3民部総括 ) 2021年2月13日
34 33期 栃木力 63歳 東大 2015年3月30日 東京高裁11刑部総括 ( 水戸地裁所長 ) 2021年2月27日
35 36期 山本剛史 63歳 東大 2019年5月10日 仙台高裁1民部総括 ( 仙台高裁秋田支部長 ) 2021年2月28日
36 35期 永野厚郎 63歳 京大 2018年1月29日 司研所長 ( 東京高裁5民部総括 ) 2021年4月8日
37 39期 青木亮 63歳 東大 2018年11月14日 福岡地家裁小倉支部長 ( 福岡地家裁久留米支部長 ) 2021年4月26日
38 38期 近藤昌昭 63歳 慶応大 2018年9月7日 東京高裁12民部総括 ( 長野地家裁所長 ) 2021年4月30日
39 33期 青柳勤 63歳 東大 2014年3月27日 東京高裁2刑部総括 ( 新潟地裁所長 ) 2021年5月6日
40 39期 芦澤政治 63歳 早稲田大 2018年3月1日 東京高裁8刑部総括 ( 福島家裁所長 ) 2021年5月16日
41 38期 小西義博 63歳 東大 2018年11月14日 京都地裁所長 ( 奈良地家裁所長 ) 2021年5月18日
42 38期 瀧華聡之 63歳 東大 2019年5月24日 大津地家裁所長 ( 熊本地裁所長 ) 2021年6月1日
43 34期 鶴岡稔彦 63歳 東大 2015年3月18日 知財高裁第3部部総括 ( 那覇地裁所長 ) 2021年6月3日
44 34期 田中俊次 63歳 神戸大 2017年1月27日 大阪高裁14民部総括 ( 福岡高裁2民部総括 ) 2021年6月10日
45 34期 藤井敏明 63歳 一橋大 2015年8月16日 東京高裁5刑部総括 ( 長野地家裁所長 ) 2021年6月15日
46 33期 森義之 63歳 東大 2017年1月27日 知財高裁第2部部総括 ( 大阪高裁14民部総括 ) 2021年7月1日
47 29期 小池裕 68歳 東大 2015年4月2日 最高裁判事・一小 ( 東京高裁長官 ) 2021年7月3日
48 31期 宮崎裕子 68歳 東大 2018年1月9日 最高裁判事・三小 (弁護士 ) 2021年7月9日
49 34期 深見敏正 63歳 京大 2016年4月20日 東京高裁1民部総括 ( 東京地家裁立川支部長 ) 2021年7月9日
50 34期 生島恭子 63歳 2018年10月15日 静岡地家裁浜松支部長 ( 東京家裁立川支部家事部部総括 ) 2021年7月14日
51 36期 潮見直之 63歳 東北大 2019年5月10日 仙台高裁秋田支部長 ( 仙台高裁1民判事 ) 2021年7月25日
52 34期 合田悦三 63歳 中央大 2019年3月20日 千葉地裁所長 ( 東京高裁12刑部総括 ) 2021年8月2日
53 29期 木澤克之 68歳 立教大 2016年7月19日 最高裁判事・一小 ( 弁護士 ) 2021年8月27日
54 29期 池上政幸 68歳 東北大 2014年10月2日 最高裁判事・一小 ( 大阪高検検事長 ) 2021年8月29日
55 33期 高部眞規子 63歳 東大 2018年5月5日 知財高裁所長 ( 知財高裁第4部部総括 ) 2021年9月2日
56 35期 草野真人 63歳 東大 2017年10月4日 札幌高裁2民部総括 ( 青森地家裁所長 ) 2021年9月3日
57 42期 園原敏彦 63歳 明治大 2018年11月1日 東京家裁少年部所長代行者(少年第3部部総括) ( 東京高裁8刑判事 ) 2021年9月20日
58 36期 小野憲一 62歳 東大 2017年6月25日 大阪地裁所長 ( 大阪家裁所長 ) 2021年10月7日
59 37期 松田亨 62歳 大阪大 2016年6月7日 大阪高裁9民部総括(家事抗告集中部) ( 福井地家裁所長 ) 2021年10月10日
60 35期 倉田慎也 62歳 東大 2019年3月23日 名古屋高裁1民部総括 ( 福井地家裁所長 ) 2021年10月12日
61 38期 戸田久 62歳 筑波大 2018年4月30日 名古屋高裁4民部総括 ( 旭川地家裁所長 ) 2021年10月28日
62 34期 半田靖史 62歳 東大 2018年8月3日 高知地家裁所長 ( 高松高裁第1部部総括(刑事) ) 2021年10月29日
63 33期 杉原則彦 62歳 東大 2018年9月7日 横浜地裁所長 ( 東京高裁12民部総括 ) 2021年11月13日
64 39期 堀内満 62歳 慶応大 2019年4月1日 名古屋高裁1刑部総括 ( 盛岡地家裁所長 ) 2021年11月16日
65 35期 村山浩昭 62歳 東大 2017年9月30日 大阪高裁6刑部総括 ( 名古屋高裁2刑部総括 ) 2021年12月21日
66 39期 塩田直也 62歳 2019年6月11日 広島高裁岡山支部第1部部総括 ( 千葉地裁松戸支部民事部部総括 ) 2022年1月1日
67 37期 比佐和枝 62歳 早稲田大 2019年1月23日 横浜地家裁川崎支部長 ( 静岡地家裁沼津支部長 ) 2022年1月3日
68 33期 高橋徹 62歳 東大 2017年9月30日 名古屋高裁2刑部総括 ( 札幌高裁刑事部部総括 ) 2022年1月13日
69 34期 中本敏嗣 62歳 早稲田大 2017年5月1日 大阪高裁6民部総括 ( 神戸地裁所長 ) 2022年1月17日
70 33期 野山宏 62歳 東大 2016年6月21日 東京高裁11民部総括 ( 宇都宮地裁所長 ) 2022年1月18日
71 34期 秋山敬 62歳 東大 2018年10月26日 仙台高裁刑事部部総括 ( 福島地裁所長 ) 2022年1月22日
72 35期 岩倉広修 62歳 大阪大 2018年10月13日 大阪高裁3刑部総括 ( 鳥取地家裁所長 ) 2022年2月21日
73 34期 樋口裕晃 62歳 早稲田大 2015年12月10日 大阪高裁4刑部総括 ( 釧路地家裁所長 ) 2022年3月3日
74 37期 野島秀夫 62歳 一橋大 2017年10月1日 福岡高裁3刑部総括 ( 熊本地裁所長 ) 2022年3月9日
75 35期 安浪亮介 62歳 東大 2018年12月18日 大阪高裁長官 ( 東京地裁所長 ) 2022年4月19日
76 36期 白井幸夫 62歳 東大 2018年10月4日 東京高裁22民部総括 ( 総研所長 ) 2022年4月25日
77 37期 小川秀樹 62歳 東大 2019年3月20日 東京高裁9民部総括 ( 千葉地裁所長 ) 2022年5月21日
78 34期 根本渉 62歳 東大 2019年3月28日 熊本家裁所長 ( 福岡高裁宮崎支部長 ) 2022年5月21日
79 38期 田中寿生 62歳 中央大 2018年10月15日 名古屋高裁金沢支部長 ( 静岡地家裁浜松支部長 ) 2022年5月24日
80 36期 山田陽三 62歳 京大 2017年5月1日 大阪高裁8民部総括(知財集中部) ( 大阪高裁6民部総括 ) 2022年6月6日
81 39期 北澤純一 62歳 中央大 2018年7月1日 富山地家裁所長 ( 東京地裁4民部総括 ) 2022年6月18日
82 29期 大谷直人 67歳 東大 2018年1月9日 最高裁長官(19) ( 最高裁判事・一小 ) 2022年6月23日
83 32期 菅野博之 67歳 東北大 2016年9月5日 最高裁判事・二小 ( 大阪高裁長官 ) 2022年7月3日
84 35期 生野考司 62歳 東大 2018年10月6日 岡山地裁所長 ( 広島高裁第3部部総括(民事) ) 2022年8月19日
85 38期 古財英明 62歳 京大 2018年10月4日 総研所長 ( 大阪地裁所長代行者 ) 2022年8月20日
86 37期 定塚誠 62歳 東大 2019年6月22日 東京高裁21民部総括 ( 東京高裁特別部部総括 ) 2022年8月27日
87 36期 神山隆一 62歳 京大 2017年9月16日 高松高裁第2部部総括(民事) ( 京都地裁5民部総括(破産再生執行部) ) 2022年9月1日
88 36期 松並重雄 62歳 東大 2018年1月29日 名古屋高裁2民部総括 ( 仙台家裁所長 ) 2022年9月2日
89 39期 高橋文清 62歳 東大 2019年3月28日 福岡高裁宮崎支部長 ( 福岡高裁宮崎支部民事部部総括 ) 2022年9月25日
90 37期 齊木教朗 62歳 東北大 2019年4月22日 函館地家裁所長 ( 横浜地家裁相模原支部長 ) 2022年9月28日
91 37期 大熊一之 61歳 早稲田大 2017年4月10日 東京高裁6刑部総括 ( 津地家裁所長 ) 2022年10月6日
92 37期 原道子 61歳 2019年2月28日 新潟家裁所長 ( 東京高裁21民判事 ) 2022年10月12日
93 36期 始関正光 61歳 関西大 2018年7月10日 名古屋高裁3民部総括 ( 津地家裁所長 ) 2022年10月25日
94 34期 西田眞基 61歳 東大 2016年3月18日 大阪高裁5刑部総括 ( 大津地家裁所長 ) 2022年11月1日
95 37期 廣谷章雄 61歳 早稲田大 2018年7月4日 横浜家裁所長 ( 静岡地裁所長 ) 2022年11月2日
96 35期 今崎幸彦 61歳 京大 2019年9月2日 東京高裁長官 ( 最高裁事務総長 ) 2022年11月10日
97 37期 伊名波宏仁 61歳 東大 2018年10月19日 福岡高裁2刑部総括 ( 松山地家裁所長 ) 2022年11月29日
98 40期 横溝邦彦 61歳 中央大 2018年11月7日 松江地家裁所長 ( 岡山地裁2民部総括 ) 2022年11月29日
99 40期 上田哲 61歳 東大 2019年3月1日 仙台高裁3民部総括 ( 東京高裁8民判事 ) 2022年12月19日
100 36期 阿部正幸 61歳 早稲田大 2017年4月19日 福岡高裁3民部総括 ( 那覇地裁所長 ) 2023年1月3日
101 35期 秋吉仁美 61歳 上智大 2018年1月29日 東京高裁5民部総括 ( さいたま家裁所長 ) 2023年1月5日
102 36期 多和田隆史 61歳 東大 2016年2月21日 広島高裁第1部部総括(刑事) ( さいたま地裁1刑部総括 ) 2023年1月10日
103 38期 山之内紀行 61歳 東大 2018年1月2日 福岡高裁5民部総括 ( 宮崎地家裁所長 ) 2023年2月11日
104 35期 古久保正人 61歳 専修大 2017年10月4日 青森地家裁所長 ( 仙台高裁2民部総括 ) 2023年2月12日
105 35期 永野圧彦 61歳 名古屋大 2019年3月22日 岐阜地家裁所長 ( 名古屋高裁1民部総括 ) 2023年2月21日
106 36期 多見谷寿郎 61歳 立命館大 2018年7月10日 津地家裁所長 ( 福岡高裁那覇支部長 ) 2023年2月25日
107 40期 深沢茂之 61歳 専修大 2019年4月1日 山形地家裁所長 ( 横浜地裁1刑部総括 ) 2023年3月11日
108 35期 後藤博 61歳 東大 2016年6月25日 東京高裁14民部総括 ( 名古屋家裁所長 ) 2023年4月18日
109 36期 団藤丈士 61歳 東大 2017年12月22日 広島地裁所長 ( 東京高裁民事部判事 ) 2023年4月28日
110 39期 金子直史 61歳 東大 2018年11月24日 広島高裁松江支部長 ( 横浜地家裁小田原支部長 ) 2023年5月10日
111 40期 岸日出夫 61歳 中央大 2019年2月12日 高松地裁所長 ( 東京地家裁立川支部長 ) 2023年5月13日
112 42期 笠井之彦 61歳 東大 2015年6月29日 最高裁経理局長 ( 東京地裁7民部総括 ) 2023年5月21日
113 40期 森純子 61歳 東大 2018年10月4日 大阪地裁所長代行者 ( 大阪地裁1民部総括(民事上席判事)(保全部) ) 2023年5月23日
114 38期 植屋伸一 61歳 京大 2018年8月27日 京都家裁所長 ( 高松家裁所長 ) 2023年5月25日
115 35期 大鷹一郎 61歳 早稲田大 2018年5月5日 知財高裁第4部部総括 ( 大津地家裁所長 ) 2023年6月13日
116 37期 村上正敏 61歳 京大 2019年2月12日 東京高裁20民部総括 ( 高松地裁所長 ) 2023年6月17日
117 39期 栗原壮太 61歳 早稲田大 2018年4月30日 旭川地家裁所長 ( 東京高裁21民判事 ) 2023年6月23日
118 36期 若園敦雄 61歳 大阪大 2017年6月23日 東京高裁1刑部総括 ( 長野地家裁所長 ) 2023年6月29日
119 40期 本間健裕 61歳 早稲田大 2019年4月1日 盛岡地家裁所長 ( 東京簡裁司掌裁判官 ) 2023年7月19日
120 36期 鬼澤友直 61歳 東大 2018年10月6日 福岡高裁1刑部総括 ( 岡山地裁所長 ) 2023年7月22日
121 36期 白石史子 61歳 東大 2016年7月29日 東京高裁2民部総括 ( 京都家裁所長 ) 2023年8月17日
122 37期 尾島明 59歳 東大 2018年1月9日 最高裁首席調査官 ( 東京高裁16民部総括 ) 2023年9月1日
123 37期 和田真 61歳 京大 2017年7月15日 大阪高裁1刑部総括 ( 函館地家裁所長 ) 2023年9月4日
124 38期 大島眞一 61歳 神戸大 2018年11月14日 奈良地家裁所長 ( 徳島地家裁所長 ) 2023年9月11日
125 38期 永井裕之 60歳 中央大 2018年1月2日 宮崎地家裁所長 ( 大阪家裁家事第1部部総括 ) 2023年10月17日
126 35期 高橋譲 60歳 早稲田大 2018年11月7日 千葉家裁所長 ( 大阪高裁13民部総括 ) 2023年10月20日
127 37期 田口直樹 60歳 専修大 2018年11月14日 長崎地家裁所長 ( 福岡地家裁小倉支部長 ) 2023年11月1日
128 期外 山口厚 65歳 東大 2017年2月6日 最高裁判事・一小 ( 弁護士 ) 2023年11月6日
129 39期 平田豊 60歳 東大 2018年12月18日 福岡地裁所長 ( 最高裁民事局長 ) 2023年11月29日
130 38期 志田原信三 60歳 中央大 2018年5月15日 大阪高裁10民部総括(家事抗告集中部) ( 岡山家裁所長 ) 2023年12月12日
131 39期 大野勝則 60歳 早稲田大 2018年8月30日 新潟地裁所長 ( 東京地裁刑事部第一所長代行(9刑部総括) ) 2023年12月12日
132 40期 芦高源 60歳 2019年3月28日 福岡高裁宮崎支部刑事部部総括 ( 神戸地裁1刑部総括 ) 2023年12月16日
133 36期 宮崎英一 60歳 中央大 2018年12月27日 神戸地裁所長 ( 大阪高裁2刑部総括 ) 2024年1月31日
134 37期 石栗正子 60歳 東大 2019年4月22日 札幌家裁所長 ( 函館地家裁所長 ) 2024年2月16日
135 38期 足立哲 60歳 慶応大 2018年8月30日 東京高裁7民部総括 ( 新潟地裁所長 ) 2024年2月27日
136 38期 岩木宰 60歳 中央大 2019年5月18日 福岡高裁2民部総括 ( 佐賀地家裁所長 ) 2024年3月9日
137 38期 遠藤真澄 60歳 琉球大 2017年4月19日 那覇家裁所長 ( さいたま家裁家事部部総括 ) 2024年3月12日
138 39期 金子武志 60歳 2018年10月31日 札幌高裁刑事部部総括 ( 千葉地裁2刑部総括 ) 2024年3月22日
139 36期 増田隆久 60歳 東大 2018年11月14日 高松高裁第4部部総括(民事) ( 長崎地家裁所長 ) 2024年3月28日
140 40期 斎藤正人 60歳 早稲田大 2019年3月23日 名古屋高裁金沢支部刑事部部総括 ( 京都地裁2刑部総括 ) 2024年4月3日
141 39期 土田昭彦 60歳 中央大 2018年1月29日 秋田地家裁所長 ( 東京高裁8民判事 ) 2024年4月28日
142 37期 鹿野伸二 60歳 九州大 2018年1月9日 名古屋家裁所長 ( 広島家裁所長 ) 2024年5月4日
143 38期 相澤哲 60歳 東大 2019年4月1日 前橋地裁所長 ( 山形地家裁所長 ) 2024年5月15日
144 41期 東海林保 59歳 明治大 2018年12月4日 水戸家裁所長 ( 千葉地家裁松戸支部長 ) 2024年6月7日
145 41期 山田明 60歳 早稲田大 2019年4月1日 釧路地家裁所長 ( 大阪高裁3民判事 ) 2024年7月18日
146 34期 戸倉三郎 65歳 一橋大 2017年3月14日 最高裁判事・三小 ( 東京高裁長官 ) 2024年8月11日
147 40期 古閑美津恵 60歳 中央大 2019年1月23日 静岡地家裁沼津支部長 ( 千葉家裁家事部部総括 ) 2024年8月11日
148 34期 深山卓也 65歳 東大 2018年1月9日 最高裁判事・一小 ( 東京高裁長官 ) 2024年9月2日
149 37期 中里智美 60歳 中央大 2018年9月10日 東京高裁3刑部総括 ( 水戸地裁所長 ) 2024年9月10日
150 38期 長谷川恭弘 60歳 名古屋大 2016年6月7日 名古屋地家裁岡崎支部長 ( 名古屋高裁4民判事 ) 2024年9月14日
151 38期 三浦透 60歳 東大 2018年12月27日 大阪高裁2刑部総括 ( 大分地家裁所長 ) 2024年9月27日
152 38期 大善文男 59歳 早稲田大 2019年2月25日 さいたま地裁所長 ( 仙台地裁所長 ) 2024年11月3日
153 38期 西井和徒 59歳 大阪大 2017年8月29日 福岡高裁4民部総括 ( 神戸地裁3民部総括(破産再生執行保全部) ) 2024年11月11日
154 37期 長井秀典 59歳 東大 2018年5月15日 岡山家裁所長 ( 広島高裁岡山支部第1部部総括 ) 2024年12月1日
155 38期 岩坪朗彦 59歳 東大 2018年12月27日 大分地家裁所長 ( 前橋地家裁高崎支部長 ) 2024年12月27日
156 37期 八木一洋 59歳 東大 2018年1月5日 東京高裁15民部総括 ( 前橋地裁所長 ) 2025年1月8日
157 38期 杉山愼治 59歳 一橋大 2018年8月3日 高松高裁第1部部総括(刑事) ( 東京高裁10刑判事 ) 2025年1月22日
158 36期 中村也寸志 59歳 東大 2019年1月23日 大阪高裁4民部総括 ( 和歌山地家裁所長 ) 2025年1月28日
159 38期 近藤宏子 59歳 慶応大 2018年1月24日 静岡家裁所長 ( 横浜地裁5刑部総括 ) 2025年1月29日
160 36期 小林久起 59歳 東大 2017年10月4日 仙台高裁2民部総括 ( さいたま地裁3民部総括(破産再生執行保全部) ) 2025年1月31日
161 37期 松井英隆 59歳 中央大 2019年5月24日 熊本地裁所長 ( 鹿児島地家裁所長 ) 2025年2月15日
162 38期 岩井伸晃 59歳 東大 2019年7月16日 東京高裁16民部総括 ( 宇都宮地家裁所長 ) 2025年2月25日
163 39期 中山孝雄 59歳 中央大 2018年9月7日 長野地家裁所長 ( 東京地裁民事部第一所長代行 ) 2025年3月15日
164 32期 草野耕一 64歳 東大 2019年2月13日 最高裁判事・二小 ( 弁護士 ) 2025年3月22日
165 37期 西川知一郎 59歳 東大 2019年5月24日 大阪高裁7民部総括 ( 大津地家裁所長 ) 2025年4月22日
166 38期 吉村典晃 59歳 東大 2018年1月9日 広島家裁所長 ( 横浜地家裁川崎支部長 ) 2025年5月13日
167 38期 大久保正道 59歳 早稲田大 2018年7月10日 福岡高裁那覇支部長 ( 横浜地裁1民部総括(行政部) ) 2025年5月21日
168 38期 三角比呂 59歳 中央大 2018年7月4日 静岡地裁所長 ( 司研第一部上席教官 ) 2025年7月15日
169 学者 宇賀克也 64歳 東大 2019年3月20日 最高裁判事・三小 ( ) 2025年7月21日
170 39期 橋本一 59歳 2019年6月11日 広島高裁岡山支部長 ( 広島高裁岡山支部第1部部総括 ) 2025年8月2日
171 38期 小野瀬厚 59歳 東大 2019年7月17日 宇都宮地家裁所長 ( 東京高裁判事 ) 2025年9月8日
172 37期 矢尾渉 59歳 東大 2018年4月17日 福岡高裁1民部総括 ( 那覇地裁所長 ) 2025年9月16日
173 38期 石原稚也 59歳 名古屋大 2018年11月14日 徳島地家裁所長 ( 高松高裁第4部部総括(民事) ) 2025年9月18日
174 39期 太田晃詳 58歳 東大 2018年3月1日 福島家裁所長 ( 東京地家裁立川支部長 ) 2025年10月6日
175 40期 清水響 58歳 東大 2019年1月23日 和歌山地家裁所長 ( 横浜地家裁川崎支部長 ) 2025年10月26日
176 39期 本多知成 58歳 金沢大 2019年5月13日 札幌地裁所長 ( 札幌高裁3民部総括 ) 2025年11月2日
177 39期 石川恭司 58歳 上智大 2019年3月23日 福井地家裁所長 ( 名古屋高裁金沢支部刑事部部総括 ) 2025年11月23日
178 39期 矢尾和子 58歳 慶応大 2018年7月4日 司研第一部上席教官 ( 東京簡裁司掌裁判官 ) 2025年12月7日
179 40期 大竹昭彦 58歳 東大 2019年2月25日 仙台地裁所長 ( 東京地裁8民部総括(商事部) ) 2025年12月16日
180 38期 木納敏和 58歳 法政大 2018年11月7日 大阪高裁13民部総括 ( 松江地家裁所長 ) 2025年12月30日
181 40期 冨田一彦 58歳 東大 2019年5月13日 札幌高裁3民部総括 ( 神戸地裁3民部総括(破産再生執行保全部) ) 2026年1月20日
182 37期 菅野雅之 58歳 東大 2017年7月9日 東京高裁4民部総括 ( 宇都宮地裁所長 ) 2026年3月7日
183 39期 片山昭人 58歳 東大 2019年5月24日 鹿児島地家裁所長 ( 福岡地裁4民部総括(破産再生執行保全部) ) 2026年3月8日
184 41期 遠藤邦彦 58歳 京大 2018年7月12日 司研刑裁上席教官 ( 大阪地裁10刑部総括(刑事上席判事)(令状部) ) 2026年3月18日
185 38期 鹿子木康 58歳 東大 2018年10月26日 福島地裁所長 ( 横浜地裁3民部総括(破産再生執行保全部) ) 2026年3月22日
186 40期 渡部勇次 58歳 京大 2019年9月2日 水戸地裁所長 ( 東京地裁民事部第一所長代行 ) 2026年3月25日
187 39期 牧賢二 58歳 関西大 2018年10月19日 松山地家裁所長 ( 京都地裁2民部総括(知財部) ) 2026年3月31日
188 39期 平木正洋 58歳 東大 2019年4月1日 東京高裁12刑部総括 ( 前橋地裁所長 ) 2026年4月3日
189 39期 本多久美子 58歳 大阪大 2018年10月13日 鳥取地家裁所長 ( 神戸地裁3民部総括(破産再生執行保全部) ) 2026年4月7日
190 41期 中垣内健治 58歳 京大 2016年7月29日 大阪地家裁堺支部長 ( 大阪地裁14民部総括(執行部) ) 2026年4月24日
191 40期 辻川靖夫 58歳 京大 2018年11月1日 高松家裁所長 ( 東京家裁少年部所長代行者(少年第3部部総括) ) 2026年5月25日
192 39期 青木晋 58歳 早稲田大 2019年5月18日 佐賀地家裁所長 ( 東京高裁12民判事 ) 2026年7月5日
193 40期 岡田健 58歳 2018年11月14日 福岡地家裁久留米支部長 ( 福岡地裁5民部総括(行政・労働部) ) 2026年7月30日
194 39期 高山光明 58歳 早稲田大 2018年11月24日 横浜地家裁小田原支部長 ( さいたま地裁1刑部総括 ) 2026年8月4日
195 40期 宮坂昌利 58歳 東大 2018年10月6日 山口地家裁所長 ( 東京高裁11民判事 ) 2026年8月17日
196 40期 中村慎 58歳 京大 2019年9月2日 最高裁事務総長 ( 水戸地裁所長 ) 2026年9月12日
197 42期 梅本圭一郎 57歳 一橋大 2019年4月1日 東京簡裁司掌裁判官 ( 東京地裁42民部総括 ) 2026年10月22日
198 40期 水野有子 57歳 京大 2018年8月27日 東京家裁家事部所長代行者(家事第1部部総括) ( 東京家裁家事第3部部総括 ) 2026年10月22日
199 34期 三浦守 62歳 東大 2018年2月26日 最高裁判事・二小 ( 大阪高検検事長 ) 2026年10月23日
200 43期 中牟田博章 57歳 2016年12月14日 長崎地家裁佐世保支部長 ( 福岡地裁小倉支部2刑部総括 ) 2026年10月25日
201 40期 相澤眞木 57歳 2019年2月12日 東京地家裁立川支部長 ( 東京地裁21民部総括(執行部) ) 2027年3月15日
202 39期 徳岡由美子 57歳 神戸大 2016年1月31日 神戸地家裁姫路支部長 ( 大阪地裁10民部総括(建築・調停部) ) 2027年5月10日
203 40期 細田啓介 57歳 東大 2018年7月12日 甲府地家裁所長 ( 司研刑裁上席教官 ) 2027年7月10日
204 41期 堀田眞哉 57歳 京大 2014年9月12日 最高裁人事局長 ( 最高裁秘書課長 ) 2027年7月22日
205 34期 林道晴 62歳 東大 2019年9月2日 最高裁判事・三小 ( 東京高裁長官 ) 2027年8月31日
206 40期 伊藤雅人 57歳 北海道大 2018年8月30日 東京地裁刑事部第一所長代行(9刑部総括) ( 東京地裁刑事部第二所長代行(14刑部総括)(令状部) ) 2027年9月8日
207 40期 萩本修 56歳 早稲田大 2017年11月26日 金沢地家裁所長 ( 東京高裁民事部判事 ) 2027年10月6日
208 40期 森冨義明 56歳 2018年12月4日 千葉地家裁松戸支部長 ( さいたま地裁3民部総括(破産再生執行保全部) ) 2027年10月20日
209 43期 手嶋あさみ 56歳 東大 2018年9月10日 最高裁家庭局長 ( 東京地裁14民部総括(医事部) ) 2027年10月30日
210 39期 増田稔 56歳 東大 2018年4月17日 那覇地裁所長 ( 東京高裁民事部判事 ) 2027年10月31日
211 35期 岡村和美 61歳 早稲田大 2019年10月2日 最高裁判事・二小 ( 消費者庁長官) 2027年12月23日
212 42期 福井章代 55歳 早稲田大 2018年10月31日 最高裁民事上席調査官 ( 司研第一部教官 ) 2028年1月11日
213 41期 小林宏司 56歳 東大 2016年2月22日 最高裁行政上席調査官 ( 東京地裁51民部総括(行政部) ) 2028年3月1日
214 41期 後藤健 56歳 東大 2019年9月2日 東京地裁民事部第一所長代行 ( 東京地裁民事部第二所長代行(9民部総括)(保全部) ) 2028年6月21日
215 41期 田中健治 56歳 京大 2015年9月12日 神戸地家裁尼崎支部長 ( 大阪地裁7民部総括(租税・行政部) ) 2028年7月5日
216 42期 村田斉志 56歳 早稲田大 2018年9月10日 最高裁総務局長 ( 最高裁家庭局長 ) 2028年8月25日
217 40期 阪本勝 55歳 東大 2018年11月20日 さいたま地家裁川越支部長 ( 千葉地裁3民部総括(行政部) ) 2028年10月30日
218 43期 安東章 55歳 京大 2018年1月5日 最高裁刑事局長 ( 最高裁情報政策課長 ) 2029年4月19日
219 42期 齋藤啓昭 54歳 早稲田大 2017年6月1日 最高裁刑事上席調査官 ( 東京地裁3刑部総括 ) 2030年1月23日
220 46期 井上直哉 54歳 京大 2016年4月1日 大阪高裁事務局長 ( 大阪地裁22民判事 ) 2030年8月8日
221 48期 安永健次 53歳 2016年4月18日 福岡高裁事務局長 ( 福岡高裁2刑判事 ) 2031年6月28日
222 46期 鈴木謙也 52歳 東大 2019年7月4日 司研民裁上席教官(推測) ( 東京地裁37民部総括 ) 2032年6月8日
223 45期 門田友昌 51歳 京大 2018年12月18日 最高裁民事局長 ( 東京地裁11民部総括(労働部) ) 2033年4月3日
224 46期 佐伯恒治 50歳 東大 2018年1月5日 最高裁情報政策課長 ( 東京高裁3刑判事 ) 2033年10月23日
225 46期 染谷武宣 50歳 一橋大 2016年4月1日 司研事務局長 ( 司研刑裁教官 ) 2034年1月31日
226 47期 小野寺真也 50歳 東大 2019年4月1日 東京高裁事務局長 ( 東京地裁8民判事(商事部) ) 2034年5月11日
227 49期 大須賀寛之 49歳 早稲田大 2019年7月16日 最高裁秘書課長 ( 大阪地裁3民判事 ) 2035年9月24日
228 47期 石井伸興 48歳 東大 2017年12月20日 最高裁審議官 ( 最高裁総務局参事官 ) 2036年2月28日
229 48期 友重雅裕 48歳 東大 2016年6月20日 広島高裁事務局長 ( 広島高裁第1部判事(刑事) ) 2036年3月15日
230 47期 福田千恵子 48歳 2018年4月1日 名古屋高裁事務局長 ( 名古屋地裁10民部総括 ) 2036年3月16日
231 50期 宮田祥次 48歳 2018年4月1日 仙台高裁事務局長 ( 福島地裁刑事部部総括 ) 2036年3月16日
232 52期 井戸俊一 46歳 2018年4月1日 札幌高裁事務局長 ( 司研刑裁教官 ) 2038年3月9日
233 51期 松阿弥隆 46歳 2018年4月1日 高松高裁事務局長 ( 高松高裁第2部判事(民事) ) 2038年9月10日

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

企業法務のための民事訴訟の実務解説 [ 圓道至剛 ]
価格:4180円(税込、送料無料) (2019/11/13時点)

楽天で購入

 

 

元裁判官の弁護士が著者であり,民事訴訟に関する実務がよく分かります。

 

裁判官の退官情報

◯平成29年4月1日以降に退官した裁判官の修習期,氏名,退官発令日,退官時の年齢,最終学歴(分かる人の分だけ),退官理由及び退官時のポストを掲載しています(外務省の在外公館,衆議院法制局,預金保険機構等への出向に伴う形式的な依願退官は掲載していません。)。
裁判官枠出身の最高裁判事,弁護士枠出身の最高裁判事,その他枠出身の最高裁判事及び高裁長官については着色しています。

2020年
36期 本多俊雄 2020年3月17日 64歳 京大 依願退官 大阪高裁5民部総括
36期 増田隆久 2020年3月15日 60歳 東大 依願退官 高松高裁第4部部総括(民事)
36期 松並重雄 2020年3月10日 62歳 東大 依願退官 名古屋高裁2民部総括
37期 都築政則 2020年2月28日 65歳 東大 定年3 東京高裁19民部総括
33期 江口とし子 2020年2月26日 65歳 東大 定年3 大阪高裁3民部総括
36期 小林元二 2020年2月9日 65歳 東大 定年 東京高裁10民判事
31期 山下郁夫 2020年2月6日 65歳 東大 定年 大阪高裁11民部総括(民事抗告集中部)
33期 小林昭彦 2020年2月5日 65歳 東北大 定年 福岡高裁長官
39期 芦澤政治 2020年1月31日 63歳 早稲田大 依願退官 東京高裁8刑部総括
40期 山本善彦 2020年1月31日 65歳 京大 定年 大阪高裁13民判事
70期 佐野眞由美 2020年1月31日 28歳 依願退官 福島地家裁判事補
35期 金村敏彦 2020年1月28日 65歳 広島大院 定年 広島高裁第3部部総括(民事)
34期 森一岳 2020年1月25日 65歳 東大 定年 広島高裁第4部部総括(民事)
34期 岸和田羊一 2020年1月3日 65歳 九州大 定年 福岡家裁所長
2019年

45期 菊池章 2019年12月31日 51歳 東大 依願退官 東京高裁14民判事
45期 外山勝浩 2019年12月31日 64歳 依願退官 さいたま地家裁熊谷支部判事
40期 阿部浩巳 2019年12月30日 59歳 依願退官 東京高裁10刑判事
46期 金田洋一 2019年12月12日 65歳 定年 大阪家裁家事第3部判事(遺産分割・財産管理部)
33期 中川博之 2019年12月8日 65歳 神戸大院 定年 大阪家裁所長
33期 高橋徹 2019年11月1日 62歳 東大 依願退官 名古屋高裁2刑部総括
36期 窪木稔 2019年10月28日 65歳 定年 仙台家裁所長
66期 溝上瑛里 2019年10月15日 31歳 依願退官 徳島家地裁判事補
48期 樋上慎二 2019年10月6日 53歳 病死等 大阪高裁2刑判事
42期 齋木稔久 2019年9月30日 62歳 依願退官 大阪家裁家事第2部部総括
期外 山本庸幸 2019年9月26日 70歳 定年 最高裁判事・二小
39期 河田充規 2019年9月15日 61歳 依願退官 大阪高裁12民判事
27期 山崎敏充 2019年8月31日 70歳 定年 最高裁判事・三小
39期 戸田彰子 2019年8月17日 61歳 依願退官 名古屋地家裁一宮支部長
35期 萩原秀紀 2019年7月16日 61歳 明治大 依願退官 東京高裁16民部総括
40期 白神恵子 2019年7月6日 65歳 定年 神戸家裁少年部判事
33期 中西茂 2019年6月22日 65歳 東大 定年 東京高裁21民部総括
34期 松本清隆 2019年6月11日 62歳 東大 依願退官 広島高裁岡山支部長
46期 村上泰彦 2019年6月10日 57歳 大阪大 依願退官 神戸地家裁姫路支部判事
36期 黒津英明 2019年6月1日 62歳 依願退官 東京高裁4民判事
39期 高橋光雄 2019年5月26日 65歳 定年 仙台地家裁古川支部長
32期 池田光宏 2019年5月24日 64歳 東北大 依願退官 大阪高裁7民部総括
34期 須田啓之 2019年5月18日 65歳 東大 定年 福岡高裁2民部総括
35期 小川浩 2019年5月10日 63歳 一橋大 依願退官 仙台高裁1民部総括
38期 峯俊之 2019年4月15日 61歳 早稲田大 依願退官 甲府地裁民事部部総括
41期 飯畑正一郎 2019年4月11日 60歳 中央大 任期終了 大阪高裁4刑判事
41期 佐藤美穂 2019年4月11日 54歳 任期終了 さいたま家裁家事部判事
41期 前田昌宏 2019年4月11日 58歳 任期終了 大阪地裁14民判事(執行部)
34期 山口裕之 2019年4月1日 65歳 東大 定年 名古屋高裁1刑部総括
33期 竹内純一 2019年3月31日 64歳 北海道大 依願退官 札幌高裁3民部総括
48期 山崎栄一郎 2019年3月31日 53歳 慶応大 依願退官 東京高裁2民判事
44期 小濱浩庸 2019年3月31日 63歳 依願退官 千葉地裁1民部総括(労働部)
60期 豊島英征 2019年3月31日 38歳 依願退官 東京地裁27民判事(交通部)
42期 樋口隆明 2019年3月31日 64歳 早稲田大 依願退官 長野家地裁判事
37期 渡辺雅道 2019年3月31日 61歳 依願退官 奈良家地裁判事
64期 大下良仁 2019年3月31日 33歳 九州大院 依願退官 東京地裁判事補
65期 河村豪俊 2019年3月31日 32歳 東大 依願退官 東京地裁判事補
69期 長谷川皓一 2019年3月31日 30歳 東大院 依願退官 静岡地裁判事補
64期 合田顕宏 2019年3月31日 33歳 慶応大院 依願退官 静岡家地裁判事補
67期 村島裕美 2019年3月31日 30歳 依願退官 静岡家地裁浜松支部判事補
67期 森田武士 2019年3月31日 33歳 依願退官 那覇地家裁判事補
68期 宮光宗司 2019年3月31日 31歳 同志社大院 依願退官 函館地家裁判事補
34期 大泉一夫 2019年3月28日 65歳 早稲田大 定年 熊本家裁所長
38期 竹田光広 2019年3月27日 61歳 早稲田大 病死等 札幌家裁所長
35期 田村眞 2019年3月22日 64歳 中央大 依願退官 岐阜地家裁所長
28期 岡部喜代子 2019年3月20日 70歳 慶応大 定年 最高裁判事・三小
45期 片岡武 2019年3月18日 65歳 定年3 東京家裁家事第5部部総括(遺産分割部)
43期 鈴木芳胤 2019年3月13日 62歳 東大 依願退官 岐阜地裁刑事部部総括
35期 斉木敏文 2019年3月1日 63歳 北大 依願退官 東京高裁9民部総括
36期 市村弘 2019年3月1日 63歳 一橋大 依願退官 仙台高裁3民部総括
33期 佐藤道明 2019年2月28日 64歳 早稲田大 依願退官 新潟家裁所長
63期 水田直希 2019年2月28日 34歳 依願退官 津地家裁判事補
32期 山田俊雄 2019年2月25日 65歳 東大 定年 さいたま地裁所長
40期 永井秀明 2019年2月15日 65歳 東大 定年 前橋地家裁高崎支部判事
36期 畠山稔 2019年2月12日 65歳 東大 定年 東京高裁20民部総括
27期 鬼丸かおる 2019年2月7日 70歳 東大 定年 最高裁判事・二小
32期 田川直之 2019年1月23日 65歳 京大 定年 大阪高裁4民部総括
35期 田島清茂 2019年1月10日 65歳 中央大 定年 さいたま地家裁熊谷支部長
45期 島田尚登 2019年1月6日 65歳 定年 前橋家地裁判事
36期 佐久間政和 2019年1月2日 65歳 東大 定年 千葉地家裁佐倉支部長

2018年

36期 庄司芳男 2018年12月31日 64歳 依願退官 東京高裁22民判事
35期 藤下健 2018年12月27日 65歳 東大 定年 大阪高裁5民部総括
31期 小泉博嗣 2018年12月16日 65歳 京大 定年 大阪高裁長官
33期 中山顕裕 2018年12月4日 62歳 東大 依願退官 水戸家裁所長
36期 栂村明剛 2018年11月24日 65歳 定年 広島高裁松江支部長
37期 浦木厚利 2018年11月22日 65歳 定年 東京高裁10民判事
30期 大工強 2018年11月20日 64歳 京大 依願退官 前橋家裁所長
31期 播磨俊和 2018年11月14日 65歳 一橋大 定年 神戸家裁所長
43期 佐々木亘 2018年11月10日 57歳 依願退官 広島高裁第3部判事(民事)
31期 高麗邦彦 2018年11月7日 65歳 立教大 定年 千葉家裁所長
39期 橋本眞一 2018年11月2日 61歳 中央大 依願退官 大阪地裁堺支部2民部総括
42期 石原寿記 2018年11月1日 62歳 早稲田大 依願退官 東京高裁19民判事
59期 中村有希 2018年10月31日 40歳 東大 依願退官 横浜地家裁横須賀支部判事
37期 登石郁朗 2018年10月30日 64歳 東大 依願退官 札幌高裁刑事部部総括
32期 嶋原文雄 2018年10月26日 65歳 中央大 定年 仙台高裁刑事部部総括
34期 岡田信 2018年10月19日 63歳 金沢大 依願退官 福岡高裁2刑部総括
34期 内藤正之 2018年10月15日 61歳 一橋大 依願退官 名古屋高裁金沢支部長
34期 増田耕兒 2018年10月13日 65歳 岡山大 定年 大阪高裁3刑部総括
32期 山口雅高 2018年10月6日 62歳 東大 依願退官 福岡高裁1刑部総括
34期 河野清孝 2018年10月4日 65歳 早稲田大 定年 東京高裁22民部総括
35期 森脇淳一 2018年9月30日 61歳 京大 依願退官 大阪高裁11民判事(民事抗告集中部)
58期 鎌田泉 2018年9月30日 46歳 慶応大 依願退官 横浜地家裁横須賀支部判事
31期 原優 2018年9月4日 65歳 東大 定年 名古屋高裁長官
63期 守屋麻依 2018年8月31日 35歳 依願退官 水戸家地裁下妻支部判事補
30期 菊池洋一 2018年8月27日 65歳 東大 定年 広島高裁長官
37期 村岡寛 2018年8月27日 65歳 早稲田大 定年 京都家裁所長
30期 田村幸一 2018年8月26日 65歳 東北大 定年 高松高裁長官
42期 松原里美 2018年8月24日 65歳 慶応大 定年 さいたま地裁3刑部総括
52期 福島かなえ 2018年8月17日 44歳 京大 依願退官 司研第一部教官
32期 大島隆明 2018年8月3日 64歳 東大 依願退官 東京高裁5特部総括
31期 吉田肇 2018年8月3日 65歳 京大 定年 高知地家裁所長
42期 山崎秀尚 2018年7月31日 58歳 早稲田大 依願退官 岐阜地家裁判事
32期 岡本岳 2018年7月12日 65歳 早稲田大 定年 甲府地家裁所長
31期 伊藤納 2018年7月10日 65歳 東大 定年 名古屋地裁所長
32期 竹内民生 2018年7月8日 65歳 中央大 定年 宇都宮家裁所長
36期 大須賀滋 2018年7月4日 65歳 東大 定年 横浜家裁所長
35期 原啓一郎 2018年7月1日 60歳 東大 依願退官 富山地家裁所長
37期 河合裕行 2018年5月15日 65歳 中央大 定年 大阪高裁10民部総括(家事抗告集中部)
31期 清水節 2018年5月5日 65歳 東大 定年 知財高裁所長
30期 藤山雅行 2018年4月30日 65歳 京大 定年 名古屋高裁4民部総括
52期 鈴木祐治 2018年4月30日 49歳 依願退官 さいたま家地裁越谷支部判事
33期 佐藤明 2018年4月17日 63歳 中央大 依願退官 福岡高裁1民部総括
40期 酒井康夫 2018年4月12日 64歳 任期終了 大阪高裁2刑判事
50期 宮本博文 2018年4月12日 48歳 任期終了 広島高裁第3部判事(民事)
30期 駒谷孝雄 2018年4月7日 64歳 早稲田大 任期終了 さいたま地家裁越谷支部長
41期 棚橋哲夫 2018年3月31日 62歳 東大 依願退官 東京家裁家事第3部部総括
43期 栗原正史 2018年3月31日 62歳 依願退官 さいたま地裁2刑部総括
42期 岡田治 2018年3月31日 63歳 東大 依願退官 津地裁民事部部総括
39期 松尾嘉倫 2018年3月31日 62歳 依願退官 福岡地家裁飯塚支部長
45期 本間陽子 2018年3月31日 58歳 依願退官 千葉地裁5民判事
56期 諸岡亜衣子 2018年3月31日 39歳 慶応大 依願退官 水戸地家裁土浦支部判事
52期 渡部美佳 2018年3月31日 44歳 京大 依願退官 大阪地裁9民判事
50期 高松みどり 2018年3月31日 50歳 依願退官 京都地裁6民判事(労働部)
37期 川口泰司 2018年3月31日 61歳 依願退官 大津家地裁判事
43期 難波宏 2018年3月31日 56歳 依願退官 広島地家裁福山支部判事
64期 大野崇 2018年3月31日 33歳 依願退官 横浜地家裁川崎支部判事補
66期 渡邊遥香 2018年3月31日 30歳 依願退官 津地家裁判事補
64期 荒木雅俊 2018年3月31日 32歳 依願退官 福岡地家裁判事補
63期 渡邉容子 2018年3月31日 46歳 依願退官 高知家地裁判事補
68期 足羽麦子 2018年1月31日 29歳 慶応大院 依願退官 岐阜地裁判事補
29期 井上弘通 2018年1月24日 65歳 九州大 定年 大阪高裁長官
30期 山崎まさよ 2018年1月24日 65歳 東大 定年 静岡家裁所長
27期 小貫芳信 2018年1月16日 69歳 中央大院 依願退官 最高裁判事・二小
26期 寺田逸郎 2018年1月9日 70歳 東大 定年 最高裁長官(18)
27期 木内道祥 2018年1月2日 70歳 東大 定年 最高裁判事・三小
29期 永松健幹 2018年1月2日 65歳 九州大 定年 福岡地裁所長
31期 奥田正昭 2018年1月1日 65歳 中央大 定年 東京地裁所長

2017年

55期 宮嵜秀典 2017年12月31日 39歳 九州大 依願退官 鹿児島家地裁判事
29期 富田善範 2017年12月22日 65歳 東大 定年 横浜地裁所長
33期 野々上友之 2017年12月21日 65歳 東大 定年 広島高裁第2部部総括(民事)
40期 齋藤繁道 2017年12月17日 58歳 中央大 病死等 東京高裁5民判事
35期 古賀輝郎 2017年12月1日 63歳 依願退官 広島地家裁福山支部長
41期 大澤晃 2017年12月1日 57歳 東大 依願退官 神戸地家裁明石支部長
35期 田近年則 2017年11月26日 61歳 京大 依願退官 金沢地家裁所長
38期 尾立美子 2017年11月11日 61歳 九州大 依願退官 横浜地家裁川崎支部判事
54期 堤雄二 2017年11月1日 41歳 依願退官 静岡地家裁沼津支部判事
29期 柴田寛之 2017年10月24日 65歳 中央大 定年 千葉地裁所長
29期 川合昌幸 2017年10月23日 65歳 東大 定年 広島高裁長官
31期 川口代志子 2017年10月4日 65歳 東大 定年 新潟家裁所長
57期 百瀬梓 2017年10月3日 37歳 病死等 名古屋家裁家事第2部判事
32期 鈴木浩美 2017年10月1日 65歳 明治大 定年 福岡高裁3刑部総括
32期 笹野明義 2017年9月30日 65歳 大阪大 定年 大阪高裁6刑部総括
59期 清水亜希 2017年9月30日 40歳 早稲田大 依願退官 千葉地家裁松戸支部判事
34期 齊藤大巳 2017年9月16日 64歳 早稲田大院 依願退官 高知地家裁所長
34期 小野洋一 2017年9月3日 62歳 京大 依願退官 東京高裁23民部総括
33期 小久保孝雄 2017年9月1日 65歳 広島大院 定年 高松高裁長官
43期 福島政幸 2017年8月31日 59歳 東北大 依願退官 東京高裁15民判事
34期 沼田寛 2017年8月29日 65歳 中央大 定年 前橋家裁所長
33期 田中義則 2017年8月25日 65歳 京大 定年 大阪高裁9民判事(家事抗告集中部)
39期 大沼和子 2017年8月13日 65歳 一橋大 定年 さいたま家地裁熊谷支部判事
35期 樋口英明 2017年8月11日 65歳 京大 定年 名古屋家裁家事第1部部総括
33期 山田和則 2017年8月10日 65歳 中央大 定年 仙台高裁秋田支部長
34期 鬼頭清貴 2017年8月4日 65歳 定年 名古屋地家裁豊橋支部長
36期 櫻井達朗 2017年7月29日 58歳 一橋大 依願退官 静岡家地裁判事
31期 福崎伸一郎 2017年7月15日 65歳 東大 定年 大阪高裁1刑部総括
42期 舟橋恭子 2017年7月15日 60歳 京大 依願退官 津家地裁判事
34期 豊沢佳弘 2017年7月9日 60歳 東大 依願退官 東京高裁4民部総括
35期 小田幸生 2017年7月1日 61歳 東大 依願退官 福岡高裁4民判事
30期 川谷道郎 2017年6月27日 65歳 大阪大 定年 鳥取地家裁所長
30期 並木正男 2017年6月25日 65歳 一橋大 定年 大阪地裁所長
33期 小坂敏幸 2017年6月18日 61歳 大阪市大 依願退官 東京高裁1刑部総括
35期 山田敏彦 2017年6月5日 65歳 早稲田大 定年 盛岡地家裁所長
30期 吉田京子 2017年6月3日 65歳 定年 福岡家地裁小倉支部判事
38期 野村高弘 2017年5月21日 62歳 京大 依願退官 横浜地家裁小田原支部長
30期 木下秀樹 2017年5月19日 65歳 中央大 定年 福井地家裁所長
31期 山田知司 2017年5月1日 62歳 東大 依願退官 大阪高裁8民部総括(知財集中部)
30期 森宏司 2017年4月19日 65歳 大阪大 定年 大阪高裁12民部総括
49期 新阜真由美 2017年4月10日 46歳 早稲田大院 任期終了 大阪高裁9民判事(家事抗告集中部)
49期 佐藤建 2017年4月10日 44歳 中央大 任期終了 大阪高裁4刑判事
49期 常盤紀之 2017年4月10日 47歳 任期終了 水戸地家裁龍ヶ崎支部長
39期 植野聡 2017年4月10日 59歳 東大 任期終了 大阪地裁10刑判事(令状部)
32期 河合健司 2017年4月6日 65歳 早稲田大 定年 仙台高裁長官

*0 以下の記事も参照してください。
① 叙位の対象となった裁判官(平成31年1月以降の分)
② 退官発令日順の元裁判官の名簿(平成29年8月10日時点)
③ 平成20年度以降,任期終了により退官した裁判官の一覧
④ 裁判官人事情報2/2(元裁判官関係)
→ 平成元年度から平成30年度までの分を掲載しています。
*1 裁判官については,国家公務員に対する在職中の求職の規制(国家公務員法106条の3)が適用されず,これを準用する法令もありません(平成29年度(最情)答申第35号(平成29年10月2日答申))。
*2 退官後の裁判官の生活については,現代ビジネスHPの「嗚呼、裁判官たちの「第二の人生」はこんなに恵まれている」が参考になります。
*3 以下の申合せに基づき,裁判官は退官するまでに裁判書の写し等を全部,廃棄することになっています。
① 裁判官が所持する裁判書の写し等の廃棄に関する申合せ(平成29年12月18日高等裁判所長官申合せ)
② 裁判官が所持する裁判書の写し等の廃棄に関する申合せ(平成29年12月20日最高裁判所裁判官会議申合せ)



*4 裁判官が所持する裁判書の写し等の廃棄に関する申合せに関する照会及び回答(平成29年12月15日付)には,実質的議論は記載されていません。
*5 国立国会図書館HPレファレンス平成24年8月号に「国家公務員の天下り根絶に向けた近年の取組(資料) 」が載っています。

叙位の対象となった裁判官(平成31年1月以降の分)

1 平成31年1月以降に叙位の対象となった裁判官は,プロパーの簡易裁判所判事は除き,以下のとおりです(「元」が就いていない場合,在職中に死亡したことを意味します。)。
(平成31年→令和元年)
12月 4日:10期の上谷清  元大阪高裁長官(正三位)
11月26日:16期の日比幹夫 元大阪高裁6刑部総括(従三位)
11月16日:10期の古館清吾 元宇都宮家裁所長(正四位)
10月 6日:48期の樋上慎二 大阪高裁2刑判事(正四位)
8月29日: 3期の簑田速夫 元福岡地裁所長(従三位)
8月 6日:26期の大橋寛明 元札幌高裁長官(正三位)
7月31日:14期の松田光正 元浦和家裁少年部部総括(正四位)
7月30日: 期外の大嶋恵  元福岡地家裁小倉支部判事(従四位)
7月21日:32期の土屋靖之 元東京高裁3刑判事(正四位)
6月11日: 2期の蕪山厳  元東京高裁6民部総括(従三位)
5月30日:30期の平賀俊明 元横浜家裁川崎支部判事(正四位)
4月13日:21期の江見弘武 元高松高裁長官(正三位)
4月 9日:16期の浜崎恭生 元名古屋高裁長官(正三位)
3月27日:38期の竹田光広 札幌家裁所長(従三位)
3月16日:13期の寺本栄一 元名古屋高裁3民部総括(従三位)
2月 3日:14期の宍戸達徳 元東京高裁10民部総括(従三位)
2月 1日:18期の渡部雄策 元大阪高裁5民判事(正四位)
1月12日:48期の堀禎男  元東京地裁判事(従四位)
1月11日:18期の白井万久 元大阪高裁4刑部総括(従三位)

2(1) 叙位の対象となるのは死亡した裁判所職員であり,叙位の日付は死亡した日付です。
(2) 叙位の対象となった裁判所職員は毎月1日発行の裁判所時報に掲載されています。

3 以下の記事も参照してください。
① 裁判官の死亡退官
② 弁護士の自殺者数の推移(平成18年以降)
 裁判所時報マニュアル(平成31年4月に開示されたもの)

「匿名裁判官」と題するツイッターアカウント(平成31年1月に登録されたもの)に関する文書の存否は明らかにできないこと

1 令和元年8月6日付の理由説明書の「(3) 最高裁判所の考え方及びその理由」には以下の記載があります。
ア 本件申出に係る文書は,裁判官である可能性のある者の私的領域における活動についての文書であり,そのような文書の作成,取得等の目的や方法は様々であり得るものであって,必ずしも人事管理のためだけに保有するものとはいえないものの,仮に裁判官であった場合,裁判官の私的領域における活動については,その内容次第では服務規律に違反するものとなり得ることから,人事上の措置等に関する文書となり得る性質を有するものである。そのような性質を有する文書の保有の有無を明らかにすると,人事上の措置の必要性から作成,取得,管理,保存される文書の存否や内容を推認ないし憶測させることになり,人事管理に係る事務に関与する判断権者及び職員に対し,文書の作成,取得,管理,保存について好ましくない影響が生ずる等,公正かつ円滑な人事の確保に支障を及ぼすおそれがある(行政機関情報公開法第5条第6号二,平成31年度(情)答申第4号参照) 。
なお,苦情申出人は,本件ツイッターアカウントが匿名であることから,現職の裁判官の言動そのものと異なると主張するが,裁判官である可能性のある者の私的領域における活動についての文書であることには変わりがないがら,上記の主張は理由がない。
イ よって,裁判所の保有する司法行政文書の開示に関する事務の取扱要綱記第5に基づき,当該文書の存否を明らかにしないで不開示とした原判断は相当である。

2 令和元年8月19日現在,「匿名裁判官」と題するツイッターは,同年2月23日のツイートが最後です。

東京高裁が平成30年3月15日付で岡口基一裁判官を厳重注意処分とした 際に作成した文書の一部は不開示であること

1 令和元年8月5日付の理由説明書の「(3) 最高裁判所の考え方及びその理由」には以下の記載があります。
ア 苦情申出人に開示された注意書(以下「本件注意書」という。)には,厳重注意の内容が記載されており, これは行政機関情報公開法(以下「法」という。)第5条第1号に規定する個人識別情報に相当する。
   また,本件注意書の不開示部分は,当該裁判官に対する分限裁判の決定において明らかにされていない部分であるところ,同部分を開示すると,人事管理に係る事務に関与する判断権者及び職員に対し,文書の作成,管理,保存について好ましくない影響が生ずる等,公正かつ円滑な人事の確保に支障を及ぼすおそれがある情報を開示することになる(法第5条第6号二) 。
   なお,苦情申出人は,本件注意書の不開示部分がインターネットで公表されている可能性を主張するが,裁判所において同部分を公表したことはない。
イ 苦情申出人は,本件注意書に関する決裁文書が別に存在すると主張するが,東京高等裁判所が平成30年3月15日付けで行った厳重注意は,下級裁判所事務処理規則21条に基づき,事務の取扱いや行状についての改善を目的として行うものであって,懲戒処分のような制裁的な効果を伴わない措置であると解される。そして,同条によれば,その主体は,高等裁判所においては,高等裁判所長官とされており,専ら高等裁判所長官の責任において,注意の要否やその態様等を決することが予定されている。また,同条には,注意の方法等についての規定はなく,他に,注意の方法や文書の作成の要否等に関する定めも見当たらない。
   したがって,東京高等裁判所長官が下級裁判所事務処理規則21条に基づく厳重注意に係る意思決定を行うに際し,本件注意書以外の文書の作成が必ず求められるものではない(平成29年度(情)答申第1号参照)から,本件注意書以外の文書を作成又は取得していない。
ウ よって,原判断は相当である。

2 46期の岡口基一裁判官は,「分限裁判の記録」と題するブログを運営しており,ご自身の分限裁判のことを色々と公表されています。

3 46期の岡口基一裁判官に対する,平成30年3月15日付の注意書の文言は以下のとおりです。
   あなたは,裁判官であることを他者から認識できる状態で,性的な内容の文章や写真等を繰り返し投稿しているツイツターのアカウントを利用し,平成29年12月13日頃,特定の性犯罪事件についての判決を閲覧できる裁判所ウェブサイトのURLとともに, 「首を絞められて苦しむ女性の姿に性的興奮を覚える性癖を持った男」「そんな男に,無惨にも殺されてしまった17歳の女性」との投稿をインターネット上に公開して,被害者遺族の感情を傷つけ,(不開示部分)
このことは,裁判官として不適切であるとともに,裁判所に対する国民の信頼を損なう行為であって,誠に遺憾である。
   よって,今後再びこのようなことのないよう,下級裁判所事務処理規則第21条に基づき,厳重に注意する。


4 下級裁判所判例集に掲載する裁判例の選別基準等について(平成29年2月17日付の最高裁判所広報課長等の事務連絡)によれば,以下の刑事事件の判決書は裁判所HPに掲載しないこととなっています(ナンバリングを変更しています。)。
① 憲法第82条第2項により公開停止とされた事件
② 性犯罪(起訴罪名は性犯罪ではなくても,実質的に性犯罪と同視できる事件を含む。),犯行態様が凄惨な殺人事件など,判決書を公開することにより被害者・遺族などの関係者に大きな精神的被害を与えるおそれがある事件
③ 少年の刑事事件(判決時成人を含む。)
④ 名誉毀損罪や秘密漏示罪など,判決書を公開することにより再び被害を生じさせるおそれがある事件
⑤ その他,上記①から④までに準ずる事件

判事補及び検事の弁護士職務経験制度

0 歴代の弁護士職務経験判事補の受入法律事務所の一覧表(平成17年度から平成30年度まで)を掲載しています。

1(1) 判事補及び検事の弁護士職務経験に関する法律(平成16年6月18日法律第121号)(=弁護士職務経験法)に基づき,平成17年度から,任官10年以内の判事補及び検事の一部について,弁護士職務経験制度(=他職経験制度)が実施されています。
(2) 首相官邸HPの「判事補及び検事の弁護士職務経験に関する法律の概要」で図示されています。

2 弁護士職務経験に従事している判事補又は検事の地位は以下のとおりです。
① 法的な身分は裁判所事務官又は検察事務官となります(弁護士職務経験法2条3項及び6項)。
② 2年間,弁護士職務に従事します(弁護士職務経験法3条)。
③ 勤務先の法律事務所と雇用契約を締結します(弁護士職務経験法4条1項)。
④ 2年間の弁護士職務従事期間中,勤務先の法律事務所から給料を支払われますが,国からは給料をもらえません(弁護士職務経験法5条2項)。
⑤ 弁護士職務従事期間中は,退職手当の計算において,裁判官又は検事の勤続期間に含まれます(弁護士職務経験法11条2項に基づき,勤続期間の計算から除外される国家公務員退職手当法6条の4第1項の「現実に職務をとることを要しない期間」には該当しないとみなされるため。)。

3 判事補・検事の弁護士職務経験制度の状況については,日弁連HPの「基礎的な統計情報」(「弁護士の活動領域の拡大」の中にあります。)に掲載されています。

4 弁護士職務経験判事補名簿の元データは以下のとおりです。
平成17年度平成18年度平成19年度平成20年度
平成21年度平成22年度平成23年度平成24年度
平成25年度平成26年度平成27年度平成28年度
平成29年度平成30年度平成31年度



5(1) 弁護士職務経験法の各省協議に関する資料を掲載しています。
(2) 弁護士職務経験法の国会答弁資料(衆議院)及び弁護士職務経験法の国会答弁資料(参議院)を掲載しています。

6 判事補の弁護士職務経験制度については,東弁リブラ2007年12月号に掲載されている「判事補からの弁護士職務経験者との懇談会」が参考になります。

7(1) 日弁連HPの「基礎的な統計情報」における「弁護士の活動領域の拡大」において,判事補・検事の弁護士職務経験制度の状況が載っています。
(2) 日弁連は,法律事務所に対し,弁護士職務経験受入事務所への応募を呼びかけています(日弁連パンフ「判事補・検事の弁護士職務(他職)経験   受入事務所に応募しませんか」参照)。

8(1) 法務省HPに「検事の弁護士職務経験制度について」が載っています。
(2) 平成27年度(行情)答申第135号(平成27年6月17日答申)の12頁及び13頁によれば,検事の弁護士職務経験制度における派遣法律事務所の名称及び検事の外部派遣制度における検事の派遣先法人等の名称は,不開示情報に該当します。

9(1) 懲戒の手続に付された弁護士は,その手続が終了するまでの間,登録換又は登録取消しの請求をすることができない(弁護士法62条1項)ところ,「懲戒の手続」には,綱紀委員会による事案の調査が含まれます(弁護士法58条2項参照)。
   そのため,弁護士職務経験の判事補又は検事が懲戒請求された場合,それが不当な懲戒請求であったとしても,懲戒手続が終了するまでの間,弁護士登録を抹消できないかもしれません。
(2) 懲戒の手続は,懲戒処分が行われる場合,対象弁護士に対して処分の告知があった時に終わり(弁護士法64条の6参照),懲戒処分が行われない場合,対象弁護士に対してその旨の通知があったときに終わります(弁護士法64条の7参照)。
(3) 「弁護士の懲戒」も参照してください。

10 判事補の弁護士職務経験制度に係る最高裁判所から日本弁護士連合会に対する要望等(例えば,職務経験判事補に支払うべき給料の水準)は,最高裁と日弁連との間の判事補の弁護士職務経験制度についての協議に係る事務に支障が生じるだけでなく,上記制度の円滑な運用が困難になるおそれがありますから,不開示情報です(平成30年度(最情)答申第2号(平成30年4月20日答申))。

11 令和元年度(最情)答申第21号(令和元年6月21日答申)における,「最高裁判所事務総長の説明の要旨」には以下の記載があります。
   弁護士職務従事職員は,専ら弁護士となってその職務を行うことが予定されており,裁判所事務官としての身分を保有するが,その職務に従事しないこととされていること(弁職法5条1項)から,最高裁判所は,通常,弁護士職務従事職員に対し弁護士職務経験に関する日常的な報告を求めることはなく,弁護士職務従事職員又は受入先弁護士法人等に関して問題が生じた場合に,弁護士職務従事職員の弁護士業務への従事状況(怠業を含む。)や受入先弁護士法人等における勤務条件(勤務時間,給与の支払状況)等に関して,弁職法に基づく報告書の提出を求めるものである。