司法修習の場所を選ぶ際の基礎データ

1(1) 司法修習の場所を選ぶ際の基礎データを以下のとおり掲載しています。
① 司法修習の場所ごとの司法修習生の人数の推移表(10期から71期まで)
② 司法修習の場所ごとの第1希望の倍率の推移表(新63期から69期まで)
③ 司法修習の場所ごとの第2希望までの倍率の推移表(新63期から69期まで)
④ 司法修習の場所ごとの倍率等の一覧表(新63期)
⑤ 司法修習の場所ごとの倍率等の一覧表(新64期)
⑥ 司法修習の場所ごとの倍率等の一覧表(新65期)
⑦ 司法修習の場所ごとの倍率等の一覧表(66期)
⑧ 司法修習の場所ごとの倍率等の一覧表(67期)
⑨ 司法修習の場所ごとの倍率等の一覧表(68期)
⑩ 司法修習の場所ごとの倍率等の一覧表(69期)
(2) ①平成28年4月6日付の補充理由説明書及び②平成28年7月28日付の苦情の申し出に係る対応について(通知)により,平成28年3月に廃棄することが予定されていた56期から68期までの実務修習希望地調査表を最高裁判所に開示してもらえました(平成28年度(最情)答申第15号(平成28年6月28日答申)参照)。
(3) 元データとして,司法研修所が作成した実務修習希望地順位調査表等(人気調査)(56期~69期)を掲載しています。

2 平成28年11月7日付の司法行政文書不開示通知書及び平成29年度(最情)答申第1号(平成29年4月28日答申)によれば,第70期司法修習予定者の実務修習希望地調査表は作成又は取得していないことになっていますから,70期司法修習生の実務修習希望地倍率を計算できません。

3 「実務修習地の選び方」及び「実務修習地ごとの人数の推移等」も参照して下さい。