歴代の最高裁判所経理局長

1 大内恒夫 (おおうちつねお) 高輪2期  東大
在任期間:昭和44年7月1日~昭和50年4月30日
2 草場良八 (くさばりょうはち) 3期  東大
在任期間:昭和50年5月1日~昭和55年3月10日
3 原田直郎 (はらだただお) 5期  東大

在任期間:昭和55年3月11日~昭和58年7月14日
4 川嵜義徳 (かわさきよしのり) 8期  京大

在任期間:昭和58年7月15日~昭和61年9月21日
5 町田顕 (まちだあきら) 13期  東大

在任期間:昭和61年9月22日~平成3年7月17日
6 仁田陸郎 (にったむつお) 18期  東大

在任期間:平成3年7月18日~平成9年3月13日
7 竹崎博允 (たけさきひろのぶ) 21期  東大

在任期間:平成9年3月14日~平成14年7月11日
8 大谷剛彦 (おおたにたけひこ) 24期  東大

在任期間:平成14年7月10日~平成18年1月29日
9 小池裕 (こいけひろし) 29期  東大

在任期間:平成18年1月30日~平成22年7月6日
10 林道晴 (はやしみちはる) 34期  東大

在任期間:平成22年7月7日~平成25年3月4日
11 垣内正 (かきうちただし) 38期  大阪大
在任期間:平成25年3月5日~平成27年6月28日
12 笠井之彦 (かさいゆきひこ) 42期  東大
在任期間:平成27年6月29日~

*1 最後の職が最高裁裁判官である人は赤文字表記とし,最後の職が高裁長官である人は紫文字表記としています。
*2 「幹部裁判官の名簿」「幹部裁判官人事の一覧表」「幹部裁判官の後任候補者」及び「幹部裁判官の定年予定日」も参照してください。
*3 41期の堀田眞哉最高裁判所人事局長は,平成29年3月31日の衆議院法務委員会において以下の答弁をしています。
① 裁判所の司法行政事務は、裁判所法上、裁判官会議で行うものとされているところでございますが、これらの事務の中には、委員御指摘の裁判官の人事のほかにも、裁判所の施設等、裁判事務と特に密接に関係を有するもののほか、最高裁判所規則の立案等、特に法律知識を必要とするものも少なくないということがございますので、裁判官会議を補佐する事務総局において、裁判官の資格、経験を有する者が企画立案等の事務に当たることによって司法行政の実を上げることができるというふうに考えているところでございます。
② お尋ねの経理の関係でございますが、裁判所の予算におきましては、裁判所の施設を初め、裁判の運営を行うための経費が含まれておりまして、こうした予算の編成、執行においては裁判事務処理に精通した者が求められるという事情がございます。また、裁判所の庁舎として法廷がどうあるべきかといった問題についても、やはり裁判官としての経験を持った者が行う方が適切という面もございます。

   こういった事情から、これらの事務をつかさどる経理局長の職には裁判官をこれまで充ててきているところでございます。