大川隆男裁判官(51期)の経歴

Pocket

生年月日 S48.8.11
出身大学 東大
定年退官発令予定日 R20.8.11
H31.4.1 ~ 仙台地裁1刑部総括
H27.4.1 ~ H31.3.31 東京地裁3刑判事
H24.4.1 ~ H27.3.31 仙台高裁刑事部判事
H23.4.1 ~ H24.3.31 東京地裁14刑判事
H21.4.1 ~ H23.3.31 最高裁秘書課付
H18.4.1 ~ H21.3.31 福島家地裁会津若松支部判事
H16.5.1 ~ H18.3.31 東京地裁判事補
H15.7.1 ~ H16.4.30 総務省総合通信基盤局電気通信事業部消費者行政課課長補佐
H11.4.11 ~ H15.6.30 東京地裁判事補

*0 東京大学HPに「大川隆男」が載っています。
*1の1 東京地裁平成31年3月20日判決(判例秘書に掲載。担当裁判官は51期の大川隆男裁判官,59期の内山裕史裁判官及び69期の上田佳子裁判官)は,準強制わいせつ罪で起訴された男性の乳腺外科医に対して無罪を言い渡したものの,当該判決は,東京高裁令和2年7月13日判決(判例秘書に掲載。担当裁判官は,33期の朝山芳史裁判官42期の伊藤敏孝裁判官及び55期の高森宣裕裁判官)によって取り消されました。
*1の2 「乳腺外科医事件 控訴審逆転有罪-秘匿された「職業せん妄」の医学」(判例時報2473号(2021年5月1日号)124頁ないし128頁)には以下の記載があります。
    控訴審裁判官は、原審判決の検察官の控訴趣意書だけを読んだ時点で、医学や科学に照らして分析的な検討をすることなくAの信用性を確定させ、逆転有罪の心証をエていた疑いがある判決を書いた。せん妄による幻覚の存在を否定するために、本件とは無関係の非専門医で所謂「検察お抱え医師」独りの私的な意見を採用した疑いがある。世界中の臨床医による研究体系の結晶である世界的診断基準が、一裁判官によって反故にされたようで、極めて遺憾である。
*2 以下の記事も参照してください。
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部
・ 判事補の外部経験の概要
・ 行政機関等への出向裁判官

Pocket

スポンサーリンク