三宅知三郎裁判官(55期)の経歴


生年月日 S53.5.25
出身大学 東大
定年退官発令予定日 R25.5.25
R6.4.1 ~ 大分地裁2民部総括
R5.4.1 ~ R6.3.31 大阪地裁1民判事(保全部)
R2.4.1 ~ R5.3.31 大阪地裁17民判事
H28.4.1 ~ R2.3.31 最高裁行政調査官
H25.8.1 ~ H28.3.31 大阪地裁7民判事(租税・行政部)
H23.8.1 ~ H25.7.31 最高裁家庭局付
H23.4.1 ~ H23.7.31 東京家裁判事補
H20.4.1 ~ H23.3.31 佐賀地家裁判事補
H16.4.1 ~ H20.3.31 神戸地家裁判事補
H14.10.16 ~ H16.3.31 神戸地裁判事補

*1 以下の記事も参照してください。
・ 最高裁判所調査官
・ 最高裁判所判例解説
・ 地方裁判所の専門部及び集中部
*2 平成13年3月に東京大学法学部を卒業し,平成18年10月にロンドン大学LL.Mを修了しています(京都大学HPの「三宅 知三郎 MIYAKE, Tomosaburo」参照)。
*3 岡口基一裁判官を戒告の懲戒処分とした最高裁大法廷平成30年10月17日決定の担当調査官でした。


*4 金融法務事情2023年12月25日号(2224号)に「令和4年度の大阪地方裁判所第1民事部における民事保全事件の概況等」を寄稿しています。
*5 54期の作田寛之裁判官及び55期の三宅知三郎裁判官は,判例タイムズ1519号(2024年6月号)に「東京地裁及び大阪地裁における令和5年改正DV防止法に基づく保護命令手続の運用」を寄稿しています。


広告
スポンサーリンク