司法修習生の罷免事由別の人数

Pocket

1 平成29年6月14日付の司法行政文書不開示通知書によれば,第59期司法修習生について,罷免事由別に司法修習生を罷免された人の数が分かる文書は存在しません。

2(1) 平成29年6月14日付の開示文書及び平成29年7月18日付の開示文書によれば,60期から68期までの司法修習生について,修習期別・罷免事由別の人数は以下の通りです。
現行60期:3号の罷免のうち,考試不合格が 70人,その他が9人
新 60期:3号の罷免のうち,考試不合格が 76人,その他が5人
現行61期:3号の罷免のうち,考試不合格が 33人,その他が5人
新 61期:3号の罷免のうち,考試不合格が113人,その他が6人
現行62期:3号の罷免のうち,考試不合格が 23人,その他が0人
新 62期:3号の罷免のうち,考試不合格が 75人,その他が3人
現行63期:2号の罷免のうち,考試不合格が  1人
3号の罷免のうち,考試不合格が 27人,その他が2人
新 63期:3号の罷免のうち,考試不合格が 89人,その他が7人
現行64期:3号の罷免のうち,考試不合格が 24人,その他が1人
新 64期:3号の罷免のうち,考試不合格が 56人,その他が4人
現行65期:3号の罷免のうち,考試不合格が  5人,その他が0人
新 65期:3号の罷免のうち,考試不合格が 41人,その他が8人
66期:3号の罷免のうち,考試不合格が 43人,その他が9人
67期:3号の罷免のうち,考試不合格が 42人,その他が5人
68期:3号の罷免のうち,考試不合格が 33人,その他が7人
69期:2号の罷免のうち,考試不合格が 54人
3号の罷免のうち,考試不合格が  0人,その他が5人
(2) 68期までの二回試験の場合,二回試験の不合格者は退職願を提出して司法修習生に関する規則18条3号で罷免されていました。
   しかし,69期二回試験の場合,二回試験の不合格者は退職願を提出するまでもなく,司法修習生に関する規則18条2号で罷免されるようになったみたいです。

3   司法修習生に関する規則18条は以下のとおりです。
   最高裁判所は,司法修習生に次に掲げる事由があると認めるときは,これを罷免することができる。
(1) 品位を辱める行状,修習の態度の著しい不良その他の理由により修習を継続することが不相当であるとき。
(2) 病気,成績不良その他の理由により修習を継続することが困難であるとき。
(3) 本人から願出があったとき。

4 考試不合格を理由とする罷免人数には,二回試験再受験者の不合格者数が含まれます。
   そのため,二回試験に三振した場合,二回試験不合格を理由に3回,司法修習生を罷免されることとなります。

スポンサーリンク