49期の裁判官

森岡礼子裁判官(49期)の経歴

生年月日 S45.12.25
出身大学 京大
定年退官発令予定日 R17.12.25
R4.4.1 ~ 東京高裁16民判事
H31.4.1 ~ R4.3.31 広島家裁判事
H28.4.1 ~ H31.3.31 知財高裁第2部判事
H25.4.1 ~ H28.3.31 長崎地裁佐世保支部民事部部総括
H23.4.1 ~ H25.3.31 東京地裁19民判事
H21.3.25 ~ H23.3.31 総研調研部教官
H20.4.1 ~ H21.3.24 東京家裁判事
H17.4.1 ~ H20.3.31 法務省民事局付
H14.7.1 ~ H17.3.31 名古屋地家裁豊橋支部判事補
H11.4.1 ~ H14.6.30 金沢地家裁判事補
H9.4.10 ~ H11.3.31 大阪地裁判事補

*1 特許庁HPの「講演者情報」に森岡礼子裁判官の顔写真が載っています。
*2 以下の記事も参照してください。
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 裁判所職員総合研修所の研修実施計画
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部

国分隆文裁判官(49期)の経歴

生年月日 S43.10.18
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R15.10.18
R4.4.1 ~ 東京地裁29民部総括(知財部)
R2.4.1 ~ R4.3.31 東京地裁29民判事(知財部)
H31.4.1 ~ R2.3.31 知財高裁第4部判事
H28.4.1 ~ H31.3.31 札幌家裁家事部部総括
H24.4.1 ~ H28.3.31 東京地裁9民判事(保全部)
H21.4.1 ~ H24.3.31 鹿児島地家裁川内支部判事
H19.4.10 ~ H21.3.31 東京地裁判事
H19.4.1 ~ H19.4.9 東京地裁判事補
H17.4.1 ~ H19.3.31 ベトナム司法省
H14.4.1 ~ H17.3.31 山口家地裁宇部支部判事補
H11.4.1 ~ H14.3.31 高知地家裁判事補
H9.4.10 ~ H11.3.31 大阪地裁判事補

*1 判例タイムズ1499号(2022年10月号)に「調停制度 更なる発展 現場での実践(知財調停)」を寄稿しています。
*2 以下の記事も参照してください。
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 地方裁判所の専門部及び集中部
・ 判事補の外部経験の概要
・ 行政機関等への出向裁判官
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部

杉村鎮右裁判官(49期)の経歴

生年月日 S47.2.6
出身大学 大阪大
退官時の年齢 50歳
R4.3.31 依願退官
H29.4.1 ~ R4.3.30 名古屋地家裁一宮支部判事
H26.4.1 ~ H29.3.31 岐阜地家裁判事
H23.4.1 ~ H26.3.31 大阪高裁4民判事
H20.4.1 ~ H23.3.31 和歌山地家裁判事
H19.4.10 ~ H20.3.31 徳島地家裁判事
H17.4.1 ~ H19.4.9 徳島家地裁判事補
H14.4.1 ~ H17.3.31 熊本家地裁八代支部判事補
H12.4.1 ~ H14.3.31 東京地裁判事補
H11.4.1 ~ H12.3.31 王子製紙(研修)
H11.3.25 ~ H11.3.31 東京地裁判事補
H9.4.10 ~ H11.3.24 仙台地裁判事補

*0 平成26年4月からの3年間,岐阜地家裁判事をしていましたところ,令和4年4月1日,岐阜県弁護士会で弁護士登録(登録番号は61601)をして,弁護士法人神谷法律事務所(岐阜市神田町2-12 松永オフィスビル4階。代表者は55期の神谷慎一弁護士)に入所しました(刑事事件で本当に頼りになる弁護士事務所検索「あなたのみかた」HP「杉村 鎮右(すぎむらしずお)弁護士」参照)。


*1 裁判所HPの「第2 裁判官の人事評価の現状と関連する裁判官人事の概況」には「地方裁判所・家庭裁判所の部総括(司法行政上は部の事務の取りまとめに当たり,裁判においては合議体の裁判長となる。その数は300余り。)に指名されるのが,大体,判事任命後10年目前後くらい」と書いてあり,令和4年1月1日時点において最も期が若い部総括判事は56期の河村宜信裁判官でありますところ,15年近く判事をしていた49期の杉村鎮右裁判官は地家裁の部総括を経験せずに退官しました。
*2 以下の記事も参照してください。
・ 裁判官の早期退職
 50歳以上の裁判官の依願退官の情報
 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部
 裁判官の民間企業長期研修等の名簿
 判事補の外部経験の概要
*3の1 J-CASTニュース「怒りの判事お得意の「熱い言葉」 娘に売春強要の母親を「一喝」」には,「和歌山家裁で開かれた裁判では、初公判の場で判事が「(被害者に)すごいひどいことをしたんだろ!!」と被告を一喝。これだけでもかなり異例だが、実はこの判事、まだまだ多くの「熱い」言葉を残していた。」と書いてあります。


*3の2 東弁リブラ2022年6月号「どう変わる?ハラスメント対応-労働者の人権保障と企業価値の向上に向けて-」には,「パワハラが生じた場合の企業のリスク」として以下の記載があります(同書8頁)。
    パワハラの加害者は,自身が行っているのはあくまで注意・指導や通常のコミュニケーションの範疇であるなど,パワハラを行っているという認識がないことが多いため,人前でもパワハラに該当するような言動を行っていることが多い。そのような場合,被害者従業員のみではなく,被害者従業員が日々怒鳴られているのを見聞きしている第三者も含めた従業員の業務能率が低下したり,人財流出やブラック企業のレッテルが貼られるなどのレピュテーションリスクにつながる,場合によっては訴訟に発展するなど,企業には様々なリスクが生じ得る。そのため,企業としては,パワハラについて早期に適切な対応をとることが重要となる。


*3の3 あかるい職場応援団HP「ハラスメントに関する法律とハラスメント防止のために講ずべき措置」が載っています。


*4の1 岐阜地裁平成29年4月28日判決(担当裁判官は46期の眞鍋美穂子49期の杉村鎮右及び68期の足羽麦子)は,
    「老齢厚生年金の受給権者の死亡に伴い,同受給権者と内縁関係にあった原告が,自らが受給権を有する同受給権者の配偶者であるとして遺族厚生年金の裁定を請求したところ,厚生労働大臣が,原告と同受給権者には重婚的内縁関係は成立しないとの理由により遺族厚生年金を支給しない旨の決定をしたため,原告がこの決定の取消しを求めた事案について,同受給権者と法律上の婚姻関係にあった被告補助参加人との婚姻関係は,事実上の離婚状態に至っているものと評価され,原告が厚生年金保険法上の「配偶者」であるため,被告補助参加人に受給権を認めた本件決定は違法であるとしてこれを取り消した」事例であり,名古屋高裁平成29年11月2日判決(判例秘書に掲載)でも支持されました。
*4の2 慶應義塾大学法学部及び同大学法科大学院を卒業した68期の足羽麦子(あしわ・むぎこ)裁判官は,平成28年1月16日に岐阜地裁判事補となり,平成30年1月31日に依願退官し(66期以降では最初の退官者です。),同年4月,AsiaWise法律事務所に弁護士として入所しました(同事務所HPの「メンバーズ」,及び「【ニュース】足羽麦子弁護士加入のお知らせ」参照)。


*5の1 最高裁令和4年6月14日判決は,地方公共団体の職員が暴行等を理由とする懲戒処分の停職期間中に同僚等に対して行った同処分に関する働き掛けを理由とする停職6月の懲戒処分が裁量権の範囲を逸脱し又はこれを濫用した違法なものであるとした原審の判断に違法があるとされた事例です。
*5の2  最高裁令和4年9月13日判決は,部下への暴行等を繰り返す行為をした地方公共団体の職員が地方公務員法28条1項3号に該当するとしてされた分限免職処分が違法であるとした原審の判断に違法があるとされた事例です。


*6の1 裁判所の中の人ブログ「裁判所の当直業務」には以下の記載があります。
当直は、日直と宿直があります。
日直は、裁判所が閉庁している休日の昼間に仕事をします。時間は8:30~17:00(昼休み12:15~13:00)。
宿直は平日休日関係なく夜に仕事をします。時間は17:00~8:30です。
この日直と宿直を、まとめて「当直」と呼んでいます。
日当は7400円。昼も夜も一緒。どんなに忙しくても7400円。やすーい。(でも、過去の給与明細見ると昔は7200円でした。値上がりしたんですかね?←把握してない奴追記:やはり人事院勧告200円賃上げになってました。)
*6の2 全司法新聞2205号(2014年11月)には以下の記載があります。
 現在、多くの庁で、夜間・深夜に令状請求があった場合、当直の職員が記録を持って裁判官宅にタクシーで赴き、そこで令状事務を処理する取扱いを行っています。
 この取扱いでは、令状請求がある度に裁判官宅を往復することから、当直職員の大きな負担になっています。その間、睡眠時間が確保されないことはもとより、中には、令状発付までの間、冬季の深夜、寒い屋外で長時間待機したというケースも報告されています。
*6の3 裁判所の当直に関する文書を掲載しています。
(当直規程)
東京地家裁横浜家裁さいたま地家裁大阪地裁京都地裁名古屋地家裁広島地家裁岡山地家裁福岡地家裁熊本地家裁仙台地家裁
(当直担当者のマニュアル)
名古屋地裁


*7 裁判官人事等に関して以下の資料を掲載しています。
(パワハラ関係)
・ 人事院規則10-16(パワー・ハラスメントの防止等)の運用について(令和2年4月1日付の人事院事務総長の通知)
・ パワー・ハラスメント防止ハンドブック(平成27年7月の人事院職員福祉局の文書)


(人事評価)
・ 裁判官の人事評価に関する規則(平成16年1月7日最高裁判所規則第1号)
・ 裁判官の人事評価に関する規則の運用について(平成16年1月7日付の最高裁判所事務総長の依命通達)
・ 裁判官の人事評価の実施等について(平成16年3月26日付の最高裁判所事務総局人事局長の通達)
・ 裁判官の人事評価に係る評価書の保管等について(平成16年3月26日付の最高裁判所人事局長通達)
(人事事務の資料の作成等)

・ 裁判官に関する人事事務の資料の作成等について(平成16年5月31日付けの最高裁判所事務総局人事局長の通達)
・ 裁判官第一カード等の記載要領について(平成29年2月16日付けの最高裁判所事務総局人事局任用課長の事務連絡)
→ 裁判官第一カード,裁判官第二カード及び裁判官第三カードの記載要領について書いてあります。
・ 人事管理文書等の保存期間等について(平成29年3月6日付の最高裁判所事務総長の通達)
・ 裁判官の再任等に関する事務について(平成16年6月17日付の最高裁判所人事局長通達)
 部の事務を総括する裁判官の指名上申について(平成6年12月9日付の最高裁判所人事局長の通達)
(勤務時間)
・ 裁判官及び裁判官の秘書官以外の裁判所職員の勤務時間等について(平成28年3月25日付の最高裁判所事務総長の通達)
→ 略称は「勤務時間等総長通達」です。
・ 裁判官及び裁判官の秘書官以外の裁判所職員の育児休業等について(平成28年3月25日付の最高裁判所事務総長通達)
→ 略称は「育児休業等総長通達」です。
・ 最高裁判所に勤務する裁判官及び裁判官の秘書官以外の裁判所職員の勤務時間等について(平成28年3月30日付の最高裁判所事務総長通達)
・ 最高裁判所に勤務する裁判官及び裁判官の秘書官以外の裁判所職員の勤務時間等の運用について(平成28年3月30日付の最高裁判所人事局長通達)
(簡易裁判所判事の採用選考)

・ 簡易裁判所判事候補者の選考について(平成16年2月18日付の最高裁判所人事局長の依命通達)
・ 簡易裁判所判事候補者選考第1次選考の実施について(平成16年2月18日付の最高裁判所人事局長の通達)
・ 簡易裁判所判事選考候補者の推薦基準について(平成17年3月22日付の最高裁判所人事局長の通達)
・ 簡易裁判所判事候補者選考実施要項(令和2年7月27日簡易裁判所判事選考委員会決議)
・ 簡易裁判所判事選考規則5条2項に基づき,簡易裁判所判事選考委員会の決定により選考に加える具体的基準が書いてある文書


(その他)

・ 裁判官の報酬等に関する規則の運用について(令和3年8月19日付の最高裁判所長官の文書)
・ 一般職員に対する期末手当及び勤勉手当の一時差止処分に関する報告及び勤勉手当決定調書の作成等について(令和3年8月19日付の最高裁判所人事局長の文書)
・ 再就職に関する規制Q&A(平成30年1月改定の,最高裁判所事務総局人事局の文書)
・ 裁判所職員の災害補償について(平成28年3月28日付の最高裁判所事務総長決定)

橋本修裁判官(49期)の経歴

生年月日 S43.1.15
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R15.1.15
R4.4.1 ~ 長野地裁民事部部総括
H31.4.1 ~ R4.3.31 名古屋高裁金沢支部判事
H28.4.1 ~ H31.3.31 青森地家裁八戸支部長
H25.4.1 ~ H28.3.31 さいたま家地裁判事
H22.4.1 ~ H25.3.31 宇都宮家地裁栃木支部判事
H19.4.10 ~ H22.3.31 札幌地家裁判事
H17.4.1 ~ H19.4.9 札幌地家裁判事補
H14.4.1 ~ H17.3.31 法務省租税訟務課付
H14.3.25 ~ H14.3.31 東京地裁判事補
H11.4.1 ~ H14.3.24 佐賀地家裁判事補
H9.4.10 ~ H11.3.31 横浜地裁判事補

西野光子裁判官(49期)の経歴

生年月日 S44.5.16
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R16.5.16
R2.4.1 ~ 名古屋高裁3民判事
H29.4.1 ~ R2.3.31 東京地裁13民判事
H26.4.1 ~ H29.3.31 千葉家地裁判事
H23.4.1 ~ H26.3.31 高松地家裁丸亀支部判事
H20.4.1 ~ H23.3.31 横浜地家裁小田原支部判事
H19.4.10 ~ H20.3.31 東京地裁判事
H17.4.1 ~ H19.4.9 東京地裁判事補
H14.4.1 ~ H17.3.31 福岡家地裁久留米支部判事補
H11.4.12 ~ H14.3.31 横浜家地裁判事補
H11.4.1 ~ H11.4.11 横浜家裁判事補
H9.4.10 ~ H11.3.31 名古屋地裁判事補

*1 49期の西野光子裁判官が控訴審の口頭弁論に関与していない判決書に署名押印をした結果,当該判決は最高裁令和4年10月17日判決によって破棄差戻しとなりました(沖縄タイムズの「高裁判決にミス 審理を差し戻し 無関与の裁判官署名」参照)。
*2 以下の記事も参照してください。
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部

石山仁朗裁判官(49期)の経歴

生年月日 S46.12.14
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R18.12.14
R3.4.1 ~ 福岡高裁宮崎支部判事
H30.4.1 ~ R3.3.31 福岡地裁6民判事
H27.4.1 ~ H30.3.31 山口地家裁周南支部判事
H24.4.1 ~ H27.3.31 福岡地家裁判事
H23.4.1 ~ H24.3.31 福岡高裁5民判事
H22.4.1 ~ H23.3.31 鹿児島地家裁鹿屋支部長
H20.4.1 ~ H22.3.31 鹿児島地家裁鹿屋支部判事
H17.4.1 ~ H20.3.31 大阪地家裁判事補
H14.4.1 ~ H17.3.31 熊本地家裁判事補
H11.4.1 ~ H14.3.31 名古屋地家裁豊橋支部判事補
H9.4.10 ~ H11.3.31 福岡地裁判事補

梅本幸作裁判官(49期)の経歴

生年月日 S46.8.12
出身大学 東大
定年退官発令予定日 R18.8.12
R3.4.1 ~ 広島高裁第4部判事(民事)
H30.4.1 ~ R3.3.31 松山地裁1民部総括
H28.9.1 ~ H30.3.31 広島地家裁判事
H26.4.1 ~ H28.8.31 広島高裁第3部判事(民事)
H23.4.1 ~ H26.3.31 岡山地家裁判事
H20.4.1 ~ H23.3.31 和歌山地家裁新宮支部判事
H19.4.10 ~ H20.3.31 大阪地裁22民判事
H17.4.1 ~ H19.4.9 大阪地家裁判事補
H14.4.1 ~ H17.3.31 千葉地家裁木更津支部判事補
H12.4.1 ~ H14.3.31 広島地家裁判事補
H11.4.1 ~ H12.3.31 広島家地裁判事補
H9.4.10 ~ H11.3.31 名古屋地裁判事補

* 以下の記事も参照して下さい。
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部

澤井真一裁判官(49期)の経歴

生年月日 S45.1.22
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R17.1.22
R2.4.1 ~ 広島高裁第3部判事(民事)
H29.4.1 ~ R2.3.31 大分地家裁中津支部長
H28.4.1 ~ H29.3.31 東京地裁9民判事(保全部)
H25.4.1 ~ H28.3.31 東京地裁15民判事
H22.4.1 ~ H25.3.31 那覇地家裁判事
H19.4.10 ~ H22.3.31 東京家地裁八王子支部判事
H19.3.22 ~ H19.4.9 東京家地裁八王子支部判事補
H16.4.1 ~ H19.3.21 札幌地家裁判事補
H13.7.1 ~ H16.3.31 東京地裁判事補(弁護士任官・埼玉弁)

*1 広島弁護士会HPの「憲法週間 広島高等裁判所裁判官インタビュー」に49期の澤井真一裁判官の顔写真及びインタビュー内容が載っています。
*2 以下の記事も参照してください。
・ 地方裁判所の専門部及び集中部
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部
・ 弁護士任官者研究会の資料
・ 弁護士任官候補者に関する下級裁判所裁判官指名諮問委員会の答申状況
・ 弁護士任官希望者に関する情報収集の実情
・ 弁護士任官に対する賛成論及び反対論
・ 法曹一元

山崎克人裁判官(49期)の経歴

生年月日 S40.4.15
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R12.4.15
R3.4.1 ~ 仙台高裁2民判事
H30.4.1 ~ R3.3.31 秋田家地裁判事
H27.4.1 ~ H30.3.31 東京地裁27民判事(交通部)
H24.4.1 ~ H27.3.31 青森地家裁八戸支部判事
H21.4.1 ~ H24.3.31 仙台高裁秋田支部判事
H19.4.10 ~ H21.3.31 福島地家裁郡山支部判事
H17.4.1 ~ H19.4.9 福島地家裁郡山支部判事補
H14.4.1 ~ H17.3.31 札幌地家裁判事補
H11.4.1 ~ H14.3.31 秋田地家裁判事補
H9.4.10 ~ H11.3.31 仙台地裁判事補

末弘陽一裁判官(49期)の経歴

生年月日 S44.6.22
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R16.6.22
R4.4.1 ~ 大阪地裁15刑部総括
R2.4.1 ~ R4.3.31 大阪高裁6刑判事
H29.4.1 ~ R2.3.31 松山地裁刑事部部総括
H28.4.1 ~ H29.3.31 大阪地裁10刑判事(令状部)
H26.4.1 ~ H28.3.31 大阪地裁15刑判事
H23.4.1 ~ H26.3.31 福岡地家裁小倉支部判事
H20.4.1 ~ H23.3.31 大阪地裁8刑判事
H19.4.10 ~ H20.3.31 神戸地家裁豊岡支部判事
H17.4.1 ~ H19.4.9 神戸地家裁豊岡支部判事補
H14.4.1 ~ H17.3.31 大阪地家裁判事補
H11.4.1 ~ H14.3.31 松山地家裁判事補
H9.4.10 ~ H11.3.31 広島地裁判事補

* 以下の記事も参照してください。
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 地方裁判所の専門部及び集中部
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部

武田正裁判官(49期)の経歴

生年月日 S44.11.7
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R16.11.7
R3.4.1 ~ 大阪高裁3刑判事
H29.4.1 ~ R3.3.31 和歌山地裁刑事部部総括
H26.4.1 ~ H29.3.31 大阪地裁9刑判事
H24.4.1 ~ H26.3.31 青森地裁刑事部部総括
H23.4.1 ~ H24.3.31 青森地家裁判事
H20.4.1 ~ H23.3.31 徳島地家裁判事
H19.4.10 ~ H20.3.31 京都地家裁判事
H17.4.1 ~ H19.4.9 京都地家裁判事補
H14.4.1 ~ H17.3.31 福岡家地裁小倉支部判事補
H11.4.1 ~ H14.3.31 新潟地家裁判事補
H9.4.10 ~ H11.3.31 大阪地裁判事補

*1 49期の武田正裁判官及び49期の武田瑞佳裁判官の勤務場所は似ていますし,生年月日は1日違うだけです。
*2 以下の記事も参照してください。
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部

入子光臣裁判官(49期)の経歴

生年月日 S45.7.21
出身大学 東大
定年退官発令予定日 R17.7.21
R4.3.3 ~ 神戸地裁1刑部総括
R3.4.1 ~ R4.3.2 大阪高裁1刑判事
H30.5.15 ~ R3.3.31 京都地裁1刑部総括
H29.4.1 ~ H30.5.14 大阪高裁2刑判事
H26.4.1 ~ H29.3.31 福井地裁刑事部部総括
H23.4.1 ~ H26.3.31 京都地裁1刑判事
H20.4.1 ~ H23.3.31 金沢地家裁判事
H19.4.10 ~ H20.3.31 大阪地裁判事
H17.4.1 ~ H19.4.9 大阪地家裁判事補
H14.4.1 ~ H17.3.31 神戸地家裁伊丹支部判事補
H11.4.1 ~ H14.3.31 福井地家裁判事補
H9.4.10 ~ H11.3.31 横浜地裁判事補

西森みゆき裁判官(49期)の経歴

生年月日 S45.7.1
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R17.7.1
R2.4.1 ~ 大阪高裁12民判事
H29.4.1 ~ R2.3.31 大阪家地裁堺支部判事
H26.4.1 ~ H29.3.31 名古屋家裁家事第1部判事
H23.4.1 ~ H26.3.31 大阪地裁11民判事
H20.4.1 ~ H23.3.31 福岡家地裁飯塚支部判事
H19.4.10 ~ H20.3.31 大阪地裁1民判事
H17.4.1 ~ H19.4.9 大阪地家裁判事補
H14.4.1 ~ H17.3.31 福岡家地裁小倉支部判事補
H11.4.1 ~ H14.3.31 大阪地家裁判事補
H9.4.10 ~ H11.3.31 浦和地裁判事補

井川真志裁判官(49期)の経歴

生年月日 S38.12.16
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R10.12.16
R2.4.1 ~ 大阪高裁9民判事(家事抗告集中部)
H29.4.1 ~ R2.3.31 福岡地裁小倉支部2民部総括
H26.4.1 ~ H29.3.31 高松高裁第4部判事(民事)
H23.4.1 ~ H26.3.31 京都地裁7民判事
H20.4.1 ~ H23.3.31 金沢地家裁七尾支部判事
H19.4.10 ~ H20.3.31 大阪地裁3民判事
H17.4.1 ~ H19.4.9 大阪地家裁判事補
H14.4.1 ~ H17.3.31 福岡家地裁判事補
H11.4.1 ~ H14.3.31 富山地家裁判事補
H9.4.10 ~ H11.3.31 神戸地裁判事補

渡部佳寿子裁判官(49期)の経歴

生年月日 S46.1.30
出身大学 京大
定年退官発令予定日 R18.1.30
R3.4.1 ~ 大阪高裁8民判事(知財集中部)
H30.4.1 ~ R3.3.31 岡山家地裁判事
H27.4.1 ~ H30.3.31 大阪地裁12民判事
H23.4.1 ~ H27.3.31 千葉地家裁松戸支部判事
H21.4.1 ~ H23.3.31 大阪高裁5民判事
H20.4.1 ~ H21.3.31 大阪地裁1民判事
H19.4.10 ~ H20.3.31 鹿児島家地裁判事
H17.4.1 ~ H19.4.9 鹿児島家地裁判事補
H14.4.1 ~ H17.3.31 大阪地家裁判事補
H13.4.1 ~ H14.3.31 熊本地家裁判事補
H11.4.1 ~ H13.3.31 熊本家地裁判事補
H9.4.10 ~ H11.3.31 大阪地裁判事補

*1の1 判例タイムズ1431号(2017年2月号)に「弁護士の依頼者に対する損害賠償責任-最高裁平成25年4月16日第三小法廷判決の事案を契機として-」を寄稿していますところ,例えば,以下の記載があります。
    わが国の弁護過誤訴訟(山中注:依頼者又は第三者が弁護士の職務上の過誤により損害を受けたことを請求原因として,弁護士を被告として提起する損害賠償請求訴訟のことです。)は,欧米に比べて圧倒的に少なく,また,わが国における医療過誤訴訟に比べても圧倒的に少ないとされてきた。その原因としては,①弁護過誤が裁判所の釈明等の後見的役割によってカバーされていること,②依頼者の不満が弁護士会の綱紀委員会,紛議調停委員会といった代替システムによって吸収されていること,③弁護士が自己の不手際を裁判所や依頼者に責任転嫁していること,④弁護士の職務遂行は専門性がある上,無形なことが多く,過誤が明確に現れることが少ないこと,⑤弁護士の数が従来は極めて少なかったこと,⑥弁護士会等を通じての弁護士同士の身内意識から,弁護士が代理人として弁護過誤責任を追及することを躊躇する傾向があったこと,⑦弁護士の専門家責任の法理が十分に発達していないため,訴訟追行が困難であり,賠償額も十分な金額を得られにくいこと等がいわれてきた。
 わが国特有の理由としては,⑤から⑦の原因が大きかったといえるが,司法制度改革等によりわが国における弁護士数は急激に増加しており,また,それに伴い,弁護士会等を通じての弁護士同士のつながりも希薄になってきたことが聞かれるところであり,⑤⑥の事情は昨今では薄れつつある。
*1の2 リーガルサーチHPに「自分の弁護士に損害賠償を請求できる場合 弁護過誤の典型例6つ」が載っていて,みずほ中央法律事務所HPに「【弁護士の責任論|判例基準|知識レベル・費用・清算・守秘義務・去勢弁護士】」が載っています。
*2 以下の記事も参照してください。
・ 高等裁判所の集中部
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部