竹中輝順裁判官(63期)の経歴


生年月日 S59.7.30
出身大学 東大院
定年退官発令予定日 R31.7.30
R4.4.1 ~ 東京地裁23民判事
R3.4.1 ~ R4.3.31 東京地裁9民判事(保全部)
R3.1.16 ~ R3.3.31 仙台家地裁石巻支部判事
H30.4.1 ~ R3.1.15 仙台家地裁石巻支部判事補
H28.4.1 ~ H30.3.31 東京地裁判事補
H26.4.1 ~ H28.3.31 長島・大野・常松法律事務所(一弁)
H26.3.25 ~ H26.3.31 東京地裁判事補
H25.4.1 ~ H26.3.24 鹿児島地家裁判事補
H23.1.16 ~ H25.3.31 鹿児島地裁判事補

*1 福岡県弁護士会HPの「弁護士会の読書」「天文館強姦えん罪事件報告書」には以下の記載があります。
    天文館事件が福岡高裁高崎支部で無罪判決が出て、検察官の控訴がなく確定したあと、控訴審弁護団がその教訓を座談会を通じて明らかにしたものです。私はゴールデンウィーク中は自宅に籠っていましたので、一気に読了しました。
    控訴審(裁判長・岡田信、増尾崇・安部利幸裁判官)の無罪判決は30頁もあって詳細をきわめていて、読むとなるほどと説得力があります。それにひきかえ、一審で有罪とした判決文は9頁しかなく、拙劣としか言いようがありません(裁判長・安永武央、植田類・竹中輝順裁判官)。この3人の裁判官の名前はしっかり記憶しておくことにします。
*2 日弁連HPの「鹿児島天文館事件」には「当時20歳の男性Aさんは、2012年10月のある深夜、鹿児島市内の繁華街で、それまで面識のなかった少女Bさん(当時17歳)の手首をつかんで路上に連れて行き、乳房を舐めるなどした上、Bさんを路上に仰向けに倒して強姦したとして逮捕され、起訴された。」と書いてあります。


広告
スポンサーリンク