秋山沙織裁判官(63期)の経歴


生年月日 S56.8.17
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R28.8.17
R3.4.1 ~ 鳥取家地裁判事
R3.1.16 ~ R3.3.31 東京地裁8民判事
R2.4.1 ~ R3.1.15 東京地裁判事補
H28.4.1 ~ R2.3.31 水戸地家裁土浦支部判事補
H27.4.1 ~ H28.3.31 横浜家裁判事補
H26.4.1 ~ H27.3.31 伊藤忠商事(研修)
H26.3.25 ~ H26.3.31 横浜家裁判事補
H25.4.1 ~ H26.3.24 津地家裁判事補
H23.1.16 ~ H25.3.31 津地裁判事補

*1 鳥取地裁令和6年2月14日判決(担当裁判官は63期の秋山沙織)は,鳥取市内のエスカレーターで女子高校生のスカートの中を撮影しようとしたとして県の迷惑防止条例違反の罪に問われた小学校の元教諭に対し,「被害者の精神的苦痛を考えない犯行で動機に酌量の余地はない」として,懲役6か月・執行猶予3年を言い渡しました(63期の秋山沙織の顔写真も含めてNHKの「“盗撮未遂”小学校元教諭に懲役6か月執行猶予3年 鳥取地裁」参照)。
*2 鳥取地裁令和6年3月27日判決(担当裁判官は63期の秋山沙織)は,段ボール製造などの鳥取森紙業(京都市)の会社資金約8億円をだまし取ったとして,詐欺罪に問われた鳥取事業所(鳥取県琴浦町)の元社員の被告人に対し,懲役7年(求刑は懲役10年)を言い渡しました(山陰中央新報デジタルの「鳥取森紙業、元社員に懲役7年判決 8億円超を詐取 ギャンブルで損失、犯行繰り返す 鳥取地裁」参照)。


広告
スポンサーリンク