石井寛裁判官(54期)の経歴


生年月日 S51.7.8
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R23.7.8
R4.4.1 ~ 広島地裁1刑判事
H31.4.1 ~ R4.3.31 名古屋地家裁岡崎支部判事
H28.4.1 ~ H31.3.31 京都地裁2刑判事
H27.4.1 ~ H28.3.31 名古屋地裁5刑判事
H25.4.1 ~ H27.3.31 名古屋高裁2刑判事
H23.10.17 ~ H25.3.31 京都地家裁福知山支部判事
H22.4.1 ~ H23.10.16 京都地家裁福知山支部判事補
H20.4.1 ~ H22.3.31 岐阜地家裁判事補
H19.4.1 ~ H20.3.31 岐阜家地裁判事補
H16.4.1 ~ H19.3.31 静岡家地裁浜松支部判事補
H13.10.17 ~ H16.3.31 名古屋地裁判事補

*1 以下の記事も参照してください。
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部
*2の1 広島地裁令和6年3月1日判決(担当裁判官は54期の石井寛)は,遺言執行者や成年後見人として預かった現金2300万円余りを着服したなどとして,業務上横領と有印私文書偽造・同行使の罪に問われた成田学 (広島県福山市の53期の弁護士でした。)に対し,懲役2年8月(求刑は懲役4年)を言い渡しました(中国新聞HPの「元弁護士に懲役2年8月の実刑判決、成年後見など悪用し2348万円着服 広島地裁「弁護士への信頼を裏切った」」参照)。
*2の2 広島弁護士会HPに「当会元会員の刑事事件判決についての会長談話」(2024年3月1日付)が載っています。


広告
スポンサーリンク