武智舞子裁判官(54期)の経歴


生年月日 S52.11.10
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R24.11.10
R4.5.30 ~ 大分地裁1民部総括
R3.4.1 ~ R4.5.29 大分家地裁判事
H29.4.1 ~ R3.3.31 鹿児島地家裁判事
H23.10.17 ~ H29.3.31 熊本地家裁判事
H23.1.20 ~ H23.10.16 熊本地家裁判事補
H21.4.1 ~ H23.1.19 東京地裁判事補
H19.4.1 ~ H21.3.31 最高裁行政局付
H17.4.1 ~ H19.3.31 山口地家裁判事補
H16.4.1 ~ H17.3.31 松下電器産業(研修)
H13.10.17 ~ H16.3.31 大阪地裁判事補

*0 以下の記事も参照してください。
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 裁判官の民間企業長期研修等の名簿
・ 判事補の外部経験の概要
*1 山口地裁の広報誌「COURTやまぐち」第4号(平成17年9月1日発行)6頁に,武智舞子裁判官が平成17年6月21日に山口県立西京高校(山口市)で行った出前講義の様子が載っています。
*2 大分地裁令和5年2月2日判決(裁判長は54期の武智舞子)は,大分刑務所(大分市)で服役中の40代男性受刑者が,監視カメラ付き居室に1年以上収容されたのはプライバシー権の侵害だとして,国に440万円の損害賠償を求めた訴訟において,違法性を認めて44万円の支払を命じました(産経新聞HPの「カメラ居室長期収容は違法 大分地裁が国に賠償命令」参照)。

*3 大分地裁令和6年3月7日判決(裁判長は54期の武智舞子)は,大分県民569人が四国電力伊方原発3号機(愛媛県)の運転差し止めを求めた訴訟において,原告の請求を棄却しました(朝日新聞HPの「伊方原発3号機の運転差し止め訴訟、原告の請求を棄却 大分地裁」参照)。


広告
スポンサーリンク