金友宏平裁判官(64期)の経歴

Pocket

生年月日 S60.5.17
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R32.5.17
R4.4.1 ~ 大阪地裁判事
→ 令和4年4月1日から,大阪家裁堺支部の職務代行判事もしています。
R4.1.16 ~ R4.3.31 大分地家裁判事
H31.4.1 ~ R4.1.15 大分地家裁判事補
H30.4.1 ~ H31.3.31 東京家裁判事補
H29.4.1 ~ H30.3.31 三井住友銀行(研修)
H29.3.25 ~ H29.3.31 東京家裁判事補
H27.4.1 ~ H29.3.24 神戸地家裁姫路支部判事補
H26.4.1 ~ H27.3.31 宮崎地家裁判事補
H24.1.16 ~ H26.3.31 宮崎地裁判事補

*0 新64期の金友有理子裁判官が平成26年4月1日に鹿児島地家裁判事補になった時点の氏名は「豆田有理子」でしたところ,同人の勤務先は新64期の金友宏平裁判官と似ています。
*1 令和4年4月15日現在,大阪家裁堺支部の合議係及び少年係に所属しています。
*2 以下の記事も参照してください。
・ 金友有理子裁判官(64期)の経歴
→ 令和4年4月1日以降,国の指定代理人(新61期の石間大輔裁判官の後任です。)として,修習給付金案内の記載等に基づき,71期以降の司法修習生に対する修習給付金及び修習専念資金の利息相当額は必要経費のない雑所得であることを主張立証するための活動をしています。
・ 裁判官の民間企業長期研修等の名簿
・ 判事補の外部経験の概要
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部

大阪高裁裁判官会議議事録(令和4年4月15日開催分)からの抜粋です。

Pocket

スポンサーリンク