稲葉一人裁判官(35期)の経歴


生年月日 S31.10.24
出身大学 関学大
退官時の年齢 41 歳
H10.3.31 依願退官
H9.4.1 ~ H10.3.30 大阪地裁判事
H6.4.1 ~ H9.3.31 法務省訟務局付
H3.4.1 ~ H6.3.31 広島法務局訟務部付
S63.4.1 ~ H3.3.31 東京地裁判事補
S60.4.1 ~ S63.3.31 秋田地家裁判事補
S58.4.12 ~ S60.3.31 大阪地裁判事補

*0 35期の稲葉一人裁判官及び35期の稲葉重子裁判官の勤務場所は似ていますところ,関西学院大学新聞1999年2月3日号・5頁には,稲葉一人 関西学院大学法学部教授(当時)の発言として,「うちのかみさんも裁判官をしているし、新しい道に進むことも良いと考えた。」と書いてあります。
*1 NPO法人「架け橋」HP「医療対話推進者研修の講師」には以下の記載があります。
1980年司法試験合格。大阪・東京地裁の判事・判事補、法務省検事を歴任。
米国留学を経て、現在、中京大学法科大学院教授(民事訴訟法)。
また、京都大学大学院医学研究科博士課程を経て、久留米大学医学部、熊本大学大学院、三重大学医学部、藤田保健衛生大学医学部の各客員教授を兼務。
*2 35期の稲葉一人 元大阪地裁判事及び35期の稲葉重子 元神戸家裁所長は,令和3年11月16日に愛知県弁護士会で弁護士登録をして,いなば法律事務所(名古屋市東区東桜2-13-22-1207)を開設しました。
*3 日本行政書士会連合会が発行している月刊日本の行政2010年4月号に「新しいADR論 実務と理論を調停する」を寄稿しています。
*4 以下の記事も参照してください。
・ 判事補の外部経験の概要
・ 行政機関等への出向裁判官
・ 判検交流に関する内閣等の答弁


スポンサーリンク