判事補時代に退官した元裁判官の名簿(令和時代)


目次
第1 判事補時代に退官した元裁判官の名簿
第2 判事補時代に退官した元裁判官の名簿の再就職先
第3 関連記事その他

第1 判事補時代に退官した元裁判官の名簿
◯修習期,氏名,生年月日,退官発令年月日,退官時の年齢,出身大学,退官理由及び最後の職を載せています。
53 66期 北島睦大 2024年3月31日 37歳 依願退官 新潟地家裁新発田支部判事補
52 67期 坂本辰仁 2024年3月31日 35歳 依願退官 慶応大院 名古屋地裁判事補
51 67期 園俊次郎 2024年3月31日 36歳 依願退官 札幌家地裁苫小牧支部判事補
50 67期 舘崎友輔 2024年3月31日 35歳 依願退官 東京地裁判事補
49 68期 伊藤嘉恵 2024年3月31日 42歳 依願退官 長野家地裁上田支部判事補
48 69期 杉本岳洋 2024年3月31日 33歳 依願退官 釧路家地裁北見支部判事補
47 71期 加藤創 2024年3月31日 32歳 依願退官 東京地裁判事補
46 71期 太田こもも 2024年3月31日 33歳 依願退官 横浜地家裁小田原支部判事補
45 71期 大西優太 2024年3月31日 28歳 依願退官 東京地家裁立川支部判事補
44 71期 吉田怜未 2024年3月31日 31歳 依願退官 大阪地裁堺支部判事補
43 72期 岡崎真実 2024年3月31日 34歳 依願退官 東京地家裁判事補
42 72期 長谷川豪 2024年3月31日 30歳 依願退官 大阪地家裁判事補
41  68期 種村仁志 2023年9月30日 35歳 依願退官 名古屋家地裁岡崎支部判事補
40 66期 岡田彩 2023年8月31日 36歳 慶応大院 依願退官 東京家裁判事補
39 68期 長谷川稔洋 2023年6月30日 33歳 依願退官 東京地裁判事補
38 66期 西脇典子 2023年3月31日 38歳 依願退官 名古屋地家裁岡崎支部判事補
37 66期 植木麻里 2023年3月31日 36歳 依願退官 東京地裁判事補
36 68期 柏戸夏子 2023年3月31日 34歳 慶応大院 依願退官 名古屋地裁判事補
35 69期 堀内信宏 2023年3月31日 32歳 京大院 依願退官 名古屋地家裁岡崎支部判事補
34 70期 岩本圭矢 2023年3月31日 九州大院 31歳 依願退官 札幌地家裁判事補
33 70期 堀内さゆみ 2023年3月31日 32歳 京大院 依願退官 名古屋地家裁岡崎支部判事補
32 73期 有田大修 2023年2月28日 30歳 依願退官 宮崎地裁判事補
31 65期 蕪城真由子 2023年1月16日 36歳 任期終了 東京地裁判事補
30 67期 小菅哲聖 2022年12月31日 33歳 京大院 依願退官 津地家裁四日市支部判事補
29 66期 内田健太 2022年9月30日 34歳 一橋大院 依願退官 福岡家地裁小倉支部判事補
28 66期 高嶋美穂 2022年4月15日 35歳 京大院 依願退官 大阪家地裁堺支部判事補
27 67期 野口奈央 2022年4月2日 33歳 京大院 依願退官 東京地裁判事補
26 65期 上木英典 2022年3月31日 35歳 慶応大院 依願退官 東京地家裁立川支部判事補
25 65期 蕪城雄一郎 2022年3月31日 35歳 名古屋大院 依願退官 佐賀地家裁判事補
24 67期 板﨑遼 2022年3月31日 33歳 京大院 依願退官 神戸地家裁判事補
23 67期 崎川静香 2022年3月31日 33歳 慶応大院 依願退官 東京地裁判事補
22 67期 安井亜季 2022年3月31日 33歳 同志社大院 依願退官 東京地裁判事補
21 68期 加藤伸明 2022年3月31日 33歳 愛知大院 依願退官 鹿児島地家裁判事補
20 69期 大木峻 2022年3月31日 32歳 早稲田大院 依願退官 東京地家裁立川支部判事補
19 71期 岡本健太朗 2022年3月31日 東大 27歳 依願退官 富山地家裁判事補
18 68期 築山健一 2022年1月31日 32歳 大阪大院 依願退官 名古屋地裁判事補
17 68期 日巻功一朗 2021年12月31日 33歳 京大院 依願退官 福井家地裁判事補
16 67期 高野将人 2021年10月2日 33歳 慶応大院 依願退官 福岡地裁判事補
15 70期 池見祥加 2021年4月8日 28歳 早稲田大院 依願退官 神戸地家裁判事補
14 68期 西愛礼 2021年4月2日 29歳 一橋大 依願退官 東京地裁判事補
13 66期 秋田康博 2021年3月31日 33歳 慶応大院 依願退官 前橋家地裁判事補
12 66期 渡邊直樹 2021年3月31日 33歳 慶応大院 依願退官 大阪地家裁判事補
11 64期 倉方ユリ 2020年9月30日 35歳 依願退官 東京地裁判事補
10 64期 瓜生容 2020年9月30日 34歳 一橋大院 依願退官 大阪地家裁判事補
9 66期 角田宗信 2020年5月31日 36歳 中央大院 依願退官 徳島家地裁判事補
8 63期 鈴木一子 2020年3月31日 36歳 辞職 法総研国際協力部教官
7 63期 寺内康介 2020年3月31日 35歳 一橋大院 依願退官 東京地裁判事補
6 67期 神本博雅 2020年3月31日 31歳 中央大院 依願退官 東京地裁判事補
5 65期 宇野由隆 2020年3月31日 33歳 慶応大院 依願退官 宮崎家地裁都城支部判事補
4 64期 横田友宏 2020年3月31日 34歳 東大院 依願退官 釧路家地裁北見支部判事補
3 65期 中川真梨子 2020年3月31日 34歳 早稲田大院 依願退官 松山家地裁宇和島支部判事補
2 70期 佐野眞由美 2020年1月31日 28歳 東大院 依願退官 福島地家裁判事補
1 66期 溝上瑛里 2019年10月15日 31歳 東大院 依願退官 徳島家地裁判事補


第2 判事補時代に退官した元裁判官の名簿の再就職先
53 66期 北島睦大:(不明)
52 67期 坂本辰仁弁護士法人久屋総合法律事務所(名古屋市)
51 67期 園俊次郎:(不明)
50 67期 舘崎友輔:(不明)
49 68期 伊藤嘉恵 :(不明)
48 69期 杉本岳洋 :(不明)
47 71期 加藤創:(不明)
46 71期 太田こもも大江・田中・大宅法律事務所(東京都港区)
45 71期 大西優太:舞田法律事務所(福岡市)
44 71期 吉田怜未三宅坂総合法律事務所(東京都千代田区)
43 72期 岡崎真実 :(不明)
42 72期 長谷川豪 :西村あさひ法律事務所・外国法共同事業(東京都千代田区)
41 68期 種村仁志:(不明)
40 66期 岡田彩西村あさひ法律事務所(東京都千代田区)
39 68期 長谷川稔洋:(不明)
38 66期 西脇典子株式会社ジェイテクト(愛知県刈谷市)
37 66期 植木麻里Ai-EI法律事務所(東京都千代田区)
36 68期 柏戸夏子第一芙蓉法律事務所(東京都千代田区)
35 69期 堀内信宏島田法律事務所(東京都千代田区)
34 70期 岩本圭矢岩田合同法律事務所(東京都千代田区)
33 70期 堀内さゆみ:(不明)
32 73期 有田大修:(不明)
31 65期 蕪城真由子:西綜合法律事務所(東京都港区)
30 67期 小菅哲聖:(不明)
29 66期 内田健太村松法律事務所(札幌市)(弁護士職務経験先)
28 66期 高嶋美穂:(不明)
27 67期 野口奈央潮見坂綜合法律事務所(東京都千代田区)
26 65期 上木英典敬和綜合法律事務所(東京都港区)(弁護士職務経験先)
25 65期 蕪城雄一郎TMI総合法律事務所(東京都港区)
24 67期 板﨑遼堂島法律事務所(大阪市中央区)(弁護士職務経験先)
23 67期 崎川静香 :(不明)
22 67期 安井亜季TMI総合法律事務所(東京都港区)
21 68期 加藤伸明横木増井法律事務所(東京都港区)
20 69期 大木峻中村法律事務所(東京都渋谷区)
19 71期 岡本健太朗アンダーソン・毛利・友常法律事務所(東京都千代田区)
18 68期 築山健一石原総合法律事務所(名古屋市中区)(弁護士職務経験先)
17 68期 日巻功一朗ヤフー株式会社(東京都千代田区)
16 67期 高野将人 :(不明)
15 70期 池見祥加DT弁護士法人(東京都千代田区)
14 68期 西愛礼しんゆう法律事務所(大阪市北区)
13 66期 秋田康博弁護士法人大江橋法律事務所東京事務所(東京都千代田区)
12 66期 渡邊直樹きっかわ法律事務所(大阪市北区)(弁護士職務経験先)
11 64期 倉方ユリ株式会社ニチレイ(東京都中央区)
10 64期 瓜生容増田パートナーズ法律事務所(東京都千代田区)
9 66期 角田宗信西村あさひ法律事務所(東京都千代田区)(弁護士職務経験先)
8 63期 鈴木一子佐藤興治郎法律事務所(仙台市)
7 63期 寺内康介骨董通り法律事務所(東京都港区)
6 67期 神本博雅神本法律事務所(大分県中津市)
5 65期 宇野由隆第一芙蓉法律事務所(東京都千代田区)
4 64期 横田友宏Vanguard Tokyo 法律事務所(東京都千代田区)
3 65期 中川真梨子西村あさひ法律事務所(東京都千代田区)(弁護士職務経験先)
2 70期 佐野眞由美島田法律事務所(東京都千代田区)
1 66期 溝上瑛里西村あさひ法律事務所大阪事務所(大阪市北区)


第3 関連記事その他
1 最高裁判所長官以外の裁判官が依願退官をするためには,最高裁判所を経た免官の願出に基づき,内閣において本官及び兼官を免じてもらう必要があります(裁判官分限法1条)。
    つまり,最高裁判所裁判官会議の議決に基づき,閣議決定により依願退官を決定してもらう必要があります。
2(1) 弁護士転職.jpに「裁判官から弁護士に転職する方法と手続き」が載っています。
(2) NO LIMIT HP「裁判官(判事)から弁護士に転職する具体的な方法と裁判官の採用事情・転職成功のポイントまで」が載っています。
3 東京弁護士会HPの「新規登録(元判事・元検事)※職務経験法含む」によれば,書類提出期限までに東京弁護士会に書類を提出してから弁護士登録をするまでに50日ぐらいかかるみたいです。
4 以下の記事も参照してください。
・ 裁判官の退官情報
・ 判事補時代に退官した元裁判官507人の名簿(昭和時代及び平成時代)
・ 退官発令日順の元裁判官の名簿(平成29年8月10日時点)



広告
スポンサーリンク