末弘陽一裁判官(49期)の経歴


生年月日 S44.6.22
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R16.6.22
R4.4.1 ~ 大阪地裁15刑部総括
R2.4.1 ~ R4.3.31 大阪高裁6刑判事
H29.4.1 ~ R2.3.31 松山地裁刑事部部総括
H28.4.1 ~ H29.3.31 大阪地裁10刑判事(令状部)
H26.4.1 ~ H28.3.31 大阪地裁15刑判事
H23.4.1 ~ H26.3.31 福岡地家裁小倉支部判事
H20.4.1 ~ H23.3.31 大阪地裁8刑判事
H19.4.10 ~ H20.3.31 神戸地家裁豊岡支部判事
H17.4.1 ~ H19.4.9 神戸地家裁豊岡支部判事補
H14.4.1 ~ H17.3.31 大阪地家裁判事補
H11.4.1 ~ H14.3.31 松山地家裁判事補
H9.4.10 ~ H11.3.31 広島地裁判事補

*1 以下の記事も参照してください。
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 地方裁判所の専門部及び集中部
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部
*2の1 大阪地裁令和5年3月17日判決(担当裁判官は49期の末弘陽一57期の高橋里奈及び70期の小澤光)(判例秘書掲載)は,生後2カ月だった長男の頭部に自宅で衝撃を与える暴行を加え,急性硬膜下血腫などの重傷を負わせたとして傷害罪に問われた父親に対し,無罪判決(求刑は懲役5年でした。)とりました(産経新聞HPの「「大切な日常取り戻して下さい」と裁判長 乳児暴行で起訴、無罪の父親に 大阪地裁判決」(2023年3月17日付)参照)。
*2の2 弁護士川村真文の視点ブログ「幼児揺さぶり事案で、先天性グリコシル化異常症が問題とされ、無罪とされた事例」に,大阪地裁令和5年3月17日判決が紹介されています。
*2の3 49期の田中伸一裁判官,60期の中山知裁判官及び61期の南うらら裁判官は,判例タイムズ1511号(2023年10月号)に「乳幼児に対する頭部受傷による傷害致死等事案についての裁判例の分析研究」を寄稿しています。


広告
スポンサーリンク