今井輝幸裁判官(52期)の経歴

Pocket

生年月日 S44.1.7
出身大学 東大院
定年退官発令予定日 R16.1.7
R2.4.1 ~ 大阪高裁1刑判事
H29.4.1 ~ R2.3.31 大津地家裁判事
H26.4.1 ~ H29.3.31 富山家地裁高岡支部判事
H23.4.1 ~ H26.3.31 奈良地家裁判事
H22.4.10 ~ H23.3.31 大阪地裁判事
H20.4.1 ~ H22.4.9 大阪地家裁判事補
H17.9.29 ~ H20.3.31 福岡家地裁田川支部判事補
H15.7.1 ~ H17.9.28 岐阜地家裁判事補
H14.4.1 ~ H15.6.30 岐阜家地裁判事補
H13.4.1 ~ H14.3.31 神戸地家裁判事補
H12.4.10 ~ H13.3.31 神戸地裁判事補

*1 「韓国の国民参与裁判制度―裁判員裁判に与える示唆」(2010年6月1日出版)を執筆しています。
*2の1 大津地裁平成7年6月30日判決(担当裁判官は19期の中川隆司39期の坪井祐子及び42期の片山憲一)(判例秘書に掲載)は,日野町事件(昭和60年1月18日に被害者の遺体が発見された強盗殺人事件)被告人に対して無期懲役の判決を言い渡しましたところ,大津地裁平成30年7月11日決定(担当裁判官は52期の今井輝幸,57期の湯浅徳恵及び63期の加藤靖之)(判例秘書に掲載)は日野町事件に関して再審開始決定を出しました。
*2の2 デイリー新潮HP「26年前の「日野町事件」で問われる裁判官の罪 彼らはこうして冤罪事件に加担した」が載っています。
*3 以下の記事も参照してください。
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部

Pocket

スポンサーリンク