岡山忠広裁判官(47期)の経歴


生年月日 S45.8.29
出身大学 東大
定年退官発令予定日 R17.8.29
R5.4.1 ~ 千葉地裁3民部総括
H31.4.1 ~ R5.3.31 知財高裁第4部判事
H28.4.1 ~ H31.3.31 札幌地裁5民部総括
H25.7.22 ~ H28.3.31 東京高裁19民判事
H22.4.1 ~ H25.7.21 法務省民事局参事官
H20.4.1 ~ H22.3.31 釧路地家裁帯広支部長
H17.4.12 ~ H20.3.31 大阪地裁22民判事
H17.4.1 ~ H17.4.11 大阪地裁判事補
H14.5.14 ~ H17.3.31 静岡地家裁沼津支部判事補
H13.4.1 ~ H14.5.13 東京地裁判事補
H11.4.1 ~ H13.3.31 農水省農産園芸局種苗課事務官
H11.3.1 ~ H11.3.31 最高裁行政局付
H9.4.1 ~ H11.2.28 釧路地家裁判事補
H7.4.12 ~ H9.3.31 横浜地裁判事補

*1 以下の記事も参照してください。
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部
・ 判事補の外部経験の概要
・ 行政機関等への出向裁判官
*2 特許庁HPの国際知財司法シンポジウム2022講演者資料2頁に47期の岡山忠広裁判官の顔写真が載っています。
*3 一問一答 被災借地借家法・改正被災マンション法(2014年6月18日付)を執筆しています。
* 千葉地裁令和5年10月31日判決(裁判長は47期の岡山忠広)は,筋肉が徐々に動かなくなる難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の男性患者(62)が障害者総合支援法に基づく重度訪問介護を1日当たり24時間態勢で給付するよう居住地の千葉県松戸市に求めた訴訟において,支給時間を1日約22時間とするよう松戸市に命じました(東京新聞HPの「22時間の重度訪問介護を命令 ALS患者巡り松戸市に」参照)。


広告
スポンサーリンク