脇由紀裁判官(40期)の経歴


生年月日 S34.4.30
出身大学 大阪大
定年退官発令予定日 R6.4.30
R4.11.29 ~ 広島高裁第4部部総括(民事)
R3.8.7 ~ R4.11.28 岡山家裁所長
H30.12.27 ~ R3.8.6 前橋地家裁高崎支部長
H29.4.1 ~ H30.12.26 東京高裁7民判事
H25.8.12 ~ H29.3.31 さいたま地裁2民部総括
H23.4.1 ~ H25.8.11 東京高裁9民判事
H22.4.1 ~ H23.3.31 福岡高裁5民判事
H20.4.1 ~ H22.3.31 福岡家地裁判事
H17.4.1 ~ H20.3.31 横浜地家裁川崎支部判事
H14.4.1 ~ H17.3.31 東京地裁判事
H10.4.12 ~ H14.3.31 大分地家裁判事
H10.4.1 ~ H10.4.11 大分地家裁判事補
H8.4.1 ~ H10.3.31 東京家地裁八王子支部判事補
H5.3.25 ~ H8.3.31 東京地裁判事補
H2.3.23 ~ H5.3.24 熊本地家裁判事補
S63.4.12 ~ H2.3.22 大阪地裁判事補

*1 以下の記事も参照してください。
・ 高裁の部総括判事の位置付け
 毎年6月開催の長官所長会同
 新任の地家裁所長等を対象とした実務協議会の資料
 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部
*2 昭和63年4月12日に任官した時点の氏名は「松岡由紀」であり,平成2年3月23日に熊本地家裁判事補になった後の氏名は「脇由紀」でありますところ,40期の脇博人裁判官及び40期の脇由紀裁判官の勤務場所は似ています。
*3 広島地裁福山支部令和4年2月24日判決(D1-Lawに掲載。担当裁判官は新60期の東根正憲)は,平成23年5月及び平成24年7月の贈与について意思能力を認めつつ,遺言能力があることに争いがなかった平成23年1月作成の遺言公正証書について口授の不存在「だけ」を理由に無効であると判断した(税経通信2022年5月号152頁及び153頁参照)ものの,当該判決は広島高裁令和5年10月12日判決(D1-Lawに掲載。担当裁判官は40期の脇由紀49期の梅本幸作及び54期の佐々木清一)によって破棄され,平成23年1月作成の遺言公正証書は有効であると認められました。


スポンサーリンク