島岡大雄裁判官(45期)の経歴


生年月日 S41.11.22
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R13.11.22
R6.4.1 ~ 大阪高裁7民判事
R3.4.1 ~ R6.3.31 神戸地裁6民部総括(労働部)
H30.4.1 ~ R3.3.31 奈良地裁民事部部総括
H25.4.1 ~ H30.3.31 大阪高裁7民判事
H23.4.1 ~ H25.3.31 宮崎地裁2民部総括
H20.4.1 ~ H23.3.31 東京地裁20民判事
H16.4.1 ~ H20.3.31 高松高裁第2部判事
H15.4.9 ~ H16.3.31 大阪家地裁岸和田支部判事
H13.4.1 ~ H15.4.8 大阪家地裁岸和田支部判事補
H10.4.1 ~ H13.3.31 札幌家地裁判事補
H8.4.1 ~ H10.3.31 東京地裁判事補
H7.4.1 ~ H8.3.31 ダイエー(研修)
H7.3.24 ~ H7.3.31 東京地裁判事補
H5.4.9 ~ H7.3.23 大阪地裁判事補

*1 以下の記事も参照してください。
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 地方裁判所の専門部及び集中部
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部
・ 裁判官の民間企業長期研修等の名簿
・ 判事補の外部経験の概要
*2 自由と正義2010年8月号32頁ないし34頁に「2010年2月8日開催の管財人等協議会における統計報告」を寄稿しています。
*3 判例タイムズ1409号(2015年4月1日付)に「大阪高等裁判所第7民事部における上告事件の処理の実情」を寄稿しています。
*4 神戸地裁令和5年4月21日判決(裁判長は45期の島岡大雄)は,通勤中の交通事故の後にCT検査などで脳の損傷が確認できないものの,記憶障害などの後遺症が残ったとする49歳の男性が事故と後遺症の因果関係などを認めなかった労働基準監督署の決定を取り消すよう求めた訴訟において,「脳損傷を認めるに足りる的確な証拠はない」として、男性の訴えを棄却しました(NHKの「“交通事故で検査で確認できない脳損傷” 神戸地裁 訴え棄却」参照)。


広告
スポンサーリンク