大村泰平裁判官(50期)の経歴

Pocket

生年月日 S42.5.2
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R14.5.2
R3.4.1 ~ 静岡地裁浜松支部刑事部部総括
H30.4.1 ~ R3.3.31 富山地裁刑事部部総括
H27.4.1 ~ H30.3.31 名古屋高裁2刑判事
H24.4.1 ~ H27.3.31 福井家地裁判事
H21.4.1 ~ H24.3.31 奈良地家裁五條支部判事
H20.4.12 ~ H21.3.31 名古屋地裁2刑判事
H18.4.1 ~ H20.4.11 名古屋地裁判事補
H15.4.1 ~ H18.3.31 山口家地裁岩国支部判事補
H14.4.1 ~ H15.3.31 金沢家地裁判事補
H12.4.1 ~ H14.3.31 金沢地家裁判事補
H10.4.12 ~ H12.3.31 神戸地裁判事補

*1 以下の記事も参照してください。
 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部
*2 藤井裕人美濃加茂市長(当時)に対する名古屋高裁平成28年11月28日判決(判例秘書に掲載。裁判長は35期の村山浩昭であり,陪席裁判官は50期の大村泰平及び55期の赤松亨太)は,名古屋地裁平成27年3月5日判決(無罪判決)を破棄し,懲役1年6月・執行猶予3年・追徴金30万円とした有罪判決であったところ,同判決については,ハフポストの「村山浩昭裁判長は、なぜ「自分の目と耳」を信じようとしないのか」(2016年12月5日付)が参考になります。

Pocket

スポンサーリンク