溝国禎久裁判官(44期)の経歴


生年月日 S37.8.15
出身大学 京大
定年退官発令予定日 R9.8.15
R5.7.23 ~ 那覇家裁所長
R4.3.9 ~ R5.7.22 福岡地家裁小倉支部長
H31.4.1 ~ R4.3.8 福岡地裁2刑部総括
H27.5.20 ~ H31.3.31 熊本地裁刑事部部総括
H27.4.1 ~ H27.5.19 福岡高裁1刑判事
H25.1.10 ~ H27.3.31 神戸地裁姫路支部刑事部部総括
H24.9.6 ~ H25.1.9 神戸地家裁姫路支部判事
H22.4.1 ~ H24.9.5 福岡高裁3刑判事
H20.4.1 ~ H22.3.31 福岡地家裁判事
H19.4.1 ~ H20.3.31 東京家裁判事
H17.4.1 ~ H19.3.31 東京高裁10刑判事
H14.4.7 ~ H17.3.31 那覇地家裁平良支部判事
H14.4.1 ~ H14.4.6 那覇地家裁平良支部判事補
H11.4.1 ~ H14.3.31 神戸地裁判事補
H8.4.1 ~ H11.3.31 最高裁家庭局付
H7.4.1 ~ H8.3.31 さくら銀行(研修)
H7.3.24 ~ H7.3.31 東京地裁判事補
H6.4.1 ~ H7.3.23 神戸地家裁判事補
H4.4.7 ~ H6.3.31 神戸地裁判事補

*0 産経新聞HPに「裁判員10年 裁判官インタビュー(18)「理想形にはまだ道半ば」福岡地裁・溝国禎久裁判官(55) 約40件担当」が載っています。
*1の1 松橋事件(昭和60年1月,熊本県下益城郡松橋町(現在の宇城市)で発生した殺人事件)につき,熊本地裁昭和61年12月22日判決(裁判長は12期の荒木勝己裁判官)は懲役13年を言い渡し,福岡高裁昭和63年6月2日判決(裁判長は2期の生田謙二裁判官)は被告人の控訴を棄却し,最高裁平成2年1月26日決定(裁判長は高輪2期の大内恒夫裁判官)は被告人の上告を棄却しました。
*1の2 平成24年3月12日に再審請求があり,熊本地裁平成28年6月30日決定(裁判長は44期の溝国禎久裁判官)が再審開始を決定し,福岡高裁平成29年11月29日決定(裁判長は32期の山口雅高裁判官)が検察官の即時抗告を棄却し,最高裁平成30年10月10日決定(裁判長は32期の菅野博之裁判官)が検察官の特別抗告を棄却し,熊本地裁平成31年3月28日決定(裁判長は44期の溝国禎久裁判官)が再審無罪を言い渡しました。
*1の3 2019年10月3日の日弁連人権擁護大会シンポジウム第3分科会基調報告書 末尾60頁ないし63頁に松橋事件のことが書いてあります。
*2 以下の記事も参照してください。
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部
・ 裁判官の民間企業長期研修等の名簿
・ 判事補の外部経験の概要


広告
スポンサーリンク