大竹敬人裁判官(54期)の経歴


生年月日 S50.12.12
出身大学 一橋大
定年退官発令予定日 R22.12.12
R4.4.1 ~ 東京地裁26民判事
H28.12.14 ~ R4.3.31 最高裁行政調査官
H26.4.1 ~ H28.12.13 東京地裁3民判事(行政部)
H23.10.17 ~ H26.3.31 長崎地家裁大村支部判事
H23.4.1 ~ H23.10.16 長崎地家裁大村支部判事補
H22.4.1 ~ H23.3.31 東京地裁判事補
H20.7.11 ~ H22.3.31 最高裁民事局付
H16.4.1 ~ H20.7.10 前橋地家裁判事補
H13.10.17 ~ H16.3.31 東京地裁判事補

*1 以下の記事も参照して下さい。
・ 最高裁判所調査官
・ 最高裁判所判例解説
・ 地方裁判所の専門部及び集中部
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部
*2の1 東京地裁令和5年4月12日判決(担当裁判官は54期の大竹敬人)は,2019年に愛知県で開かれた国際芸術祭の企画展「表現の不自由展・その後」を巡る投稿で名誉を傷つけられたとして,芸術監督を務めたジャーナリストの津田大介が作家の百田尚樹に400万円の損害賠償を求めた訴訟において,百田尚樹に30万円の支払を命じました(ヤフーニュースの「百田尚樹氏に30万円賠償命令 「不自由展」巡り津田大介さん中傷 東京地裁」参照)。


広告
スポンサーリンク