小川理津子裁判官(45期)の経歴


生年月日 S41.1.7
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R13.1.7
R5.8.1 ~ 証取委事務局次長
R4.4.25 ~ R5.7.31 東京地裁36民部総括(労働部)
H31.2.25 ~ R4.4.24 東京地裁7民部総括
H29.4.1 ~ H31.2.24 東京高裁23民判事
H26.4.1 ~ H29.3.31 盛岡地裁民事部部総括
H23.4.1 ~ H26.3.31 東京地裁39民判事
H20.4.1 ~ H23.3.31 熊本地家裁八代支部判事
H17.4.1 ~ H20.3.31 横浜地裁7民判事
H15.4.9 ~ H17.3.31 水戸家地裁土浦支部判事
H14.4.1 ~ H15.4.8 水戸家地裁土浦支部判事補
H11.4.1 ~ H14.3.31 鹿児島地家裁判事補
H10.4.1 ~ H11.3.31 横浜家地裁判事補
H9.4.1 ~ H10.3.31 横浜地裁判事補
H7.3.24 ~ H9.3.31 横浜家地裁判事補
H5.4.9 ~ H7.3.23 大阪地裁判事補

*0 日経新聞HPに「「小川理津子」のニュース一覧」が載っています。
*1 以下の記事も参照してください。
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部
*2 東京地裁令和3年9月27日判決(裁判長は45期の小川理津子)は,新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し,令和2年3月28日開催予定の結婚式を同月25日に中止した新郎の30歳代男性が約485万円ものキャンセル料(なお,前払いしたお金は合計約615万円)を取られたのは不当だとして式場側に全額の返還を求めた訴訟について,男性の請求を棄却する判決となりました(NHK HPの「「幸せな結婚式のはずが裁判に・・・ そのキャンセル料、本当に支払わないとダメですか?」」参照)。
*3 東京地裁令和5年3月27日判決(裁判長は45期の小川理津子)は,東京税理士会の神田支部で事務局職員として働いていた40代女性が,支部役員の男性税理士から性的暴行を受けた末に解雇されたとして,男性と支部に損害賠償や地位確認などを求めた訴訟において,原告の請求をいずれも棄却しました(朝日新聞HPの「「地位なげうつとは考えがたい」 税理士会での性被害訴えた女性敗訴」(2023年3月28日付)参照)。


スポンサーリンク