伊藤繁裁判官(43期)の経歴


生年月日 S38.5.25
出身大学 早稲田大
定年退官発令予定日 R10.5.25
R4.4.1 ~ 国税不服審判所長
H30.7.1 ~ R4.3.31 東京地裁4民部総括
H27.4.1 ~ H30.6.30 東京高裁17民判事
H25.4.1 ~ H27.3.31 公取委上席審判官
H22.4.1 ~ H25.3.31 東京地裁22民判事
H19.4.1 ~ H22.3.31 東京法務局訟務部副部長
H15.4.1 ~ H19.3.31 宇都宮地家裁大田原支部長
H13.4.9 ~ H15.3.31 東京地裁判事
H11.4.1 ~ H13.4.8 東京地裁判事補
H8.4.1 ~ H11.3.31 法務省訟務局付
H8.3.25 ~ H8.3.31 仙台地裁判事補
H5.4.1 ~ H8.3.24 岐阜地家裁判事補
H3.4.9 ~ H5.3.31 東京地裁判事補

*1 以下の記事も参照してください。
・ 歴代の国税不服審判所長
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部
・ 判事補の外部経験の概要
・ 行政機関等への出向裁判官
・ 判検交流に関する内閣等の答弁
*2 東京地裁令和4年3月18日判決(裁判長は43期の伊藤繁裁判官)は,立憲民主党の森裕子参院議員が、フェイスブックで国家戦略特区ワーキンググループ座長代理の原英史氏に関する報道記事などを投稿したことで名誉を傷つけられたとして、原氏が385万円の賠償を求めた訴訟において,一部について名誉毀損を認めて34万円の支払を命じました(ヤフーニュースの「森裕子参院議員に賠償命令 特区WG座長代理の名誉毀損 東京地裁」参照)。


広告
スポンサーリンク