司法研修所刑事裁判教官の名簿

Pocket

目次
1 現職の司法研修所刑事裁判教官(着任日の新しい順番)
2 過去の司法研修所刑事裁判教官(離任日の新しい順番)
3 判決の宣告と訓戒
4 関連記事その他

1 現職の司法研修所刑事裁判教官(着任日の新しい順番)
57期の結城真一郎裁判官(R3.8.2 ~ )
55期の高森宣裕裁判官
(R3.3.18 ~ )
56期の伊藤大介裁判官(R3.3.18 ~)
58期の佐藤傑裁判官(R3.3.18 ~)
44期の河本雅也裁判官
(R2.10.24 ~ )(上席)
57期の近藤和久裁判官
(R2.4.1 ~ )
57期の林欣寛裁判官(R2.4.1 ~ )
58期の小畑和彦裁判官(R2.4.1 ~ )
50期の細谷泰暢裁判官(H31.4.1 ~ )
54期の増尾崇裁判官(H31.4.1 ~ )
55期の薄井真由子裁判官(H31.4.1 ~ )
56期の渡辺美紀子裁判官(H29.4.1 ~ )


2 過去の司法研修所刑事裁判教官(離任日の新しい順番)
53期の鎌倉正和裁判官H29.4.1 ~ R3.8.1)
53期の蛯原意裁判官(H28.8.1 ~ R3.3.17)
54期の内田曉裁判官(H30.4.1 ~ R3.3.17)
54期の中村光一裁判官(H29.4.1 ~ R3.3.17)
41期の遠藤邦彦裁判官(H18.4.1 ~ H21.3.31,H30.7.12 ~ R2.10.23)
48期の佐藤弘規裁判官(H28.4.1 ~ R2.3.31)
49期の品川しのぶ裁判官(H28.4.1 ~ R2.3.31)
50期の丹羽芳徳裁判官(H30.4.1 ~ R2.3.31 )
49期の坂口裕俊裁判官(H28.4.1 ~ H31.3.31)
51期の加藤陽裁判官(H27.4.1 ~ H31.3.31)
54期の秋田志保裁判官(H27.4.1 ~ H31.3.31)
40期の細田啓介裁判官(H26.4.1 ~ H30.7.11)
50期の江口和伸裁判官(H26.4.1 ~ H30.3.31)
52期の井戸俊一裁判官(H26.4.1 ~ H30.3.31)
52期の戸苅左近裁判官(H28.4.1 ~ H30.3.31)
47期の神田大助裁判官(H25.2.8 ~ H29.3.31)
48期の島戸純裁判官(H25.4.1 ~ H29.3.31)
51期の兒島光夫裁判官(H25.4.1 ~ H29.3.31)
52期の森喜史裁判官(H25.4.1 ~ H29.3.31)
46期の平出喜一裁判官(H25.4.1 ~ H28.7.31)
46期の染谷武宣裁判官(H27.11.27 ~ H28.3.31)
48期の友重雅裕裁判官(H26.4.1 ~ H28.3.31)
48期の西川篤志裁判官(H24.4.1 ~ H28.3.31)
50期の宮田祥次裁判官(H24.4.1 ~ H28.3.31)
52期の吉田智宏裁判官(H26.4.1 ~ H28.3.31)
50期の三村三緒裁判官(H24.4.1 ~ H27.11.26)
46期の吉井隆平裁判官(H23.4.1 ~ H27.3.31)
48期の渡部市郎裁判官(H23.4.1 ~ H27.3.31)
37期の中里智美裁判官(H16.3.22 ~ H19.9.30,H24.10.27 ~ H26.3.31)
48期の坂田威一郎裁判官(H22.4.1 ~ H26.3.31)
48期の中川綾子裁判官(H23.4.1 ~ H26.3.31)
48期の野村賢裁判官(H22.4.1 ~ H26.3.31)
48期の安永健次裁判官(H22.4.1 ~ H26.3.31)
43期の伊藤寿裁判官(H22.4.1 ~ H25.3.31)
45期の森島聡裁判官(H21.4.1 ~ H25.3.31)
46期の長瀬敬昭裁判官(H21.4.1 ~ H25.3.31)
47期の小池健治裁判官(H21.4.1 ~ H25.3.31)
48期の佐藤卓生裁判官(H21.4.1 ~ H25.3.31)
45期の吉崎佳弥裁判官(H24.4.1 ~ H25.2.17)
34期の秋吉淳一郎裁判官(H14.3.25 ~ H18.10.18,H22.1.1 ~ H24.10.26)
39期の金子武志裁判官(H20.4.1 ~ H24.3.31)
43期の栗原正史裁判官(H21.4.1 ~ H24.3.31)
44期の中山大行裁判官(H20.7.16 ~ H24.3.31)
47期の齋藤千恵裁判官(H20.7.16 ~ H24.3.31)
40期の松藤和博裁判官(H19.6.1 ~ H23.3.31)
42期の河原俊也裁判官(H19.4.1 ~ H23.3.31)
44期の平塚浩司裁判官(H19.6.1 ~ H23.3.31)
45期の景山太郎裁判官(H19.6.1 ~ H23.3.31)
37期の大熊一之裁判官(H18.4.1 ~ H22.3.31)
40期の斎藤正人裁判官(H18.4.1 ~ H22.3.31)
41期の島田一裁判官(H17.3.23 ~ H22.3.31)
46期の下津健司裁判官(H18.4.1 ~ H22.3.31)
32期の河合健司裁判官(H10.4.1 ~ H14.3.31,H19.1.15 ~ H21.12.31)
41期の田村政喜裁判官(H16.3.22 ~ H21.3.31)
44期の鈴木巧裁判官(H16.3.22 ~ H21.3.31)
45期の佐々木一夫裁判官(H17.3.22 ~ H21.3.31)
45期の守下実裁判官(H17.3.22 ~ H21.3.31)
35期の後藤真理子裁判官(H16.3.22 ~ H20.3.31)
40期の辻川靖夫裁判官(H15.11.1 ~ H20.3.31)
37期の伊名波宏仁裁判官(H16.3.22 ~ H19.9.20)
44期の小森田恵樹裁判官(H17.3.22 ~ H19.9.20)
29期の小川正持裁判官(H17.11.1 ~ H19.1.14)
41期の加藤学裁判官(H15.3.25 ~ H18.10.10)
36期の若園敦雄裁判官(H15.3.25 ~ H18.10.9)
38期の近藤宏子裁判官(H14.2.25 ~ H18.10.9)
40期の水野智幸裁判官(H15.3.25 ~ H18.10.9)
30期の三好幹夫裁判官(H14.3.18 ~ H17.6.30)
37期の登石郁朗裁判官(H14.3.18 ~ H17.6.30)
38期の大善文男裁判官(H13.3.26 ~ H17.6.30)
39期の植野聡裁判官(H13.3.26 ~ H17.6.30)
31期の伊藤納裁判官(H12.3.25 ~ H16.3.31)
32期の毛利晴光裁判官(H12.3.25 ~ H16.3.31)
34期の波床昌則裁判官(H12.3.25 ~ H16.3.31)
33期の栃木力裁判官(H10.9.1 ~ H15.10.31)
34期の秋山敬裁判官(H11.4.1 ~ H15.6.30)
38期の吉村典晃裁判官(H13.3.26 ~ H15.6.30)
34期の杉田宗久裁判官(H11.4.1 ~ H15.3.31 )
23期の田中康郎裁判官(H1.8.1 ~ H6.4.7,H12.3.25 ~ H15.2.12)
33期の小坂敏幸裁判官(H10.4.1 ~ H14.2.24)
27期の出田孝一裁判官(H10.4.1 ~ H14.1.20)
38期の瀧華聡之裁判官(H10.4.1 ~ H14.1.9)
33期の秋葉康弘裁判官(H9.4.1 ~ H13.3.31)
34期の藤井敏明裁判官(H9.4.1 ~ H13.3.31)
28期の八木正一裁判官(H8.4.1 ~ H12.7.31)
21期の三上英昭裁判官(H9.10.29 ~ H12.4.3)
31期の角田正紀裁判官(H7.4.1 ~ H11.4.4)
33期の中川博之裁判官(H7.4.1 ~ H11.4.4)
32期の大島隆明裁判官(H6.4.1 ~ H10.4.2)
34期の戸倉三郎裁判官(H6.4.1 ~ H10.4.2)
29期の大谷直人裁判官(H7.4.1 ~ H10.4.1)
34期の合田悦三裁判官(H6.3.25 ~ H10.8.31)
26期の川上拓一裁判官(H7.4.1 ~ H10.3.31)
19期の村上光鵄裁判官(S54.4.1 ~ S58.4.12,H5.4.2 ~ H9.10.28)
28期の上垣猛裁判官(H5.4.1 ~ H9.4.3)
23期の平谷正弘裁判官(H6.4.1 ~ H9.3.31)
26期の山室惠裁判官(S63.4.1 ~ H1.7.31,H5.4.1 ~ H9.3.31)
28期の山崎学裁判官(H4.4.1 ~ H8.4.4)
22期の大山隆司裁判官(H3.4.1 ~ H7.4.6)
28期の的場純男裁判官(H3.4.1 ~ H7.4.6)
30期の村上博信裁判官(H3.4.1 ~ H7.4.6)
26期の若原正樹裁判官(H2.4.1 ~ H6.7.31)
28期の松本芳希裁判官(H1.11.10 ~ H6.4.7)
15期の野間洋之助裁判官(S54.4.1 ~ S58.4.8,H2.4.1 ~ H5.4.1)
23期の千葉勝郎裁判官(H2.4.1 ~ H5.3.31)
23期の長島孝太郎裁判官(H1.4.1 ~ H5.3.31)
27期の木村烈裁判官(H1.4.1 ~ H4.3.31)
20期の田中正人裁判官(S61.4.1 ~ H3.3.31)
20期の中西武夫裁判官(S62.4.1 ~ H3.3.31)
28期の安井久治裁判官(S63.4.1 ~ H3.4.4)
19期の河邉義正裁判官(S61.4.1 ~ H2.4.5)
11期の小林充裁判官(S47.4.10 ~ S51.4.9,S62.4.1 ~ H2.4.3)
21期の北島佐一郎裁判官(S61.4.1 ~ H2.3.31)
26期の中山隆夫裁判官(S61.4.1 ~ H1.11.9)
24期の大野市太郎裁判官(S60.4.1 ~ H1.4.5)
15期の渡邊忠嗣裁判官(S61.4.1 ~ H1.3.31)
6期の藤島利行裁判官(S48.4.5 ~ S52.4.8,S61.8.21 ~ S63.4.24)
16期の松本昭徳裁判官(S59.4.1 ~ S63.4.6)
20期の中川武隆裁判官(S59.4.1 ~ S63.4.6)
9期の近藤和義裁判官(S53.4.1 ~ S57.4.13)
17期の福島裕裁判官(S58.4.1 ~ S62.4.5)
12期の花尻尚裁判官(S57.4.1 ~ S61.4.6)
13期の米澤敏雄裁判官(S57.4.1 ~ S61.4.6)
14期の小島裕史裁判官(S58.4.1 ~ S61.4.6)
21期の山田利夫裁判官(S57.4.1 ~ S61.4.6)
22期の白木勇裁判官(S59.4.1 ~ S61.4.6)
13期の新矢悦二裁判官(S56.4.14 ~ S60.4.7)
12期の本吉邦夫裁判官(S55.4.1 ~ S59.4.8)
16期の反町宏裁判官(S55.4.1 ~ S59.4.8)
16期の日比幹夫裁判官(S55.4.1 ~ S59.4.8)
12期の金谷利廣裁判官(S53.4.1 ~ S59.3.31)
21期の竹崎博允裁判官(S56.4.1 ~ S57.4.13)

13期の田崎文夫裁判官(S52.4.1 ~ S56.4.9)
16期の島田仁郎裁判官(S52.4.1 ~ S56.4.9)
9期の新谷一信裁判官(S51.4.1 ~ S55.4.7)
11期の神田忠治裁判官(S51.4.1 ~ S55.4.7)
15期の宮嶋英世裁判官(S50.7.15 ~ S55.4.7)
12期の松本時夫裁判官(S50.4.1 ~ S54.4.9)
13期の逢坂芳雄裁判官(S51.4.1 ~ S54.4.9)
3期の山本茂裁判官(S50.4.1 ~ S53.4.9)
11期の神垣英郎裁判官(S49.4.12 ~ S53.4.7)
15期の神作良二裁判官(S52.4.1 ~ S53.4.7)
8期の竪山眞一裁判官(S48.4.5 ~ S52.4.8)
14期の中山善房裁判官(S48.4.5 ~ S52.4.8)
7期の小野幹雄裁判官(S47.4.10 ~ S51.4.9)
8期の西村清治裁判官(S48.4.5 ~ S51.4.9)
2期の新関雅夫裁判官(S47.4.10 ~ S50.7.14)
5期の石丸俊彦裁判官(S47.4.1 ~ S50.4.10)
12期の早川義郎裁判官(S46.10.1 ~ S50.4.10)
3期の西川潔裁判官(S46.4.25 ~ S49.4.11)
3期の村上幸太郎裁判官(S44.4.1 ~ S48.4.11)
3期の藤野博雄裁判官(S45.4.1 ~ S48.4.9)
5期の金隆史裁判官(S44.4.7 ~ S48.4.9)
9期の猪瀬慎一郎裁判官(S46.7.16 ~ S48.4.9)
2期の萩原壽雄裁判官(S43.4.1 ~ S47.4.14)
7期の岡田光了裁判官(S43.4.10 ~ S47.4.14)
8期の小瀬保郎裁判官(S43.8.31 ~ S47.4.3)
2期の大澤博裁判官(S45.4.10 ~ S46.9.30)
3期の山本卓裁判官(S41.4.9 ~ S46.7.15)
3期の柳瀬隆次裁判官(S41.4.9 ~ S46.6.30)
高輪1期の岡村治信裁判官(S41.4.9 ~ S45.4.9)
2期の石松竹雄裁判官(S40.4.1 ~ S44.3.30)
1期の小野慶二裁判官(S39.11.28 ~ S44.4.9)
2期の粕谷俊治裁判官(S39.4.10 ~ S43.9.4)
3期の内藤丈夫裁判官(S39.3.31 ~ S43.4.7)
5期の萩原太郎裁判官(S39.4.3 ~ S43.4.7)
2期の柏井康夫裁判官(S36.4.1 ~ S41.4.8)


3 判決の宣告と訓戒
(1) 刑事訴訟規則221条は「裁判長は、判決の宣告をした後、被告人に対し、その将来について適当な訓戒をすることができる。」と定めています。
(2)ア 最高裁昭和47年4月5日決定は以下の判示をしています(改行を追加しています。)。
    判決の宣告は、すでに内部的に成立している判決を告知して、これを外部的にも成立させる手続であり、裁判官がかわつても、公判手続を更新することなしに判決の宣告をなしうることとされている(刑訴法三一五条参照)のも、これがためである。
また、裁判長の被告人に対する訓戒(刑訴規則二二一条)は、判決宣告に付随する処置の一つにすぎず、その性質上、審理および判決に関与した裁判官でなければこれをなしえないというものではない。

イ 判決主文朗読の際に告げられた刑と訓戒中に述べられた刑とが異なる場合を取り扱った大阪高裁平成元年2月28日判決(判例秘書に掲載)には,「原審裁判官は、別事件の審理終了後に法廷において、原判決の言渡しに立ち会った裁判所書記官、検察官の他、実務修習のため傍聴していた司法修習生三名に対し、被告人に対する判決宣告中に「懲役一年」と言ったかどうか質問したところ、司法修習生のうち一名を除く他の者は、「懲役一年」と言った記憶はないと答えたが、修習生一名が「最後の訓戒の際、『懲役一年』と言われたことをはっきり覚えている。」と答えた」と書いてあります。



4 関連記事その他
(1) 男性の乳腺外科医について,懲役2年の実刑とする逆転有罪判決となった東京高裁令和2年7月13日判決(判例秘書に載っています。)の担当裁判官は,33期の朝山芳史裁判官,42期の伊藤敏孝裁判官及び55期の高森宣裕裁判官(令和3年3月18日,司法研修所刑事裁判教官に任命されました。)でした。
(2) 最高裁昭和28年4月21日決定には,「第一審の判決書によると、これに修習生A作成と記載してあることは所論のとおりであるが、同裁判書に関与裁判官全員が署名押印していること等に徴し、同裁判書の作成者は裁判官であつて、修習生は単にこれを起案したに過ぎないことは明白である。」と書いてあります。
(3) 以下の記事も参照してください。
・ 司法研修所民事裁判教官の名簿
・ 司法修習の場所とクラスの対応関係(67期以降)
 司法研修所教官
・ 司法研修所の教官組別表,教官担当表及び教官名簿
 司法研修所弁護教官の任期,給料等
・ 司法研修所弁護教官の業務は弁護士業務でないものの,破産管財人として行う業務は弁護士業務であること
 司法研修所の職員配置図,各施設の配置及び平成24年8月当時の門限
 司法研修所教官会議の議題及び議事録

Pocket

スポンサーリンク