谷有恒裁判官(44期)の経歴

Pocket

生年月日 S31.11.16
出身大学 不明
退官時の年齢 65歳
R3.11.16 定年退官
H30.4.1 ~ R3.11.15 大阪地裁21民部総括(知財部)
H27.4.1 ~ H30.3.31 札幌地裁2民部総括(医事部)
H21.4.1 ~ H27.3.31 大阪地裁16民判事
H18.4.1 ~ H21.3.31 司研民裁教官
H17.4.1 ~ H18.3.31 千葉地家裁判事
H14.4.7 ~ H17.3.31 高松地家裁判事
H12.4.1 ~ H14.4.6 東京地裁判事補
H9.4.1 ~ H12.3.31 法務省訟務局付
H9.3.28 ~ H9.3.31 東京地裁判事補
H6.4.1 ~ H9.3.27 旭川地家裁判事補
H4.4.7 ~ H6.3.31 大阪地裁判事補

*0 令和4年3月,大阪弁護士会で弁護士登録をして,北浜法律事務所に入所しました(同事務所HPの「谷 有恒 Yuko Tani オブカウンセル / 弁護士」参照)ところ,リンク先の記載によれば,「裁判官として関与した判決のうち150件ほどが判例検索システムに登載されています。」とのことです。
*1 がん免疫治療薬「オプジーボ」の特許をめぐり、平成30年にノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょ・たすく)・京都大特別教授が,製造販売元の小野薬品工業(大阪市)に約262億円の支払を求めたオプジーボ訴訟の担当裁判官であり,同訴訟については令和3年11月12日に訴訟上の和解が成立しました。


*2 以下の記事も参照してください。
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 地方裁判所の専門部及び集中部
 司法研修所民事裁判教官の名簿
・ 判事補の外部経験の概要
 行政機関等への出向裁判官

Pocket

スポンサーリンク