景山太郎裁判官(45期)の経歴

Pocket

生年月日 S32.10.12
出身大学 東大
定年退官発令予定日 R4.10.12
H31.4.1 ~ 横浜地裁3刑部総括
H30.1.24 ~ H31.3.31 横浜地裁5刑部総括
H29.4.1 ~ H30.1.23 東京高裁6刑判事
H26.4.1 ~ H29.3.31 名古屋地裁4刑部総括
H23.4.1 ~ H26.3.31 横浜地裁6刑判事
H19.6.1 ~ H23.3.31 司研刑裁教官
H19.4.1 ~ H19.5.31 東京地裁判事
H16.8.1 ~ H19.3.31 京都地家裁判事
H16.4.1 ~ H16.7.31 東京高裁判事
H15.4.9 ~ H16.3.31 東京地裁判事
H14.7.15 ~ H15.4.8 東京地裁判事補
H10.4.1 ~ H14.7.14 法務省人権擁護局付
H10.3.27 ~ H10.3.31 東京地裁判事補
H7.4.1 ~ H10.3.26 大阪地家裁堺支部判事補
H5.4.9 ~ H7.3.31 東京地裁判事補

*0 Wikipediaの「景山太郎」に「法廷でのパソコン電源利用の制止に関する問題」について記載されています。


*1の1 刑事裁判を考える:高野隆@ブログ「「裁判所の電気」使用禁止処分(2):抗告棄却決定」(2021年10月7日付)に,45期の景山太郎裁判長の意見書,及び東京高裁の抗告棄却決定書(裁判長は40期の伊藤雅人裁判官)が載っていて,「「裁判所の電気」使用禁止処分(3):特別抗告申立て」(2021年10月11日付)に特別抗告申立書が載っています。
*1の2 ヤフーニュースに「法廷でパソコンに電源を使うな…横浜地裁裁判長の“屁理屈”に弁護士たちが抗議して“大喜利状態”」(2021年10月9日付)が載っています。


*2 判決主文朗読の際に告げられた刑と訓戒中に述べられた刑とが異なる場合を取り扱った大阪高裁平成元年2月28日判決(判例秘書に掲載)には,「原審裁判官は、別事件の審理終了後に法廷において、原判決の言渡しに立ち会った裁判所書記官、検察官の他、実務修習のため傍聴していた司法修習生三名に対し、被告人に対する判決宣告中に「懲役一年」と言ったかどうか質問したところ、司法修習生のうち一名を除く他の者は、「懲役一年」と言った記憶はないと答えたが、修習生一名が「最後の訓戒の際、『懲役一年』と言われたことをはっきり覚えている。」と答えた」と書いてあります。


*3 以下の記事も参照してください。
 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
 司法研修所刑事裁判教官の名簿
 判事補の外部経験の概要
・ 判検交流に関する内閣等の答弁
 行政機関等への出向裁判官
・ 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部

Pocket

スポンサーリンク