内閣法制局長官任命の閣議書

Pocket

目次
1 内閣法制局長官任命の閣議書
2 関連記事その他

1 内閣法制局長官任命の閣議書
    平成元年以降の内閣法制局長官任命の閣議書を以下のとおり掲載しています(2回目以降の任命分は除いています。)。

・ 近藤正春内閣法制局長官任命の閣議書(令和元年9月11日付)

・ 横畠裕介内閣法制局長官任命の閣議書(平成26年5月16日付)

・ 小松一郎内閣法制局長官任命の閣議書(平成25年8月8日付)

・ 山本庸幸内閣法制局長官任命の閣議書(平成23年12月22日付)

・ 梶田信一郎内閣法制局長官任命の閣議書(平成22年1月15日付)

・ 宮崎礼壹内閣法制局長官任命の閣議書(平成18年9月26日付)

・ 阪田雅裕内閣法制局長官任命の閣議書(平成16年8月31日付)

・ 秋山収内閣法制局長官,並びに佐藤英彦,村田成二及び青山俊樹安全保障会議幹事任命の閣議書(平成14年8月7日付)

・ 津野修内閣法制局長官,及び川島裕安全保障会議幹事任命の閣議書(平成11年8月24日付)

・ 渡辺嘉蔵及び古川貞二郎内閣官房副長官,並びに大森政輔内閣法制局長官任命の閣議書(平成8年1月11日付)

・ 大出峻郎内閣法制局長官任命の閣議書(平成4年12月12日付)

・ 志賀節及び石原信雄内閣官房副長官,並びに工藤敦夫内閣法制局長官任命の閣議書(平成元年8月10日付)

2 関連記事その他
(1) 「参議院議員小西洋之君提出小松一郎内閣法制局長官の資質に関する質問に対する答弁書」(平成25年12月17日付)には以下の記載があります。
    内閣法制局長官の任命は、内閣法制局長官に求められる能力や適性等を公正かつ厳格に判断し、適材適所の観点から行っているものである。
    内閣法制局長官は、内閣法制局の事務を統括するものとされているところ、その具体的な方法については、案件の内容等によって異なることから、一概に申し上げることは困難であるが、重要な案件については、内閣法制局長官の決裁を経て決定している。
(2) 内閣法制局長官は,内閣官房副長官3人(政務担当2人及び事務担当1人)と一緒に,閣議に陪席します。
(3) 平成18年9月26日に内閣法制局長官に就任した宮崎礼壱は,昭和51年当時,東京地検特捜部検事としてロッキード事件全日空ルートの捜査を担当しました(「ロッキード秘録 吉永祐介と47人の特捜検事たち」末尾の「ロッキード検事 役職・担当一覧」参照)。
(4) 以下の記事も参照してください。
 閣議
 最高裁判所長官任命の閣議書
 最高裁判所判事任命の閣議書
 高等裁判所長官任命の閣議書
 検事総長,次長検事及び検事長任命の閣議書
・ 各府省幹部職員の任免に関する閣議承認の閣議書
・ 内閣法制局に関するメモ書き
・ 内閣法制局参事官経験のある裁判官

Pocket

スポンサーリンク