林欣寛裁判官(57期)の経歴

Pocket

生年月日 S53.9.6
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R25.9.6
R4.4.8 ~ 札幌高裁事務局長
R2.4.1 ~ R4.4.7 司研刑裁教官
H31.4.1 ~ R2.3.31 東京高裁8刑判事
H29.4.1 ~ H31.3.31 東京高裁5刑判事
H26.10.16 ~ H29.3.31 山形地家裁判事
H26.4.1 ~ H26.10.15 山形地家裁判事補
H25.4.1 ~ H26.3.31 東京地裁判事補
H23.4.1 ~ H25.3.31 最高裁刑事局付
H22.4.1 ~ H23.3.31 那覇家地裁沖縄支部判事補
H21.4.1 ~ H22.3.31 那覇地家裁沖縄支部判事補
H16.10.16 ~ H21.3.31 東京地裁判事補

*1 以下の記事も参照してください。
・ 高等裁判所事務局長事務打合せ
 司法行政を担う裁判官会議,最高裁判所事務総長及び下級裁判所事務局長
・ 下級裁判所事務局の係の事務分掌
 司法研修所刑事裁判教官の名簿
 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部
*2の1 静岡地裁平成26年3月27日決定(裁判長は35期の村山浩昭,陪席裁判官は51期の大村陽一及び新62期の満田智彦)が出した袴田事件第二次再審請求審の主文は「本件について再審を開始する。有罪の言渡を受けた者に対する死刑及び拘置の執行を停止する。」でありました。
    そして,当該決定は東京高裁平成30年6月11日決定(裁判長は32期の大島隆明,陪席裁判官は39期の菊池則明及び57期の林欣寛)によって取り消されたものの,最高裁令和2年12月22日決定で破棄差戻しとなりました。
*2の2 名張毒ぶどう酒事件(毒物の混入したぶどう酒を飲んだことにより17人が中毒症状を起こし,5人が死亡した,昭和36年3月28日発生の大量殺人事件。津地裁では無罪判決であり,名古屋高裁では死刑判決でした。)の場合,名古屋高裁が平成17年4月5日に再審開始決定を出し(裁判長は19期の小出錞一),異議審としての名古屋高裁が平成18年12月26日に原決定取消再審請求棄却決定を出し(裁判長は22期の門野博),最高裁平成22年4月5日決定が原決定を取り消して事件を名古屋高裁に差し戻し,差戻審としての名古屋高裁は平成24年5月25日に再審請求を棄却し(裁判長は26期の下山保男),最高裁平成25年10月16日決定は特別抗告を棄却しました。

Pocket

スポンサーリンク