板津正道裁判官(50期)の経歴


生年月日 S46.10.17
出身大学 京大院
定年退官発令予定日 R18.10.17
R6.3.26 ~ 東京地裁刑事部部総括
R4.4.1 ~ R6.3.25 最高裁秘書課長
H31.4.1 ~ R4.3.31名古屋地裁5刑部総括
H29.7.28 ~ H31.3.31 東京高裁8刑判事
H27.4.1 ~ H29.7.27 最高裁人事局任用課長
H25.4.11 ~ H27.3.31 最高裁人事局参事官
H23.4.1 ~ H25.4.10 横浜地裁1刑判事
H20.4.12 ~ H23.3.31 名古屋地裁判事
H20.4.1 ~ H20.4.11 名古屋地裁判事補
H18.4.1 ~ H20.3.31 最高裁広報課付
H17.4.1 ~ H18.3.31 東京地裁判事補
H14.8.7 ~ H17.3.31 最高裁刑事局付
H10.4.12 ~ H14.8.6 大阪地裁判事補

*1 以下の記事も参照してください。
・ 歴代の最高裁判所秘書課長
 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
 最高裁判所裁判官及び事務総局の各局課長は襲撃の対象となるおそれが高いこと等
 最高裁判所事務総局の各係の事務分掌(平成31年4月1日現在)
・ 最高裁判所事務総局の組織に関する法令・通達
 最高裁総務局・人事局・情報政策課との座談会
・ 最高裁判所事務総局人事局の任用課長及び参事官
*2 金岡法律事務所ブログの「令状裁判官の憲法感覚を台無しにする判決」(2021年6月7日付)は,板津正道裁判官の判決に対する金岡弁護士のコメントです。
*3 名古屋地裁令和4年3月16日判決(裁判長は)は,愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る署名偽造事件で運動事務局長とともに地方自治法違反(署名偽造)の罪に問われた次男に対し,懲役1年6月・執行猶予3年(求刑は懲役1年6月)を言渡しました(zakzakの「事務局長次男に懲役1年6月の有罪判決 愛知リコール署名偽造 名古屋地裁」参照)。


広告
スポンサーリンク