池本壽美子裁判官(31期)の経歴

Pocket

生年月日 S24.12.6
出身大学 京大
退官時の年齢 65 歳
H26.12.6 定年退官
H24.10.22 ~ H26.12.5 さいたま地家裁熊谷支部長
H22.4.1 ~ H24.10.21 東京地裁立川支部3刑部総括
H18.4.1 ~ H22.3.31 宇都宮地裁刑事部部総括
H15.4.1 ~ H18.3.31 東京高裁判事
H11.4.1 ~ H15.3.31 横浜地家裁相模原支部判事
H7.4.1 ~ H11.3.31 広島地家裁判事
H4.4.1 ~ H7.3.31 東京法務局訟務部付
H4.3.23 ~ H4.3.31 東京地裁判事
H1.4.9 ~ H4.3.22 横浜家地裁小田原支部判事
S63.4.1 ~ H1.4.8 横浜家地裁小田原支部判事補
S60.4.1 ~ S63.3.31 千葉地裁判事補
S57.4.1 ~ S60.3.31 横浜地家裁川崎支部判事補
S54.4.9 ~ S57.3.31 東京地家裁八王子支部判事補

*0 日本女性法律家協会の平成17年度副会長をしていました(同協会HPの「歴代会長・副会長」参照)。
*1の1 足利事件(平成2年5月,栃木県足利市で発生した殺人・死体遺棄事件)に関する宇都宮地裁平成20年2月13日決定の裁判長として,菅家利和(すがやとしかず)の再審請求を棄却しました。
*1の2 足利事件に関しては,東京高裁平成21年6月23日決定(裁判長は26期の矢村宏裁判官)が再審開始を決定し,宇都宮地裁平成22年3月6日判決(裁判長は45期の佐藤正信裁判官)が無罪判決を言い渡し,同日,宇都宮地検が上訴権を放棄したため,無罪判決が即日確定しました。
*2 令和3年8月現在,大澤孝征法律事務所(東京都渋谷区)に所属しています(サムラインHP「池本壽美子 いけもとすみこ」参照)。
*3 令和3年9月21日,31期の池本壽美子弁護士は難民審査参与員に任命されましたところ,出入国在留管理庁HPの「難民審査参与員制度について」には以下の記載があります。
 我が国の難民認定制度は昭和56年に創設されましたが,その後の国際情勢の変化等に伴い,難民認定を取り巻く状況が大幅に変化していることなどを踏まえ,より公正・中立な手続で難民の適切な庇護を図るため,平成17年に難民審査参与員制度が創設されました。平成28年には新しい行政不服審査法の施行に伴い,難民審査参与員(以下「参与員」という。)を同法の審理員とみなす,難民認定申請に対する不作為についての審査請求の手続にも同制度を適用するなどの改正が行われました。
*4 以下の記事も参照してください。
 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
 判事補の外部経験の概要
 行政機関等への出向裁判官
・ 判検交流に関する内閣等の答弁
 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部


Pocket

スポンサーリンク