日弁連事務局

Pocket

目次
1 総論
2 日弁連事務局職員の任免等
3 日弁連事務局職員の職務
4 日弁連事務局の組織
5 関連記事

1 総論
(1) 日弁連事務局の根拠法規は以下のとおりです。
① 日弁連会則82条の3
② 事務局職制(昭和24年10月16日会規第1号)
③ 事務局職制に関する規則(平成4年12月18日規則第53号)
(2) 日弁連HPの「日弁連の機構・財政」に公式の説明が載っています。
(3) 日弁連事務局出身の事務次長については,「日弁連の事務総長及び事務次長」を参照してください。
(4) 令和2年7月現在の日弁連事務局の連絡先は以下のとおりです(日弁連HPの「アクセス」参照)。
〒100-0013
東京都千代田区霞が関1丁目1番3号 弁護士会館15階
TEL 03-3580-9841(代表)
FAX 03-3580-2866

2 日弁連事務局職員の任免等
(1) 日弁連事務局職員の任免は会長が行います(事務局職制4条)。
(2) 日弁連事務局の部長,課長,課長補佐及び主任への任命は,会長の同意を得て事務総長が行います(事務局職制に関する規則3条1項,4条1項,5条1項及び6条1項)。
(3) 日弁連事務総長は,相当の理由があるときは,会長の同意を得て,部長,課長,課長補佐又は主任の職を解くことができます(事務局職制に関する規則8条)。

3 日弁連事務局職員の職務
(1) 日弁連事務局の部長は,上司の命を受けて,以下の職務を行います(事務局職制に関する規則3条2項)。
① 日弁連の会務に関する企画及び立案
② 日弁連の会務に関する対外的折衝
③ 日弁連内の各機関等との連絡及び調整
④ 部内の各課の連絡及び調整
⑤ 部に所属する課長及び課員の指導監督
⑥ 他の部との連絡及び調整
(2) 日弁連事務局の課長は,上司の命を受けて,以下の職務を行います(事務局職制に関する規則4条2項)。
① 日弁連の会務に関する企画及び立案
② 各課との連絡及び調整
③ 課務の掌理
④ 課員の指導及び監督
(3) 日弁連事務局の課長補佐は,課長を補佐し,又は課長の命を受け,若しくは課長に事故があるときは,その職務を代理します(事務局職制に関する規則5条2項)。
(4) 日弁連事務局の主任は,上司の命を受けて,以下の職務を行います(事務局職制に関する規則6条2項)。
① 課員に対する業務指導及び援助
② 所管業務及び関連業務に関する課長への助言及び協力
(5) 日弁連事務局の課員は,上司の命を受けて,担当事務を行います(事務局職制に関する規則7条)。
(6) 日弁連事務局の部長,課長,課長補佐及び主任の任免基準,資格及び任免手続,並びに各課の所管事項は,事務総長が定めます(事務局職制に関する規則9条及び11条)。

4 日弁連事務局の組織
(1) 日弁連事務局には,総務部,審査部,法制部,人権部,業務部及び企画部があり,令和元年4月現在の課は以下のとおりです。
総務部:総務課,情報システム・施設管理課,経理課及び人事課
審査部:審査第一課,審査第二課及び審査第三課
法制部:法制第一課及び法制第二課
人権部:人権第一課及び人権第二課
業務部:業務第一課,業務第二課及び業務第三課
企画部:企画課,広報課及び国際課
(2) 事務局職制に関する規則10条1項ないし7項で,部及び課が定められています。
(3)ア 弁護士白書2018年版158頁「日弁連の機構」によれば,平成30年10月1日現在,事務局職員は171人です。
イ 昭和24年9月1日の日弁連設立当時,日弁連事務局は,日弁連事務次長1人以下11名だけでした。

5 関連記事
・ 日弁連の組織
・ 弁護士会館
・ 日弁連の事務総長及び事務次長
・ 日弁連の歴代会長及び事務総長
・ 日弁連役員に関する記事の一覧

スポンサーリンク