通常は信用性を有する私文書と陳述書との違い

Pocket

1 通常は信用性を有する私文書としては,以下のものがあります。
① 紛争が顕在化する前に作成された文書
→ 例えば,取引中にやり取りされた見積書があります。
② 紛争当事者と利害関係のない者が作成した文書
→ 例えば,第三者間のメールがあります。
③ 事実があった時点に近い時期に作成された文書
→ 例えば,紛争当時のメール,作業日報があります。
④ 記載内容が習慣化されている文書
→ 例えば,商業帳簿,カルテがあります。
⑤ 自己に不利益な内容を記載した文書
→ 例えば,領収書があります(最高裁昭和45年11月26日判決参照)。

2 陳述書は,①紛争が顕在化した後に作成される文書ですし,②紛争当事者又はこれと利害関係のある人が作成することが通常ですし,③事実があった時点からかなり後に作成される文書ですし,④記載内容が習慣化されているわけではないです。
   そのため,陳述書は,通常は信用性を有する私文書と大きく異なりますから,自己に不利益な内容が記載されている部分を除き,陳述書それ自体の証明力は大きくありません。

3 「陳述書の機能,及び裁判官の心証形成」も参照してください。

スポンサーリンク