日弁連会長選挙の公聴会

Pocket

1 日弁連会長選挙の公聴会
(1) 日弁連会長選挙の公聴会は7箇所で実施されている他(会長選挙規程51条1項及び3項),3箇所の副会場でテレビ会議システムを利用して実施されています。
(2) 公聴会の実際の運営は司会者が行いますところ,司会者は,日弁連選挙管理委員会があらかじめ日弁連選挙管理委員会委員の中から指名します。
(3) 特定候補者に対する嫌がらせ又は特定候補者支援を目的とした偏った質問は厳に慎み,司会者も,事前に質問事項に目を通しておくなどして,質問に公平を期すよう十分配慮することが求められています。
(4) 1回の公聴会の実施時間は,出席する候補者の数によるものの,3時間程度が予定されています。
(5)ア 公聴会の進行の順序は以下のとおりです(会長選挙規程51条2項及び会長選挙施行細則34条3項)。
① 補者の抱負及び所見の発表並びに補佐人1名の推薦演説
② あらかじめ届け出られた質問事項に基づく質問とこれに対する答弁
③ 再質問及び関連質問とこれに対する答弁
④ 司会者が特に認めた②及び③以外の質問とこれに対する答弁
⑤ 候補者の最終演説
イ 副会場は,テレビ会議システムにより,公聴会会場とつながれています。
ウ 補佐人の推薦演説及び候補者の抱負・所見の発表の時間は,1人の候補者につき,その補佐人の推薦演説時間と合わせて35分以内とされています。
ただし,候補者が3名以上の場合,これよりも短縮されます。
(6)ア 公聴会において質問を希望する会員は,当該公聴会期日の2日前の午後5時までに,答弁を求める候補者の氏名,質問事項の要旨,自己の氏名及び所属弁護士会を,公聴会開催地の弁護士会気付でその選挙管理責任者に書面で届け出る必要があります(会長選挙施行細則37条1項)。
イ 候補者は,この質問事項を閲覧・謄写することができます(会長選挙施行細則37条3項)。
(7)ア 少なくとも近畿地区の公聴会では,選挙公報(会長選挙規程52条及び会長選挙施行細則39条)が参加者に配布されています。
イ 公聴会会場においては,公聴会として定められた行為のほか,いかなる選挙運動も行うことが禁じられています(会長選挙施行細則38条)。
(8) 日弁連選挙管理委員会では,最初に開催される地区の公聴会の模様を撮影し,その映像を日弁連HPの会員専用サイトに当選者決定まで掲載しています。

2 過去の公聴会の日程 
◯令和2年1月8日(水)に公示された令和2年度同3年度日弁連会長選挙の公聴会の日程
① 1月20日(月)午後1時~
・ 東北区域の公聴会(仙台弁護士会館4階大会議室)
② 1月22日(水)午後1時~
・ 中部区域の公聴会(愛知県弁護士会館5階ホール)
③ 1月23日(木)午後1時~
・ 近畿区域の公聴会(大阪弁護士会館2階201~204会議室)
④ 1月25日(土)午後1時~
・ 北海道区域の公聴会(札幌弁護士会館5階大会議室ABC)
⑤ 1月27日(月)午後1時~
・ 四国区域の公聴会(香川県弁護士会館5階大会議室)
→ 中国地方区域の副会場は広島弁護士会館2階大会議室Aでした。
⑥ 1月28日(火)午後1時~
・ 九州区域の公聴会(福岡県弁護士会館2階大ホール)
→ 副会場は沖縄弁護士会館4階大会議室でした。
⑦ 2月1日(土)午後1時~
・ 関東区域の公聴会(弁護士会館2階講堂)
→ 副会場は神奈川県弁護士会館5階大会議室でした。
◯平成30年1月10日(水)に公示された平成30年度同31年度日弁連会長選挙の公聴会の日程
① 1月22日(月)午後1時~
・ 東北区域の公聴会(仙台弁護士会館4階大会議室)
② 1月25日(水)午後1時~
・ 中部区域の公聴会(KKRホテル名古屋4階「福寿の間」)
③ 1月26日(金)午後1時~
・ 近畿区域の公聴会(大阪弁護士会館2階202~204会議室)
④ 1月27日(土)午後1時~
・ 北海道区域の公聴会(札幌弁護士会館5階大会議室ABC)
⑤ 1月29日(月)午後1時~
・ 中国地方区域の公聴会(広島弁護士会館2階大会議室A)
→ 四国区域の副会場は徳島弁護士会館3階中会議室でした。
⑥ 1月31日(水)午後1時~
・ 九州区域の公聴会(福岡県弁護士会館3階ホール)
→ 副会場は沖縄弁護士会館4階大会議室でした。
⑦ 2月3日(土)午後1時~
・ 関東区域の公聴会(弁護士会館2階講堂)
→ 副会場は神奈川県弁護士会館5階大会議室でした。

3 その他の事項については,「日弁連役員に関する記事の一覧」を参照してください。

スポンサーリンク