弁護士会別期別の弁護士数の一覧表

Pocket

1(1) 弁護士会別期別の弁護士数の一覧表を以下のとおり掲載しています。
・ 令和 元年12月12日時点
・ 平成30年12月13日時点
・ 平成29年12月14日時点
・ 平成28年12月15日時点
・ 平成27年12月17日時点
・ 平成26年12月18日時点
・ 平成25年12月19日時点
・ 平成24年12月21日時点
・ 平成23年12月下旬時点
・ 平成22年12月下旬時点
・ 平成21年12月下旬時点
・ 平成20年12月下旬時点
・ 平成19年12月下旬時点
・ 平成18年10月下旬時点
(2)ア   新司法修習になってからは,新人弁護士の一斉登録時期は12月中旬となっていますところ,弁護士会の会費は月単位で発生するため,年明けに弁護士登録をした方が12月分の弁護士会費を節約することができます。
   そのため,年明けに弁護士登録をする司法修習生が相当数います。
イ 毎年1月に弁護士登録をした司法修習生の人数は以下のとおりです。
・ 71期の場合,平成31年1月31日時点で1268人が登録していますから,同月中に234人が弁護士登録をしたことになります。
・ 70期の場合,平成30年1月31日時点で1324人が登録していますから,同月中に249人が弁護士登録をしたことになります。
・ 69期の場合,平成29年1月31日時点で1472人が登録していますから,同月中に274人が弁護士登録をしたことになります。
・ 68期の場合,平成28年1月31日時点で1408人が登録していますから,同月中に277人が弁護士登録をしたことになります。
・ 67期の場合,平成27年1月31日時点で1532人が登録していますから,同月中に284人が弁護士登録をしたことになります。
・ 66期の場合,平成26年1月31日時点で1570人が登録していますから,同月中に284人が弁護士登録をしたことになります。
・ 65期の場合,平成25年1月31日時点で1649人が登録していますから,同月中に279人が弁護士登録をしたことになります。

スポンサーリンク

2 一斉登録の状況は以下のとおりです。
・ 72期一斉登録の状況(合計1032人)
東弁166人,一弁231人,二弁199人,神奈川県弁38人,埼玉弁19人,千葉県弁16人,茨城県弁5人,栃木県弁4人,群馬弁8人,静岡県弁7人,山梨県弁0人,長野県弁2人,新潟県弁1人
大阪弁117人,京都弁16人,兵庫県弁16人,奈良弁0人,滋賀弁1人,和歌山弁2人
愛知県弁63人,三重弁4人,岐阜県弁1人,福井弁0人,金沢弁1人,富山県弁0人
広島弁14人,山口県弁3人,岡山弁10人,鳥取県弁2人,島根弁0人
福岡県弁36人,佐賀県弁1人,長崎県弁0人,大分県弁3人,熊本県弁1人,鹿児島県弁3人,宮崎県弁1人,沖縄弁3人
仙台弁8人,福島県弁3人,山形県弁2人,岩手弁1人,秋田弁0人,青森県弁3人
札幌弁13人,函館弁0人,旭川弁2人,釧路弁0人
香川県弁4人,徳島弁1人,高知弁0人,愛媛弁1人

・ 71期一斉登録の状況(合計1032人)
東弁188人,一弁242人,二弁178人,神奈川県弁29人,埼玉弁18人,千葉県弁21人,茨城県弁7人,栃木県弁7人,群馬弁7人,静岡県弁6人,山梨県弁1人,長野県弁3人,新潟県弁4人
大阪弁115人,京都弁17人,兵庫県弁17人,奈良弁2人,滋賀弁1人,和歌山弁3人
愛知県弁47人,三重弁3人,岐阜県弁1人,福井弁2人,金沢弁1人,富山県弁2人
広島弁6人,山口県弁1人,岡山弁12人,鳥取県弁1人,島根弁2人
福岡県弁36人,佐賀県弁1人,長崎県弁0人,大分県弁0人,熊本県弁4人,鹿児島県弁4人,宮崎県弁0人,沖縄弁5人
仙台弁7人,福島県弁5人,山形県弁1人,岩手弁0人,秋田弁0人,青森県弁0人
札幌弁17人,函館弁1人,旭川弁0人,釧路弁0人
香川県弁3人,徳島弁0人,高知弁2人,愛媛弁1人

・ 70期一斉登録の状況(合計1075人)
東弁210人,一弁199人,二弁198人,神奈川県弁34人,埼玉弁27人,千葉県弁25人,茨城県弁7人,栃木県弁5人,群馬弁13人,静岡県弁11人,山梨県弁1人,長野県弁0人,新潟県弁3人
大阪弁114人,京都弁18人,兵庫県弁16人,奈良弁2人,滋賀弁4人,和歌山弁1人
愛知県弁60人,三重弁3人,岐阜県弁2人,福井弁1人,金沢弁6人,富山県弁2人
広島弁4人,山口県弁3人,岡山弁9人,鳥取県弁2人,島根弁0人
福岡県弁43人,佐賀県弁0人,長崎県弁2人,大分県弁2人,熊本県弁4人,鹿児島県弁1人,宮崎県弁4人,沖縄弁2人
仙台弁8人,福島県弁2人,山形県弁1人,岩手弁1人,秋田弁0人,青森県弁0人
札幌弁19人,函館弁0人,旭川弁0人,釧路弁1人
香川県弁3人,徳島弁0人,高知弁0人,愛媛弁2人

 69期一斉登録(合計1198人)
東弁252人,一弁180人,二弁174人,神奈川県弁41人,埼玉弁22人,千葉県弁18人,茨城県弁9人,栃木県弁10人,群馬弁13人,静岡県弁14人,山梨県弁1人,長野県弁4人,新潟県弁5人
大阪弁134人,京都弁21人,兵庫県弁27人,奈良弁7人,滋賀弁0人,和歌山弁0人
愛知県弁75人,三重弁9人,岐阜県弁2人,福井弁1人,金沢弁6人,富山県弁3人
広島弁15人,山口県弁7人,岡山弁13人,鳥取県弁0人,島根弁2人
福岡県弁36人,佐賀県弁1人,長崎県弁3人,大分県弁4人,熊本県弁5人,鹿児島県弁9人,宮崎県弁5人,沖縄弁8人
仙台弁5人,福島県弁9人,山形県弁6人,岩手弁1人,秋田弁2人,青森県弁4人
札幌弁25人,函館弁0人,旭川弁3人,釧路弁0人
香川県弁3人,徳島弁0人,高知弁0人,愛媛弁1人

3 以下のデータも参照してください。
① 本庁支部ごとの弁護士数の推移表(平成18年10月から平成30年4月まで)
② 市区郡ごとの弁護士数の推移表(平成18年10月から平成30年4月まで)
③ 日弁連及び弁連別の期別弁護士数の推移表(平成18年10月から平成30年12月まで)
④ 近弁連及び管内単位会別の期別弁護士数の推移表(平成18年10月から平成30年12月まで)

スポンサーリンク