高裁長官人事のスケジュール

Pocket

目次
第1 将来の高裁長官人事のスケジュール等
1 将来の高裁長官人事のスケジュール
2 司法行政の主要3ポスト及び法務省民事局長の現職者
3 密接な関連記事
第2 過去の高裁長官人事のスケジュール
第3 高裁長官・地家裁所長ポストのランキング
第4 裁判官枠以外の,現職の最高裁判事の定年退官発令予定日
第5 最高裁判所裁判官国民審査を受けなかった最高裁判事
第6 関連記事その他

第1 将来の高裁長官人事のスケジュール等
1   将来の高裁長官人事のスケジュール
◯令和3年 4月 9日現在,以下のとおりです(最高裁判所判事は赤文字表記にしています。)
・ 令和3年 5月 6日:33期の青柳勤 仙台高裁長官(刑事系)の定年退官に伴うもの
・ 令和3年 7月 3日:29期の小池裕 最高裁判所判事(民事系)の定年退官に伴うもの
・ 令和3年 8月 2日:34期の合田悦三 札幌高裁長官(刑事系)の定年退官に伴うもの
・ 令和3年 9月 2日:33期の高部眞規子 高松高裁長官(民事系)の定年退官に伴うもの
・ 令和3年10月 7日:36期の小野憲一 福岡高裁長官(民事系)の定年退官に伴うもの
・ 令和4年 4月19日:35期の安浪亮介 大阪高裁長官(民事系)の定年退官に伴うもの
・ 令和4年 4月25日:36期の白井幸夫 名古屋高裁長官(民事系)の定年退官に伴うもの
・ 令和4年 5月21日:37期の小川秀樹 広島高裁長官(民事系)の定年退官に伴うもの
・ 令和4年 6月23日:29期の大谷直人 最高裁判所長官(刑事系)の定年退官に伴うもの
・ 令和4年 7月 3日:32期の菅野博之 最高裁判所判事(民事系)の定年退官に伴うもの
・ 令和4年 8月20日:38期の古財英明 仙台高裁長官(民事系)の定年退官に伴うもの
・ 令和4年11月10日:35期の今崎幸彦 東京高裁長官(刑事系)の定年退官に伴うもの
・ 令和6年 8月11日:34期の戸倉三郎 最高裁判所判事(刑事系)の定年退官に伴うもの
・ 令和6年 9月 2日:34期の深山卓也 最高裁判所判事(民事系)の定年退官に伴うもの
・ 令和9年 8月31日:34期の林道晴 最高裁判所判事(民事系)の定年退官に伴うもの
2 司法行政の主要3ポスト及び法務省民事局長の現職者
① 40期の中村慎 最高裁判所事務総長(令和8年9月12日定年退官発令予定・民事系)
② 37期の尾島明 最高裁判所首席調査官(令和5年9月1日に定年退官発令予定・民事系)
→ 32期の菅野博之 最高裁判所判事(民事系)の定年退官に伴い,最高裁判所判事に任命されると思います。
③ 42期の笠井之彦 司法研修所長(令和5年5月21日に定年退官発令予定・民事系)
④ 41期の小出邦夫 法務省民事局長(令和12年2月27日に定年退官発令予定・民事系)
3 密接な関連記事
・ 幹部裁判官の定年予定日
・ 裁判官の退官情報
・ 最高裁判所裁判官及び高裁長官人事の一覧表
・ 最高裁判所が作成している,高裁長官・地家裁所長等名簿
・ 歴代の高裁長官
→ 東京大阪名古屋広島福岡仙台札幌及び高松

第2 過去の高裁長官人事のスケジュール
   高裁長官人事については,①最高裁判所裁判官会議の決議日,②閣議決定日(この時点で一連の玉突き人事が公表されます。),③発令予定日及び④発令日という4種類の日付がありますところ,過去の実例は以下のとおりです。

・ 38期の古財英明仙台高裁長官の場合
①決 議 日:(調査中)
②閣議決定日:令和 3年 4月 9日(金)
③発令予定日:(5月6日以降)
④発 令 日:

・ 36期の白井幸夫名古屋高裁長官の場合
①決 議 日:(調査中)
②閣議決定日:令和 3年 3月 5日(金)
③発令予定日:(4月8日以降)
④発 令 日:令和3年4月8日(木)

・ 37期の小川秀樹広島高裁長官の場合
①決 議 日:令和 2年 9月 9日(水)
②閣議決定日:令和 2年 9月11日(金)
③発令予定日:(10月19日以降)
④発 令 日:令和2年10月19日(月)

・ 33期の高部眞規子高松高裁長官の場合
①決 議 日:令和 2年 9月 9日(水)
②閣議決定日:令和 2年 9月11日(金)
③発令予定日:(10月19日以降)
④発 令 日:令和2年10月19日(月)

・ 34期の合田悦三札幌高裁長官の場合
①決 議 日:令和 2年 6月17日(水)
②閣議決定日:令和 2年 6月26日(金)
③発令予定日:(7月20日以降)
④発 令 日:令和 2年 7月28日(火)

・ 35期の永野厚郎名古屋高裁長官の場合
①決 議 日:令和 2年 4月 7日(火)
②閣議決定日:令和 2年 4月17日(金)
③発令予定日:(5月8日以降)
④発 令 日:令和 2年 5月  8日(金)
*1 5月14日(木)までの間,愛知県について新型コロナウィルス感染症による緊急事態宣言が発令されていた関係で,着任したのは5月18日(月)でした。
*2 認証官任命式が中断されていた時期の発令である(親任式及び認証官任命式参照)ため,認証官任命式は実施されませんでした。

・ 33期の青柳 勤仙台高裁長官の場合
①決 議 日:令和 2年 2月26日(水)
②閣議決定日:令和 2年 3月    3日(火)
③発令予定日:(3月27日以降)
④発 令 日:令和 2年 3月30日(月)

・ 36期の小野憲一福岡高裁長官の場合
①決 議 日:令和 元年12月25日(水)
②閣議決定日:令和 2年 1月10日(金)
③発令予定日:(2月5日以降)
④発 令 日:令和 2年 2月 5日(水)
* 発令予定日は未定でしたが,現実の発令日は前任者の定年退官の翌日でした。

・ 35期の今崎幸彦東京高裁長官の場合
①決 議 日:令和 元年 8月 2日(金)
②閣議決定日:令和 元年 8月 8日(木)
③発令予定日:令和 元年 9月 2日(月)
④発 令 日:③と同じ
*1 令和元年8月2日(金),34期の林道晴東京高裁長官を最高裁判所判事に任命する旨の閣議決定が出ていました。
*2 最高裁判所裁判官会議が金曜日に開催されたのは極めて異例ですし,このときの裁判官会議は午後3時00分から午後3時6分まで開催されたものでした。

・ 35期の安浪亮介大阪高裁長官の場合
①決 議 日:平成30年11月14日(水)
②閣議決定日:平成30年11月20日(火)
③発令予定日:平成30年12月18日(火)
④発 令 日:③と同じ。

・ 32期の綿引万里子名古屋高裁長官及び34期の植村稔札幌高裁長官の場合
①決 議 日:平成30年 7月25日(水)
②閣議決定日:平成30年 8月 3日(金)
③発令予定日:平成30年 9月 7日(金)
④発 令 日:③と同じ。
* 平成30年9月6日,北海道胆振東部地震が発生しました。

・ 34期の大門匡広島高裁長官及び33期の秋葉康弘高松高裁長官の場合
①決 議 日:平成30年 7月25日(水)
②閣議決定日:平成30年 8月 3日(金)
③発令予定日:平成30年 8月30日(木)
④発 令 日:③と同じ。

・ 34期の林道晴東京高裁長官及び31期の小泉博嗣大阪高裁長官の場合
①決 議 日:平成29年12月13日(水)
②閣議決定日:平成29年12月19日(火)
③発令予定日:平成30年 1月 9日(火)
④発 令 日:③と同じ。
* 平成29年12月8日,29期の大谷直人最高裁判所判事を最高裁判所長官に任命し,34期の深山卓也東京高裁長官を最高裁判所判事に任命する旨の閣議決定が出ていました。

・ 30期の菊池洋一広島高裁長官の場合
①決 議 日:平成29年 9月13日(水)
②閣議決定日:平成29年 9月26日(火)
③発令予定日:平成29年10月25日(水)
④発 令 日:③と同じ。

・ 30期の田村幸一高松高裁長官の場合
①決 議 日:平成29年 7月19日(水)
②閣議決定日:平成29年 7月28日(金)
③発令予定日:(未定)
④発 令 日:平成29年 9月 6日(水)

・ 34期の秋吉淳一郎仙台高裁長官の場合
①決 議 日:平成29年 3月 8日(水)
②閣議決定日:平成29年 3月14日(火)
③発令予定日:(未定)
④発 令 日:平成29年 4月10日(月)

・ 34期の深山卓也東京高裁長官の場合
①決 議 日:平成29年 2月15日(水)
②閣議決定日:平成29年 2月17日(金)
③発令予定日:平成29年 3月14日(火)
④発 令 日:③と同じ。
*1 平成29年2月10日(金),34期の戸倉三郎東京高裁長官を最高裁判所判事に任命する旨の閣議決定が出ていました。
*2 最高裁判所裁判官会議の決議日の2日後に閣議決定が出ました。

・ 33期の小林昭彦福岡高裁長官の場合
①決 議 日:平成28年12月21日(水)
②閣議決定日:平成29年 1月13日(金)
③発令予定日:平成29年 1月27日(金)
④発 令 日:平成29年 2月 6日(月)
* 認証官任命式が予定より遅れた関係で,発令日も遅れました。

・ 29期の井上弘通大阪高裁長官の場合
①決 議 日:平成28年 7月27日(水)
②閣議決定日:平成28年 8月 2日(火)
③発令予定日:平成28年 9月 5日(月)
④発 令 日:③と同じ。
* 平成28年7月26日(火),32期の菅野博之大阪高裁長官を最高裁判所判事に任命する旨の閣議決定が出ていました。

・ 31期の原優名古屋高裁長官の場合
①決 議 日:平成28年 6月29日(水)
②閣議決定日:平成28年 7月12日(火)
③発令予定日:平成28年 7月29日(金)
④発 令 日:③と同じ。

・ 33期の小久保孝雄高松高裁長官の場合
①決 議 日:平成28年 4月13日(水)
②閣議決定日:平成28年 4月19日(火)
③発令予定日:平成28年 5月10日(火)
④発 令 日:③と同じ。

・ 32期の綿引万里子札幌高裁長官の場合
①決 議 日:平成28年 3月16日(水)
②閣議決定日:平成28年 3月25日(金)
③発令予定日:(未定)
④発 令 日:平成28年 4月19日(火)

・ 34期の戸倉三郎東京高裁長官の場合
①決 議 日:平成28年 3月 2日(水)
②閣議決定日:平成28年 3月 8日(火)
③発令予定日:(未定)
④発 令 日:平成28年 4月 7日(木)

・ 29期の川合昌幸広島高裁長官及び32期の河合健司仙台高裁長官の場合
①決 議 日:平成27年12月24日(水)
②閣議決定日:平成28年 1月 8日(金)
③発令予定日:(未定)
④発 令 日:平成28年 2月22日(月)
* 認証官任命式が予定より遅れた関係で,発令日も遅れました。

・ 30期の山名学名古屋高裁長官の場合
①決 議 日:平成27年 6月 3日(水)
②閣議決定日:平成27年 6月12日(金)
③発令予定日:平成27年 6月29日
④発 令 日:③と同じ。

・ 29期の荒井勉福岡高裁長官の場合
①決 議 日:平成27年 5月13日(水)
②閣議決定日:平成27年 5月22日(金)
③発令予定日:平成27年 6月 8日(月)
④発 令 日:③と同じ。

・ 28期の倉吉敬東京高裁長官及び28期の市村陽典仙台高裁長官の場合
①決 議 日:平成27年 3月11日(水)
②閣議決定日:平成27年 3月17日(火)
③発令予定日:平成27年 4月 2日(木)
④発 令 日:③と同じ。
* 平成27年3月3日(火),29期の小池裕東京高裁長官を最高裁判所判事に任命する旨の閣議決定が出ていました。

・ 29期の福田剛久高松高裁長官の場合
①決 議 日:平成27年 2月25日(水)
②閣議決定日:平成27年 3月 3日(火)
③発令予定日:平成27年 3月18日(水)
④発 令 日:③と同じ。

・ 32期の菅野博之大阪高裁長官の場合
①決 議 日:平成27年 1月28日(水)
②閣議決定日:平成27年 2月 3日(火)
③発令予定日:平成27年 2月17日(火)
④発 令 日:③と同じ。
* 平成27年1月23日(金),29期の大谷直人大阪高裁長官を最高裁判所判事に任命する旨の閣議決定が出ていました。

・ 30期の金井康雄札幌高裁長官の場合
①決 議 日:平成26年10月22日(水)
②閣議決定日:平成26年10月28日(火)
③発令予定日:平成26年11月11日(火)
④発 令 日:③と同じ。

・ 28期の松本芳希広島高裁長官及び29期の安藤裕子高松高裁長官の場合
①決 議 日:平成26年 9月 3日(水)
②閣議決定日:平成26年 9月19日(金)
③発令予定日:平成26年10月 2日(木)
④発 令 日:③と同じ。

・ 29期の大谷直人大阪高裁長官の場合
①決 議 日:平成26年 6月25日(水)
②閣議決定日:平成26年 7月 4日(金)
③発令予定日:平成26年 7月18日(金)
④発 令 日:③と同じ。

・ 29期の小池裕東京高裁長官の場合
①決 議 日:平成26年 3月12日(水)
②閣議決定日:平成26年 3月18日(火)
③発令予定日:平成26年 4月 1日(火)
④発 令 日:③と同じ。
* 平成26年3月7日(金),26期の寺田逸郎最高裁判所判事を最高裁判所長官に任命し,27期の山崎敏充東京高裁長官を最高裁判所判事に任命する旨の閣議決定が出ていました。

 


第3 高裁長官・地家裁所長ポストのランキング
 日本針路研究所第3回研究会「現代日本の司法官僚制」2011年4月17日付)の4頁及び5頁によれば,「経歴的資源」からみた高裁長官・地家裁所長ポストのランキングは以下のとおりとされています。
高裁長官(8):東京>大阪>名古屋・福岡>広島>仙台・札幌>高松
東京高裁管内地裁所長(20):東京>横浜>さいたま>千葉>水戸・宇都宮・前橋>静岡>長野・新潟(甲府は判定保留)
東京高裁管内家裁所長(20):東京>横浜>さいたま>千葉>水戸・宇都宮・前橋・静岡>新潟(長野は地裁所長ポストとしてカウント)
大阪高裁管内地家裁所長(9):大阪地>大阪家>神戸地>京都地>京都家>神戸家>奈良・大津>和歌山
名古屋高裁管内地家裁所長(8):名古屋地>名古屋家>岐阜>津>金沢地>福井>富山>金沢家
広島高裁管内地家裁所長(8):広島地>岡山地>広島家>山口地>鳥取>松江>岡山家>山口家
福岡高裁管内地家裁所長(12):福岡地>福岡家>那覇地>長崎地>熊本地>那覇家>佐賀・大分・長崎家・鹿児島>熊本家>宮崎
仙台高裁管内地家裁所長(8):仙台地>仙台家>福島地>山形>盛岡>秋田・青森>福島家
札幌高裁管内地家裁所長(5):札幌地>札幌家>釧路>旭川>函館
高松高裁管内地家裁所長(6):高松地>高松家>徳島>高知>松山地>松山家

第4 裁判官枠以外の,現職の最高裁判事の定年退官発令予定日
◯令和3年2月9日現在,裁判官枠以外の,現職の最高裁判事は以下のとおりです(定年退官発令予定の順番であり,弁護士枠の最高裁判事については青文字表記としています。)。
・ 31期の宮崎裕子(令和 3年 7月 9日に定年退官発令予定・一弁の弁護士)
・ 29期の木澤克之(令和 3年 8月27日に定年退官発令予定・東弁の弁護士)
・ 29期の池上政幸(令和 3年 8月29日に定年退官発令予定・元大阪高検検事長)
・  期外の山口厚 (令和 5年11月 6日に定年退官発令予定・一弁の弁護士)
・  期外の長嶺安政(令和 6年 4月16日に定年退官発令予定・元駐英大使)
・ 32期の草野耕一(令和 7年 3月22日に定年退官発令予定・一弁の弁護士)
・ 期外の宇賀克也 (令和 7年 7月21日に定年退官発令予定・元東京大学大学院法学政治学研究科教授)
・ 34期の三浦守 (令和 8年10月23日に定年退官発令予定・元大阪高検検事長)
・ 35期の岡村和美(令和 9年12月23日に定年退官発令予定・元消費者庁長官)

第5 最高裁判所裁判官国民審査を受けなかった最高裁判事
1 最高裁判所裁判官国民審査を受けなかった最高裁判事は,庄野理一(昭和23年6月26日依願退官)及び穂積重遠(昭和26年7月29日死亡退官)だけです。
2 宮崎裕子最高裁判事の就任日は平成30年1月9日ですから,まだ最高裁判所裁判官国民審査を受けていないところ,令和3年7月9日までに衆議院議員総選挙が実施されなかった場合,最高裁判所裁判官国民審査を受けることなく定年退官することとなります。

第6 関連記事その他

1 高裁長官人事が最高裁判所裁判官の就任に伴う玉突き人事である場合,最高裁判所裁判官に任命する旨の閣議決定が出る前に高裁長官人事が決定されたことはありません。
2 31期の瀬木比呂志裁判官が著した絶望の裁判所54頁には以下の記載があります。
     私の知る限り、やはり、良識派は、ほとんどが地家裁所長、高裁裁判長止まりであり、高裁長官になる人はごくわずか、絶対に事務総長にはならない(最高裁判所事務総局のトップであるこのポストは、最高裁長官の言うことなら何でも聴く、その靴の裏でも舐めるといった骨の髄からの司法官僚、役人でなければ、到底務まらない)し、最高裁判事になる人は稀有、ということで間違いがないと思う。
3 高裁長官の就任日は認証官任命式が実施された日でありますところ,「きょうのへいか」ブログ「認証官任命式」を見れば,認証官任命式の日付が分かります。
4 私が作成したものですが,歴代の幹部裁判官の名簿は以下のとおりです。
・ 歴代の幹部裁判官の一覧表(平成14年度から平成28年度まで)
・ 歴代の幹部裁判官の一覧表(平成 4年度から平成13年度まで)
・ 歴代の幹部裁判官の一覧表(昭和56年度から平成 3年度まで)
5 最高裁判所裁判官,高裁長官及び大規模地家裁所長の後任候補者等の一覧表を以下のとおり掲載しています。
・ 令和 3年2月28日
・ 平成31年1月 1日
・ 平成30年1月29日
・ 平成29年8月10日
・ 平成28年8月 5日
6 以下の記事も参照してください。
・ 幹部裁判官の定年予定日
・ 最高裁判所裁判官会議の議事録
→ 8月上旬及び中旬に最高裁判所裁判官会議は開催されることはありません。
・ 最高裁判所第一小法廷(着任順)
・ 最高裁判所第二小法廷(着任順)
・ 最高裁判所第三小法廷(着任順)
・ 最高裁判所裁判官国民審査
・ 親任式及び認証官任命式
・ 最高裁判所裁判官の任命に関する各種説明
・ 最高裁判所長官任命の閣議書
・ 最高裁判所判事任命の閣議書
・ 高等裁判所長官任命の閣議書
・ 高等裁判所長官を退官した後の政府機関ポストの実例
・ 報道されずに幕引きされた高松高裁長官(昭和42年4月28日依願退官,昭和46年9月5日勲二等旭日重光章)の,暴力金融業者からの金品受領
・ 判検事トップの月収と,行政機関の主な特別職の月収との比較
→ 令和2年1月現在,東京高裁長官の月収は140万6000円であり,その他の高裁長官の月収は130万2000円です。
・ 裁判官の号別在職状況
 裁判官の年収及び退職手当(推定計算)
 任期終了直前の依願退官及び任期終了退官における退職手当の支給月数(推定)

Pocket

スポンサーリンク