二回試験不合格と,修習資金貸与金の期限の利益との関係

Pocket

目次
1 総論
2 二回試験不合格者の再採用
3 関連記事

1 総論
(1) 司法修習生を罷免された場合,原則として,修習資金の貸与金について期限の利益を失います(司法修習生の修習資金の貸与等に関する規則8条2項1号・6条2号)。
   ただし,二回試験に不合格となったことを理由として罷免された場合,当該罷免の時点で司法修習生への再採用を希望していれば,例外的に期限の利益を失いません(司法修習生の修習資金の貸与等に関する規則8条2項1号括弧書き・修習資金貸与要綱21条3項1号)。
(2) 二回試験に不合格となった司法修習生が3回目の二回試験までに合格できなかった場合,修習資金の貸与金について期限の利益を失います(修習資金貸与要綱21条3項2号)。

2 二回試験不合格者の再採用
(1) かつて司法修習生であった者が,考試を再度受験するために司法修習生に再採用されることを希望する場合,司法研修所を経由して最高裁判所に採用選考の申し込みを行う必要があります。
(2) 「司法修習生採用選考申込み(考試再受験希望者)について」を以下のとおり掲載しています。
・ 司法修習生採用選考申込み(考試再受験希望者)について(73期二回試験不合格者向け)
・ 司法修習生採用選考申込み(考試再受験希望者)について(72期二回試験不合格者向け)
・ 司法修習生採用選考申込み(考試再受験希望者)について(71期二回試験不合格者向け)
・ 司法修習生採用選考申込み(考試再受験希望者)について(70期二回試験不合格者向け)

3 関連記事
・ 二回試験直前の自由研究日
・ 二回試験落ちにつながる答案
・ 二回試験の不合格答案の概要
 二回試験の不合格発表
 二回試験不合格時の一般的な取扱い
・ 二回試験に3回落ちた人(三振した人)の数

Pocket

スポンサーリンク