四国弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長

Pocket

①後日,日弁連会長に就任した日弁連会長は青文字表記とし,②後日,最高裁判所判事に就任した日弁連副会長は青文字表記とし,③女性枠の日弁連副会長(平成30年度以降)は赤文字表記としています。

1 香川県弁護士会(昭和54年度までは高松弁護士会)
平成31年度:小早川龍司
平成27年度:吉田茂
平成23年度:宮崎浩二
平成19年度:渡辺光夫
平成15年度:松本修二
平成11年度:佐野孝次
平成 7年度:武田安紀彦
平成 3年度:中村詩朗
昭和61年度:近石勤
昭和58年度:河村正和
昭和54年度:佐長彰一
昭和50年度:中村一作
昭和46年度:阿河準一
昭和41年度:大西美中
昭和37年度:佐々木一珍
昭和33年度:大野忠雄
昭和29年度:河西善太郎
昭和28年度:深田小太郎
昭和27年度:深田小太郎
昭和26年度:深田小太郎

2 徳島弁護士会
平成30年度:吉成務
平成26年度:田中浩三
平成22年度:朝田啓祐
平成18年度:木村清志
平成14年度:津川博昭
平成10年度:島田清
平成 6年度:林伸豪
平成 2年度:松尾敬次
昭和62年度:小出博己
昭和57年度:島内保夫
昭和53年度:田中達也
昭和49年度:岡田洋之
昭和45年度:松山一忠
昭和42年度:小川秀一
昭和38年度:原秀雄
昭和34年度:福島喜一
昭和30年度:梅田鶴吉

3 高知弁護士会
平成29年度:小泉武嗣
平成25年度:田村裕
平成21年度:行田博文
平成17年度:山原和生
平成13年度:下元敏晴
平成 9年度:岡村直彦
平成 5年度:土田嘉平
平成 元年度:金子悟
昭和60年度:林一宏
昭和56年度:隅田誠一
昭和51年度:大坪憲三
昭和48年度:中平博文
昭和44年度:細木歳男
昭和40年度:中平博
昭和36年度:三宮重教
昭和32年度:松岡一陽

4 愛媛弁護士会(昭和34年度までは松山弁護士会)
令和  2年度:五葉明徳
平成28年度:矢野真之
平成24年度:宇都宮眞由美
平成20年度:宇都宮嘉忠
平成16年度:西嶋吉光
平成12年度:西蔭健
平成 8年度:新田武治
平成 4年度:宮部金尚
昭和63年度:菅原辰二
昭和59年度:黒田耕一
昭和55年度:白石隆
昭和52年度:岡本真尚
昭和47年度:篠原三郎
昭和43年度:米田正弍
昭和39年度:木原鉄之助
昭和35年度:川本作一
昭和31年度:今井源良

*1 昭和63年度以降,愛媛弁護士会,高知弁護士会,徳島弁護士会,香川県弁護士会の順番で(反時計回りの順番で),日弁連副会長ポストが割り当てられています。
*2 弁護士会連合会別の日弁連の歴代副会長については以下の記事を参照してください。
① 弁護士会連合会別の,日弁連の歴代副会長(平成15年度以降)
② 関東弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長
③ 近畿弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長
④ 中部弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長
⑤ 中国地方弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長
⑥ 九州弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長
⑦ 東北弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長
⑧ 北海道弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長
⑨ 四国弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長
*3 以下の記事も参照してください。
① 日弁連の会長及び副会長
② 日弁連の歴代正副会長(昭和57年度以降)
③ 日弁連の歴代副会長の担当会務
④ 単位弁護士会別の,日弁連副会長の選出頻度 
⑤ 日弁連副会長の人数の推移
⑥ 日弁連の女性副会長
⑦ 日弁連役員に関する記事の一覧

スポンサーリンク