九州弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長

Pocket

①後日,日弁連会長に就任した日弁連会長は青文字表記とし,②後日,最高裁判所判事に就任した日弁連副会長は青文字表記とし,③女性枠の日弁連副会長(平成30年度以降)は赤文字表記としています。

1 福岡県弁護士会
令和  2年度:上田英友
平成31年度:原田直子

平成30年度:作間功
平成28年度:斉藤芳朗
平成26年度:古賀和孝
平成24年度:市丸信敏
平成22年度:田邉宜克
平成20年度:福島康夫
平成18年度:川副正敏
平成17年度:松崎隆
平成16年度:前田豊
平成15年度:藤井克已
平成14年度:永尾廣久
平成13年度:春山九州男
平成12年度:津田聰夫
平成11年度:吉野正
平成10年度:上田國廣
平成 9年度:吉村安
平成 8年度:福田玄祥
平成 7年度:國武格
平成 6年度:荒木邦一
平成 5年度:森竹彦
平成 4年度:木上勝征
平成 3年度:西山陽雄
平成 2年度:近江福雄
平成 元年度:徳永賢一
昭和63年度:加藤達夫
昭和62年度:加藤達夫
昭和61年度:田邊俊明
昭和60年度:田邊俊明
昭和59年度:安田弘
昭和58年度:安田弘
昭和57年度:黒田慶三
昭和56年度:稲澤智多夫
昭和55年度:稲澤智多夫
昭和54年度:真鍋秀海
昭和53年度:真鍋秀海
昭和52年度:國府敏男
昭和51年度:國府敏男
昭和50年度:水崎嘉人
昭和49年度:水崎嘉人
昭和48年度:和智龍一
昭和47年度:和智龍一
昭和46年度:荒木新一
昭和45年度:荒木新一
昭和44年度:山中唯二
昭和43年度:内田松太
昭和42年度:内田松太
昭和41年度:植田夏樹
昭和40年度:植田夏樹
昭和39年度:堤千秋
昭和38年度:堤千秋
昭和37年度:鶴和夫
昭和36年度:鶴和夫
昭和35年度:辻丸勇次
昭和34年度:辻丸勇次
昭和33年度:村田利雄
昭和32年度:灘岡秀親
昭和31年度:灘岡秀親
昭和30年度:白川慎一
昭和29年度:白川慎一
昭和28年度:白川慎一
昭和27年度:吉田勇三郎
昭和26年度:吉田勇三郎
昭和24年度:三原道也

2 佐賀県弁護士会
(なし。)

3 長崎県弁護士会
平成19年度:吉田良尚

4 大分県弁護士会
平成27年度:平山秀生

5 熊本県弁護士会
平成21年度:塚本侃

6 鹿児島県弁護士会
平成31年度:木山義朗

7 宮崎県弁護士会
平成25年度:松田幸子
平成23年度:松岡茂行

8 沖縄弁護士会
平成29年度:加藤裕

*1 昭和63年,福岡県弁護士会の機構改革に伴い,福岡県弁護士会の会長職と日弁連の副会長職(九弁連選出)が分離されました(九州弁護士会連合会HP「九弁連とは?」参照)。
*2 平成19年度より,従来,福岡県弁護士会長経験者が翌年度に担当していた日弁連の副会長職(九弁連選出)を九弁連の各単位会より持ち回りにより選出する体制に改められました(九州弁護士会連合会HP「九弁連とは?」参照)。
*3 弁護士法人平山法律事務所HP「副会長な日々 その4 ホテル「サトー東京」」には「今年の2月中旬に、副会長見習いで上京するようになってから、私のホテル暮らしは始まった。当初は、歴代の副会長が定宿にしているルポール麹町ホテル(注:公式HPの表記はホテルルポール麹町)に宿泊。きれいでゆったりとしており、レストランも広く、そこそこの水準で、全く不満はないが、面白さに欠ける。」と書いてあります。
*4 弁護士会連合会別の日弁連の歴代副会長については以下の記事を参照してください。
① 弁護士会連合会別の,日弁連の歴代副会長(平成15年度以降)
② 関東弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長
③ 近畿弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長
④ 中部弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長
⑤ 中国地方弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長
⑥ 九州弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長
⑦ 東北弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長
⑧ 北海道弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長
⑨ 四国弁護士会連合会管内の単位弁護士会別の,日弁連の歴代副会長
*5 以下の記事も参照してください。
① 日弁連の会長及び副会長
② 日弁連の歴代正副会長(昭和57年度以降)
③ 日弁連の歴代副会長の担当会務
④ 単位弁護士会別の,日弁連副会長の選出頻度 
⑤ 日弁連副会長の人数の推移
⑥ 日弁連の女性副会長
⑦ 日弁連役員に関する記事の一覧

スポンサーリンク