全国一斉検察起案

Pocket

1 69期全国一斉検察起案に関する以下の文書を掲載しています。
① 全国一斉検察起案心得及び検察起案作成上の注意点
② 起案要領4通(本文は真っ黒)
③ 公訴事実案4通(本文は真っ黒)
④ 検察修習記録第384号の表紙
⑤ 検察修習記録第385号の表紙
⑥ 検察修習記録第386号の表紙
⑦ 検察修習記録第387号の表紙

2(1) 全国検察一斉起案については,外部ブログの「修習までの流儀」で言及されています。
(2) 外部ブログの「検察修習の感想,検察起案の勉強方法」では,「終局処分起案の考え方」をひたすら勉強すべきと書いてあります。

3(1) 70期全国一斉検察起案関係文書を掲載しています。
(2) 71期全国一斉検察起案関係文書及び71期の全国一斉検察起案実施要領(平成29年10月19日付)を掲載しています。
(3) 72期全国一斉検察起案関係文書及び72期の全国一斉検察起案実施要領(平成30年10月26日付)を掲載しています。
(4) 73期全国一斉検察起案関係文書及び73期の全国一斉検察起案実施要領(令和元年10月29日付)を掲載しています。


4(1) 平成30年4月5日付の司法行政文書不開示通知書によれば,「第70期司法修習生の全国一斉検察起案に関する文書のうち,成績分布表,結果報告書及び起案成績が検察官採用にどのように影響するかが分かる文書」は存在しません。
(2) 平成30年5月31日付の理由説明書には,「司法研修所においては,各司法修習生が作成した全国一斉検察起案の評価は行っているものの,その評価結果は当該司法修習生に対する分野別実務修習の成績評価の一資料として使用されるものにすぎず,本件申出に係る文書を作成する必要性はなく,取得もしていない。」と書いてあります。

スポンサーリンク