国家公務員採用総合職試験(院卒者試験)法務区分

Pocket

1 平成25年度以降,国家公務員採用総合職試験(院卒者試験)法務区分という,司法試験合格者を対象とした国家公務員試験が,9月から10月にかけて実施されています。
2 平成28年度の日程は以下のとおりです。
   8月30日(火)午前10時~午後4時
→ 法科大学院修了生及び法科大学院最終学年生が参加できました。
② 受付期間
     9月6日午前9時~9月13日(火)(インターネット申込みだけ)
③ 第1次試験日
    9月25日(日)
④ 第1次試験合格発表日
   10月4日午前9時
⑤ 第2次試験日
   10月6日(木)又は10月7日(金)
⑥ 最終合格発表日
   10月14日(金)午前9時
⑦ 官庁訪問開始日
   10月17日(月)
⑧ 内定解禁
   10月20日(木)午前9時以降
3 過去の実施状況は以下のとおりです(国家公務員採用総合職試験(院卒者試験)法務区分の「試験実施状況」参照)。
(1) 平成25年度
   申込者数が150人,第1次試験合格者数が68人,最終合格者数が36人
(2) 平成26年度
   申込者数が87人,第1次試験合格者数が64人,最終合格者数が39人
(3) 平成27年度
   申込者数が62人,第1次試験合格者数が46人,最終合格者数が28人
(4) 平成28年度
申込者数が66人,第1次試験合格者数が41人,最終合格者数が32人
(5) 平成29年度
申込者数が23人,第1次試験合格者数が17人,最終合格者数が12人
(6) 平成30年度
申込者数が22人,第1次試験合格者数が12人,最終合格者数が11人
4(1) 総合職試験(院卒者・大卒程度)に関する官庁訪問及び採用予定数は,人事院HPの「総合職試験(院卒者・大卒程度)」に掲載されています。

(2)   過去の採用予定数及び採用状況は,採用予定数・採用状況に掲載されています。

5(1) 「3年でエリート公務員 辞めた結果・・・」と題するブログの管理人(東大法学部卒)は,3年で総務省のキャリア官僚を辞めて,平成29年の司法試験予備試験を受験しているみたいです(「国家公務員(1種)を辞めて弁護士を目指す理由」(平成28年9月30日のブログ記事)参照)。
(2) ブログ管理人は,大学3年生だった平成23年に司法試験予備試験を受けたみたいです(「司法試験予備試験早稲田大学会場の環境が最悪だった」(平成29年5月22日のブログ記事)参照)。
また,給費制復活についてはどちらでもいいかなと思っているみたいです(「司法修習生への給費制が復活するって本当?」(平成28年12月19日のブログ記事)参照)。

スポンサーリンク