上告審から見た書記官事務の留意事項

Pocket

1 上告審から見た書記官事務の留意事項を以下のとおり掲載しています。
・ 上告審から見た書記官事務の留意事項(平成30年分)
・ 上告審から見た書記官事務の留意事項(平成29年分)
・ 上告審から見た書記官事務の留意事項(平成28年分)
・ 上告審から見た書記官事務の留意事項(平成27年分)
・ 上告審から見た書記官事務の留意事項(平成26年分)
・ 上告審から見た書記官事務の留意事項(平成25年分)
・ 上告審から見た書記官事務の留意事項等(平成24年分)

2(1) 上告審から見た書記官事務の指導ポイントを以下のとおり掲載しています。
・ 上告審から見た書記官事務の指導ポイント(平成29年11月 1日付)
・ 上告審から見た書記官事務の指導ポイント(平成28年10月13日付)
(2) 平成28年10月13日付の文書には,「本書面は,平成23年から平成27年までに送付された上告等事件記録から,書記官として,適正かつ効率的な事務を確保していく上で留意すべき事項を抽出し,根拠条文や参考となる判例等を補足したものです。また,年度欄に複数年記載されている事項は,誤りやすい事項であり,事務処理をするに当たって,注意を要する事項でもあります。」と書いてあります。

3 口頭弁論調書に不備がある場合,上告理由として主張できることが分かります。

4 訟廷首席書記官付各係の事務分掌(平成22年2月1日時点)を掲載しています。

スポンサーリンク