毛利晴光裁判官(32期)の経歴

Pocket

生年月日 S26.10.1
出身大学 東大
退官時の年齢 65 歳
H28.10.1 定年退官
H26.11.29 ~ H28.9.30 長崎家裁所長
H24.6.2 ~ H26.11.28 横浜地裁5刑部総括
H20.4.1 ~ H24.6.1 東京地裁八王子支部2刑部総括
H17.3.15 ~ H20.3.31 東京地裁2刑部総括
H16.4.1 ~ H17.3.14 東京高裁3刑判事
H12.3.25 ~ H16.3.31 司研刑裁教官
H11.4.1 ~ H12.3.24 大阪地裁4刑部総括
H8.4.1 ~ H11.3.31 大阪地裁判事
H5.4.1 ~ H8.3.31 東京地裁判事
H1.4.1 ~ H5.3.31 法務省刑事局付
H1.3.24 ~ H1.3.31 東京地裁判事補
S61.4.1 ~ H1.3.23 盛岡地家裁判事補
S58.4.1 ~ S61.3.31 金沢地家裁判事補
S55.4.8 ~ S58.3.31 東京地裁判事補

*1 平成7年7月22日午後4時50分頃,大阪市東住吉区内の自宅において火災が発生し,小学6年生の女児が焼死したという東住吉事件(被告人は女児の母親及びその内縁の夫。大阪地裁平成28年8月10日判決で無罪判決)に関する大阪地裁平成11年5月18日判決(無期懲役。なお,被告人は女児の母親)の裁判長でした(2019年10月3日の日弁連人権擁護大会シンポジウム第3分科会基調報告書 末尾72頁)。
*2 現代ビジネスHPの「「娘殺し」で20年も身柄を拘束された冤罪母の声」(2018年3月20日付)には以下の記載があります。
   青木惠子を裁いた毛利晴光裁判長は、再審無罪判決の約2年前、長崎家裁所長へと異動している。
   エリートコースを歩んできた毛利が、川合に比べさほどの地位を得られなかったのは、東京地裁裁判長時代の2006年2月、書面による厳重注意処分を受けたことによるとされている。
   毛利は、少年法の規定で家裁送致しなければならない少年を、捜査機関の求めるまま不当な勾留を認めていたのである。

スポンサーリンク