辻川靖夫裁判官(40期)の経歴


生年月日 S36.5.25
出身大学 京大
定年退官発令予定日 R8.5.25
R5.3.31 ~ 大阪高裁1刑部総括
R2.11.19 ~ R5.3.30 福岡高裁2刑部総括
H30.11.1 ~ R2.11.18 高松家裁所長
H28.11.30 ~ H30.10.31 東京家裁少年部所長代行者(少年第3部部総括)
H27.4.1 ~ H28.11.29 東京地裁11刑部総括
H23.4.1 ~ H27.3.31 最高裁刑事調査官
H20.4.1 ~ H23.3.31 札幌地裁3刑部総括
H15.11.1 ~ H20.3.31 司研刑裁教官
H12.4.1 ~ H15.10.31 東京地裁判事
H10.4.12 ~ H12.3.31 盛岡地家裁一関支部判事
H9.4.1 ~ H10.4.11 盛岡地家裁一関支部判事補
H7.4.1 ~ H9.3.31 東京地裁判事補
H5.4.1 ~ H7.3.31 最高裁刑事局付
H2.4.1 ~ H5.3.31 大阪地裁判事補
S63.4.12 ~ H2.3.31 千葉地裁判事補

*1 以下の記事も参照してください。
 高裁の部総括判事の位置付け
 毎年6月開催の長官所長会同
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 最高裁判所調査官
 司法研修所刑事裁判教官の名簿
*2 東京地裁平成15年3月4日判決(担当裁判官は26期の26期の山室恵40期の辻川靖夫及び52期の大内めぐみ(改姓後は内田めぐみ)(判例秘書に掲載)は,平成元年に起訴されたリクルート事件に関して,321回の公判期日を経た上で,リクルート社元会長の江副浩正に対し,懲役3年執行猶予5年を言い渡しました。

*3 令和2年11月15日に自宅の自室で双子を死産し,同月19日に死体遺棄容疑で逮捕されたベトナム人技能実習生は同年12月10日に死体遺棄罪で起訴されましたところ,その後の裁判経過は以下のとおりです。
① 熊本地裁令和3年7月20日判決(担当裁判官は51期の杉原崇夫)は,懲役8月・執行猶予3年の有罪判決となりました。
② 福岡高裁令和4年1月19日判決(担当裁判官は40期の辻川靖夫54期の武林仁美及び61期の倉知泰久)は,熊本地裁令和3年7月20日判決を破棄して,懲役3月・執行猶予2年の有罪判決となりました。
③ 最高裁令和5年3月24日判決福岡高裁令和4年1月19日判決を破棄して無罪判決となりました。


広告
スポンサーリンク