大熊一之裁判官(37期)の経歴

Pocket

生年月日 S32.10.6
出身大学 早稲田大
定年退官発令予定日 R4.10.6
R3.2.13 ~ 名古屋地裁所長
H29.4.10 ~ R3.2.12 東京高裁6刑部総括
H27.6.9 ~ H29.4.9 津地家裁所長
H25.1.1 ~ H27.6.8 東京地裁17刑部総括
H22.4.1 ~ H24.12.31 さいたま地裁4刑部総括
H18.4.1 ~ H22.3.31 司研刑裁教官
H14.4.1 ~ H18.3.31 東京地裁判事
H10.4.1 ~ H14.3.31 静岡地家裁判事
H7.4.12 ~ H10.3.31 東京地裁判事
H6.4.1 ~ H7.4.11 東京地裁判事補
H4.4.1 ~ H6.3.31 長野地家裁福江支部判事補
H3.4.1 ~ H4.3.31 横浜地家裁判事補
H1.4.1 ~ H3.3.31 横浜家裁判事補
S62.4.1 ~ H1.3.31 釧路地家裁判事補
S60.4.12 ~ S62.3.31 東京地裁判事補

*1 産経新聞HPに「裁判員10年 裁判官インタビュー(3)「日本が変わる一場面を経験」東京高裁・大熊一之裁判官(61) 約70件担当」(2019年5月20日付)が載っています。
*2 長野県安曇野市にある特別養護老人ホーム「あずみの里」でおやつのドーナツを食べた直後の女性入所者の体調が急変し,その後に死亡した事件(平成25年12月12日発生)に関して,罰金20万円の有罪判決とした長野地裁松本支部平成31年3月25日判決(担当裁判官は,52期の野澤晃一,55期の高島由美子及び66期の岩下弘毅)につき,
    令和2年2月3日の控訴審初回期日において弁護側請求証拠のほぼ全部を却下した後,令和2年7月28日,原判決を破棄して無罪とする判決を言い渡しました(陪席裁判官は46期の奥山豪及び47期の浅香竜太。ヤフーニュースHPの「「あずみの里」逆転無罪・介護現場にゼロリスクを求めた一審判決を是正」のほか,一連の経緯につき長野県民医連HP「あずみの里裁判支援のお願い」参照)。
*3 平成27年9月発生の熊谷6人連続殺人事件(埼玉県熊谷市で所轄の埼玉県警察熊谷警察署から脱走したペルー人の男が,小学生女児2人を含む住民の男女6名を相次いで殺害した連続殺人事件)において,令和元年12月5日,被告人の心神耗弱を認定して,第一審の死刑判決を破棄して無期懲役判決を言い渡しました(Wikipediaの「熊谷連続殺人事件」参照)。
*4 以下の記事も参照してください。
・ 歴代の名古屋地裁所長

スポンサーリンク