大堀誠一裁判官(3期)の経歴

Pocket

生年月日 T14.8.11
出身大学 東北大
退官時の年齢 70 歳
叙勲 H9年秋・勲一等瑞宝章
H7.8.11 定年退官
S63.6.17 ~ H7.8.10 最高裁判事・一小
S63.3.24 ~ S63.6.16 東京高検検事長
S60.5.23 ~ S63.3.23 最高検次長検事
S56.7.23 ~ S60.5.22 東京地検検事正
S54.12.10 ~ S56.7.22 東京高検次席検事
S51.2.6 ~ S54.12.9 最高検検事
S50.1.25 ~ S51.2.5 福井地検検事正
S47.6.29 ~ S50.1.24 東京地検特捜部総括
S45.8.15 ~ S47.6.28 東京高検検事
S39.4.1 ~ S45.8.14 法務省刑事局参事官
S36.12.28 ~ S39.3.31 法務省刑事局付
S30.11.15 ~ S36.12.27 東京地検検事
S26.9.20 ~ S30.11.14 熊本地検検事
S26.3.31 ~ S26.9.17 東弁の弁護士

*1の1 布川事件(昭和42年8月30日の朝,茨城県北相馬郡利根町布川で,独り暮らしだった大工の男性(当時62歳)が,仕事を依頼しに来た近所の人によって自宅8畳間で他殺体で発見された事件)について昭和58年12月23日に第1次再審請求申立てがありましたところ,水戸地裁土浦支部昭和62年3月31日(裁判長は21期の榎本豊三郎裁判官)は再審請求を棄却し,東京高裁昭和63年2月22日決定(裁判長は7期の小野幹雄裁判官)は弁護側の即時抗告を棄却し,最高裁平成4年9月9日決定(裁判長は3期の大堀誠一裁判官)は弁護側の特別抗告を棄却しました。
    平成13年12月6日に第2次再審請求がありましたところ,水戸地裁土浦支部平成17年9月21日決定(裁判長は32期の彦坂孝孔裁判官)は再審開始決定を出し,東京高裁平成20年7月14日決定(裁判長は22期の門野博裁判官)は検察側の即時抗告を棄却し,最高裁平成21年12月14日決定(裁判長は竹内行夫裁判官)は検察側の特別抗告を棄却しました。
*1の2 水戸地裁土浦支部平成23年5月23日判決(判例秘書に掲載。裁判長は47期の神田大助,陪席裁判官は52期の朝倉(吉田)静香及び59期の信夫絵里子)は,布川事件について,再審無罪を言い渡しました。
*1の3 2019年10月3日の日弁連人権擁護大会シンポジウム第3分科会基調報告書 末尾56頁ないし60頁に布川事件のことが書いてあります。
*2 以下の資料を掲載しています。
・ 3期の大堀誠一 最高裁判所判事の履歴書
*3 以下の記事も参照してください。
・ 最高裁判所判事任命の閣議書
・ 検事総長,次長検事及び検事長任命の閣議書
・ 検事総長,次長検事及び検事長が認証官となった経緯
・ 法務・検察幹部名簿(平成24年4月以降)

Pocket

スポンサーリンク