中牟田博章裁判官(43期)の経歴

Pocket

生年月日 S36.10.25
出身大学 不明
定年退官発令予定日 R8.10.25
R2.4.1 ~ 福岡高裁1刑判事
H28.12.14 ~ R2.3.31 長崎地家裁佐世保支部長
H25.11.25 ~ H28.12.13 福岡地裁小倉支部2刑部総括
H23.4.1 ~ H25.11.24 鹿児島地裁刑事部部総括
H20.4.1 ~ H23.3.31 福岡地家裁小倉支部判事
H16.4.1 ~ H20.3.31 福岡高裁1刑判事
H13.9.1 ~ H16.3.31 富山地家裁高岡支部長
H13.4.9 ~ H13.8.31 富山地家裁高岡支部判事
H12.4.1 ~ H13.4.8 富山地家裁高岡支部判事補
H9.4.1 ~ H12.3.31 大分地家裁判事補
H6.4.1 ~ H9.3.31 大阪法務局訟務部付
H5.4.1 ~ H6.3.31 大阪地裁判事補
H3.4.9 ~ H5.3.31 福岡地裁判事補

*1 NAVERまとめに「【冤罪も謝罪無し】氷見事件の様子が放送され富山県警に批判殺到で大荒れ #アンビリバボー」が載っています(氷見事件は平成14年3月13日に富山県氷見市で発生した冤罪事件です。)。
*2 桜井昌司『獄外記』「鹿児島入り」(2012年11月14日付)に以下の記載があります。
   大崎事件の再審請求を担当する中牟田博章裁判長は、富山地裁在任当時、氷見事件を担当して、柳原さんを有罪にした。
   その後、真犯人が鳥取県で犯行を重ねて逮捕され、中牟田裁判長の誤判も明らかになったのだ。


*3 大崎事件(昭和54年10月15日に鹿児島県曽於郡大崎町で発生した殺人事件)につき,被害者の長兄の妻が再審請求をしていますところ,鹿児島地裁は平成25年3月6日に第二次再審請求を棄却しました。
   第3次再審請求につき,鹿児島地裁平成29年6月28日決定は再審開始を決定し,福岡高裁宮崎支部平成30年3月12日決定はこれを支持したものの,最高裁令和元年6月25日決定はこれを取り消しました。
   一,二審で認められた再審の開始を最高裁が覆した初のケースとされています(日弁連委員会ニュース2019年9月号所収の「日弁連人権ニュース81号」参照)。

スポンサーリンク