長井秀典裁判官(37期)の経歴

Pocket

生年月日 S34.12.1
出身大学 東大
定年退官発令予定日 R6.12.1
R2.6.12 ~ 大阪高裁2刑部総括
H30.5.15 ~ R2.6.11 岡山家裁所長
H29.5.1 ~ H30.5.14 広島高裁岡山支部第1部部総括
H27.11.29 ~ H29.4.30 神戸地裁2刑部総括
H27.4.1 ~ H27.11.28 大阪高裁4刑判事
H20.4.1 ~ H27.3.31 大阪地裁9刑部総括
H17.8.2 ~ H20.3.31 大津地裁刑事部部総括
H17.4.1 ~ H17.8.1 大阪高裁1刑判事
H14.4.1 ~ H17.3.31 大阪高裁3刑判事
H12.4.1 ~ H14.3.31 神戸地家裁伊丹支部長
H11.4.1 ~ H12.3.31 神戸家地裁伊丹支部判事
H8.4.1 ~ H11.3.31 大阪地裁判事
H5.3.25 ~ H8.3.31 書研教官
H2.4.1 ~ H5.3.24 京都地裁判事補
S62.4.1 ~ H2.3.31 広島地家裁呉支部判事補
S60.4.12 ~ S62.3.31 大阪地裁判事補

*1 平成15年5月22日,滋賀県愛知郡湖東町(現在の東近江市)の湖東記念病院で人工呼吸器のチューブが外れて入院中の男性患者が死亡したという湖東記念病院事件につき,同病院の看護助手(平成16年7月逮捕)に対し,懲役12年の実刑判決とした大津地裁平成17年11月29日判決の裁判長でした(2019年10月3日の日弁連人権擁護大会シンポジウム第3分科会基調報告書 末尾52頁)。
   なお,湖東記念病院事件については,第2次再審請求において,原決定を破棄した大阪高裁平成29年12月20日決定(裁判長は35期の後藤真理子裁判官)により再審開始となり,大津地裁令和2年3月31日判決(裁判長は47期の大西直樹裁判官)は無罪判決となりました。
*2 大津地裁平成18年3月27日決定の裁判長として,日野町事件に関する第一次再審請求を棄却しました(2019年10月3日の日弁連人権擁護大会シンポジウム第3分科会基調報告書 末尾24頁)。
   その後,令和2年6月12日付の人事異動の結果,大阪高裁の裁判長として,日野町事件に関する第二次再審請求を担当することとなりましたところ,この点については,「日野町事件」について公平な裁判所による審理を求める会長声明(令和2年6月25日付)等で批判された結果,同月26日,裁判長を外れました。

スポンサーリンク