堀内満裁判官(39期)の経歴

Pocket

生年月日 S31.11.16
出身大学 慶応大
退官時の年齢 65歳
R3.11.16 定年退官
H31.4.1 ~ R3.11.15 名古屋高裁1刑部総括
H29.6.5 ~H31.3.31  盛岡地家裁所長
H21.4.1 ~ H29.6.4 名古屋地裁3刑部総括
H17.4.1 ~ H21.3.31 金沢地裁第3部部総括
H15.4.1 ~ H17.3.31 名古屋高裁2刑判事
H12.4.1 ~ H15.3.31 名古屋地裁判事
H10.4.1 ~ H12.3.31 名古屋地家裁岡崎支部判事
H9.4.10 ~ H10.3.31 富山地家裁判事
H7.3.24 ~ H9.4.9 富山地家裁判事補
H5.4.1 ~ H7.3.23 東京地裁判事補
H4.4.1 ~ H5.3.31 富士通(研修)
H4.3.23 ~ H4.3.31 東京地裁判事補
H1.4.1 ~ H4.3.22 大阪家裁判事補
S62.4.10 ~ H1.3.31 浦和地裁判事補

*0 以下の記事も参照してください。
 高裁の部総括判事の位置付け
 毎年6月開催の長官所長会同
 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
 地方裁判所支部及び家庭裁判所支部
 裁判官の民間企業長期研修等の名簿
 判事補の外部経験の概要
*1 38期の堀内照美裁判官は,富山地家裁所長のご挨拶として「当時は,共に富山勤務となった夫(裁判官)と,休日には,小学生と保育園児だった娘たちを連れて県内あちこちを回り,富山の良さをとことん味わいました。」と記載していますところ,39期の堀内満裁判官は,平成7年3月24日から平成10年3月31日までの間,富山地家裁判事補→判事をしていました。


*2 名古屋地裁岡崎支部平成31年3月26日判決(裁判長は45期の鵜飼祐充裁判官)は,愛知県において当時19歳の実の娘に対して性的暴行を加えて2件の準強制性交等罪で起訴されていた父親に対して無罪判決を言い渡しました(ライブドアニュースの「「中2から強制的に性交され続けた」判決文でわかった地獄の5年」参照)が,当該判決は名古屋高裁令和2年3月12日判決(裁判長は39期の堀内満裁判官)によって破棄されました(フライデーデジタルの「娘に性的虐待の実父が逆転有罪 「一審が無罪になった2つの問題」」参照)。
*3 弁護士法人金岡法律事務所HPの「「法廷での電気使用を禁じる処分」騒動に思うこと」(2021年10月1日付)に以下の記載があります。
    堀内裁判官(現、名古屋高裁刑事第1部の裁判長)が名古屋地裁の上席であられたみぎり、全く同じこと(山中注:法廷での電気使用の禁止)が行われたからである。
    ある程度は不確かな記憶になってしまうが、裁判員裁判で弁護人がPCを使うために電源を必要とするような場合は、いわば裁判所公認で個別に許可するとして、原則、法廷電気使用を禁止するとした(その結果、法廷の電源口には悉くガムテープがはられた)。
    堀内裁判官が異動した後は、このような取り扱いは廃れた(ガムテープもいつの間にか消え失せた)。高野隆弁護士が公開した申立書によれば、景山太郎裁判長は、各地の地裁でも弁護人の電気使用を禁じていると説示したそうだが、どこぞの総理大臣よろしく、常人には見えないものが見えている類の方なのだろう。

Pocket

スポンサーリンク